個性を出せるブログ運営

私がジャックナイト2ndに参加しなかった理由

スポンサーリンク
美堂
美堂
今年もブロガーのお祭り、ジャックナイトが開催されましたね!
ペル
ペル
昨年に続き、盛大だったらしいニャ! 
美堂
美堂
どうも。ネフローゼ歴26年目の美堂(@midou_kyouji)です。

2019年6月22日にプロブロガーのジャックさん主催の大規模オフ会「ジャックナイト」が昨年に続き、東京で開催されました。

今回は昨年参加した私が2ndに参加しなかった理由をつらつらと書いていきます。

ブロガーの交流を増やすのには、これだけの規模のオフ会はないので、ブロガーの知り合いを増やしたい人は絶好のチャンスなのは前回と同じです

今回の記事は、かなり個人的な主観です。

本記事では、大規模オフ会ジャックナイト2ndに私が参加しなかった理由について紹介してます。

 

この記事はこんな人に向けて書いてます
  • ブロガーの大規模オフ会が気になってる人
  • 今後、オフ会に参加した方がいいのか迷ってる人
美堂
美堂
ジャックナイト1stの感想については下記の記事で詳しくレポしてます
ミドラジのロゴ01
「ミドらじ」についての紹介。(ミドログリニューアルコンテンツ)どうも、ネフローゼ歴26年の美堂(@midou_kyouji)です。 今回は、ミドログの新しいコンテンツ「ミドらじ」についてご紹介...



スポンサーリンク

私がジャックナイト2ndに参加しなかった理由

大規模オフ会で、普段から交流のあるブロガーや憧れの人達と直接話すキッカケがあるジャックナイトですが、1stを参加して2ndに参加しなかったのには理由があります。

参加したからといって、PV・収益には繋がらないから

基本的なことですが、ブロガー同士の交流の場であって、それ以上でもそれ以下でもないってことです。

オフ会に参加される方の多くは「普段会えない人たちと話せる」というのが参加理由のほとんどでしょう。

実際に、私も昨年参加した際に、主催者のジャックさん、ヒトデさんとお話させて頂きました。

単純に嬉しかったですし楽しかったです。

けど、なんていうかそれだけだったんですよね。

交流の幅はたしかに広がるので、参加して良かったとは思うんですけど、その出会いを元にブログ運営に活かせてるのか?というと微妙だったなっていうのが本音です。

美堂
美堂
今でも仲良くしてくださってるブロガーの方々と出会えたのは嬉しいので孤独感はなくなったのが大きいです

今の私はブログ友達を作りたいのではなく、ブログを成長させる為に運営に専念するほうが大切だと思ったので、参加を見送りました。

美堂
美堂
他のブロガーと話してる暇あるなら、記事を1つでも多く書いて積み重ねることが大切なのでは?

自分で納得した結果を出せてないから

ジャックナイト1stから1年を経過した今の状況に満足できるものではありません。

PVや収益など、一通りの目標は達成はしましたが、決して誇れるものでもないし、自分自身で納得できる数字を達成してません。

そんな気持ちで参加したところで他の人達と比較してしまってマイナスな影響を受けることは目に見えてました。

逆にやる気が湧くってパターンもあるのかもしれませんが、私の場合はそのパターンにならない性格です。

パーティーピーポーなノリとビジネスライクの空気に違和感

大規模オフ会と聞くと、楽しそうな場所。というイメージがあるかと思います。

基本的には、初対面の人同士で「初めまして~!!私はこういう活動をしてまして~〇〇(名刺交換タイム)」があちらこちらで開催されてます。

twitter上でのみ交流のあった人と顔を会わせる場所でもあるので、そこでは盛り上がれることはあります。

まぁ、参加して色々な人と話すのは楽しいんですけど、なんかちょっと違和感を感じちゃいます。

皆、営業マンになってるようにしか見えないんですよね。

ブロガー・アフィリエイター・Youtuber・イラストレーター、なんでも同じなんですが、個人事業主でもあるので、オフ会は広報活動の場所という前提があります。

決して、悪いとは言えないし、当然なのは理解できるのですが、ちょっと変じゃない?

表面上は、「盛り上がってるかーい!?オッケーーーィイ!!」って騒いでるけど、実態は各自の広報活動の場所としてビジネスライクの愛想笑いと営業トークが繰り広げられてる場所っていうね。

 

それと、1stの時にも感じたのは、有名ブロガー・アフィリエイターの人達は既に独自のコミュニティ(団体)に属しているので、初見さんは気安く話しかけないでオーラがなんとなくあるっていうねw

オフ会に初参加って人や、ソロで参加されて、お目当ての有名人に会いに行っても、声をかけることすら出来ないって状況は普通にあります。

当日の様子がどんな感じだったのかは参加してないので詳細は分かりませんが、今回は一般メンバー(ブログ・アフィリエイト初心者)と、経験者の人達を区分けしたようですね。

ジャックさんが主催の「伸びしろサロン」というコミュニティという区分けも明確にされてたそうです。

 

ちなみにVIPメンバーって何だろ?と思ったので、ジャックナイト公式HPにて確認してみました。

【VIPメンバーの参加特典について】

また、ご参加頂けるVIPメンバーの皆様には、「VIP専用の2階VIPラウンジ」「VIP用名札ホルダー(色違いの紐・VIPシール)」「受付ファストパス」と4つのVIP特典をご提供いたします!

そんな気になるVIPの条件は!!

【VIPメンバーの条件】

  1. ブログ・アフィリエイトで月収(粗利)100万円以上
  2. インフルエンサー
  3. 経営者
  4. ある分野における第一人者
  5. 少数の伸びシロ枠

【JACK HOUSEより一部引用】

今回は完全初心者ブロガー(アフィリエイター)の人達は、既に成功されてる方々と交流ができない状況になっていたのでは?
(さすがにそこまではいかないか)



スポンサーリンク

ジャックナイト1stに参加されてたブロガーの1年後の今

昨年、ジャックナイト1stに参加した際に、私が名刺交換させて頂いたブロガーの方々の今の状況を整理してみました。

名刺交換させて頂いた人数は21人。

  • 直近6ヶ月で月に5記事以上更新されてる人
    → 9人(全体の42%)
  • 直近6ヶ月で月に1記事更新されてる人
    → 6人(全体の28%)
    ※2~3ヶ月に1記事更新ペースの人も含む
  • 直近6ヶ月で更新されてない人
    → 6人(全体の28%)
    ※ブログが削除されてしまってる人も含む

よくブログは継続が難しいと聞きますが、1年前に知り合ったブロガーの30%が消えてしまうという現実。

基本的にブログ運営は兼業でやられてる人が殆どですので、更新頻度が下がってしまうのは仕方ありませんよね。

今回、更新が半年以上STOPしてる方々の過去の運営記録を見ると、月間40万の収益を上げられてたり、10万PVを達成したという方もいらっしゃいました。

又、ブログ運営はやめて、Youtubeやイラストレーターなど、他の道に方向転換されてる人もいらっしゃいました。

ジャックナイト2ndのスポンサーである、イケダハヤトさんも「ブログはオワコン」と言いながら開催日直前に参加者を呼び込んでましたねw



スポンサーリンク

ブログは継続が難しいよな

私がジャックナイト2ndに参加しなかった理由について紹介しました。

ブログ運営の方法や考え方は人それぞれなので、何が悪いとか正解とかはありません。

ただ、ブログを継続するのって難しいよなってことを痛感しました。

また、こういった大規模オフ会に参加したり、twitterなどで上手な広報活動をやってない人でもブログでしっかりと稼げてらっしゃる人も多いです。

ってか、どっちかっていうと公に「ブログで稼げてます」と言わない人の方が割合多いよね。

ブログの楽しみ方は人それぞれです。

ただ、私も当ブログを1年以上運営していて思うのは、「ブログ運営を楽しめてる人は継続できてる」ってことです。

twitter界隈では、化け物みたいな収益・PVを宣伝して更なる売り上げに繋げようとしてる人達が目立ちますが、ぶっちゃけ気にする必要はない。

大切なのは、あなたが自分自身のブログと向き合って、読者さんと向き合えばいいのではないでしょうか?

と・・・。参加してないジャックナイト2ndで自由気ままに語りましたが、ブロガーならオフ会に参加してみるのも楽しいので良いと思うよ!

ブログを続けるコツはギアチェンジを大切にすること 日中、働いているとどうしてもブログ運営に費やせる時間て限られますよね。 私も朝活と言って、4:00頃に起き...
美堂
美堂
こちらの記事もどうぞ!
  1. 当ブログを初めて訪れたあなたへ
    → 始めて「ミドログ」を訪れた人のための10記事
  2. 雑記ブログで稼ごうとしてるあなたへ
    → 雑記ブログって何記事書けば稼げるのよ?
  3. SEOライティングに疲れてきてるあなたへ
    → キーワードなんか無視したっていいじゃない
  4. 当ブログの1年間の運営で得たモノ
    → 祝!!ミドログが1周年になりました!みんな、ありがとう!!

 

自分らしく生きるヒント&記事更新通知はTwitterで!
質問・感想などもお気軽に!
→ @midou_kyouji

ライター美堂 恭二の詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
→ 美堂 恭二のプロフィール
→ 美堂 恭二へのお仕事の依頼はコチラ