生活

要注意!乾パンダイエットが太る3つの理由。効果的な痩せる方法も紹介

乾パン

どうも、ネフローゼ歴26年の美堂(@midou_kyouji)です。

非常食として有名な乾パンですが、これってダイエットに向いてるんじゃないか?

そんな風に思ったことありませんか?

確かに乾パンはダイエットに効果的ですが、実は食べ方を間違えると逆に太ってしまうこともあり注意が必要です。

本記事では、乾パンダイエットは痩せられるのか?太るのか?について徹底解説致します。

乾パンを効果的にダイエットに取り入れる方法もご紹介してます。

created by Rinker
¥3,180
(2018/12/09 21:02:24時点 楽天市場調べ-詳細)

 

美堂
美堂
チョコとポテチの無限ループから抜け出せないんですよね
ペル
ペル
ダイエットしたいなら、チョコとポテチを乾パンに変えると効果的ニャ!

 

この記事はこんな人に向けて書いてます
  • 乾パンだけを食べてダイエット効果はあるのか知りたい人

 

乾パンだけを食べ続けたら太るからやめるべき!

乾パンダイエットNG

はっきりと言いましょう!乾パンだけを食べ続けたら太るので絶対にやめるべきです!

「3食、乾パンだけ食べればカロリー的にも問題ない。」

そんな風に考えてませんか?

間違いなく太るから今すぐやめてください!

 

乾パンダイエットをオススメしない3つの理由

乾パンダイエットNG理由

乾パンのみを食べる。

いわゆる置き換えダイエットとして、乾パンを食べようとする場合は逆効果です。

そんな乾パンだけを食べるダイエットが太ってしまう理由をご紹介します。

カロリーが高い

乾パンのカロリーは、一般的な大きさの缶詰一つあたりで約393Kcalとなっています。

乾パンは決して高カロリーというわけではないものの、低カロリーと言えるほどカロリーが低いわけでもないのです。

そもそも、乾パンって災害時などの緊急の時に食べられる食品なので、生きていく為に摂取カロリーが多くないと意味を成しませんよね。

そのため、乾パンが高カロリーなのは当然と言えば当然であり、低カロリーや低糖質の乾パンが発売されることはないでしょう。

地震災害用に買って保存しておいた乾パンの賞味期限が切れそうな場合は、無理してダイエット中に食べるのは止めて、家族の人には食べてもらったり、人に譲ると良いでしょう。

 

糖質が高い

乾パンは、小麦を原料とした食べ物です。

1缶100g当たり80gの糖質量があり、結構高めの数値となっています。

吸収の早い糖が大量に含まれているので、食前に食べると急激に血糖値が上昇してしまいます。

  1. 乾パンを食べると血糖値が急激に上昇する。
  2. 急激な血糖値の上昇を抑える為に、インスリンが大量に分泌される。
  3. 今度は血糖値が急激に下がるので、空腹感が襲ってくる。
  4. お腹が空いてしまうから、乾パンを食べてしまう。
  5. カロリーを余分に摂取してしまう。

乾パンを食べれば食べるほど、カロリーを多く摂取してしまうことになるので、まさに太る無限ループに陥ります。

太るだけならまだしも、血糖値が下がることによる弊害があります。

【血糖値が下がることのデメリット】

  • イライラしてしまう。
  • 身体がだるくなる(倦怠感)。
  • ストレスが溜まりやすくなる。
  • 集中力が落ちる。

乾パンは、乾いたパンと書くように、水分量が非常に少なく約5%しかありませんので糖質量を引き上げることができています。

一般的なビスケットは約20%の水分を含みますが、糖質量は乾パンよりも15g少なめです。

 

食べ過ぎてしまう

乾パンは気づかない内に食べる量が増えてしまいます。

どんなダイエット食品でも言えますが、食べ過ぎは太ります。

【食べ過ぎてしまう理由】

  • 腹持ちが悪い。
    → 脂質が少ないから
  • 1口サイズで食べやすい。

乾パンって、満腹になるまで食べようとするとかなりの量を食べることになってしまうんですよね。

その結果、摂取カロリーがかなり高くなってしまう傾向があります。

乾パンを効果的にダイエットに取り入れたいならおやつタイムが良い

乾パンダイエット おやつタイム

ダイエット中だと、昼食から夕食にかけてがお腹すいてしまいますよね。

乾パンをダイエットに効果的に取り入れるなら、おやつ(お菓子)タイムがベストです。

1日の中でもおやつを食べて脂肪が付きにくく太らない時間帯は、午後3〜4時頃です。

【3時のおやつが太らない理由】

私達の体は、成長ホルモンの一つであるBMAL1(ビーマルワン)というタンパク質が分泌されていて、脂肪細胞に脂肪を溜め込む働きを担っています。

このBMAL1(ビーマルワン)が一番分泌される時間帯は、午後10時以上になると数が増えるため、夜食すると太りやすいという話は理にかなっているのです。

BMAL1(ビーマルワン)の分泌が最も少ない時間帯は午後3時頃ですので、おやつを食べるならこの時間帯に食べれば、脂肪が付きにくく太りにくくなるという訳です。

 

まとめ

乾パンは比較的脂質が少なくダイエットに向いていると思われがちですが、実はカロリーが高いので食べ過ぎには注意しなくてはなりません。

非常食や緊急時の食べ物として保存される乾パンは、少量でもしっかりエネルギーを摂取できるように作られているため、カロリーと糖質量は高めになっています。

そもそも、カロリーや糖質量を補うために作られたものですから、今後もダイエット用が出てくることもないでしょう。

乾パンでダイエットを考えてる場合は、確実に太るのでやめておくべきです。