生活

【必見】一人暮らしでバスマットの洗濯頻度は週1回でOK!0回にする方法も紹介

どうも、ネフローゼ歴26年の美堂(@midou_kyouji)です。

あなたはバスマットの洗濯をどのくらいの頻度でしていますか?

毎日使うんだから毎日洗いたいですけど、ぶっちゃけ面倒ですよね。

一人暮らしならなおさらですよね。

いつも快適にバスマットを使いたい!と思っているあなたは、ぜひ読んでみてくださいね!

本記事ではバスマットの適切な洗濯頻度と、洗濯回数を0回にする裏技をご紹介します。

 

美堂
美堂
バスマットの洗濯って、毎日はめんどくさいんですよねぇ。。。仕事終えて帰ってきたら疲れてるし。
ペル
ペル
バスマットは毎日洗う必要ないニャ!ってか、洗わなくても大丈夫な方法があるニャ!
この記事はこんな人に向けて書いてます
  • バスマットって毎日洗うものなの?適切な洗濯頻度を知りたい人
  • ぶっちゃけ洗濯するのが面倒だから洗濯頻度を減らしたい人

 

バスマットの洗濯頻度の目安

バスマット 洗濯頻度01

4人家族の場合

ご家族で4~5人の場合は、「2日に1回」が妥当です。

【バスマットの洗濯を2日に1回が妥当な理由と条件】

  • バスマットを使ったら必ず干して乾燥させること(室内干しOK)
  • 浴室から出る前に、バスタオルで身体を少し拭いておく
  • 家族に「水虫」の人が居ないこと

ご家族の中に「水虫」をお持ちの人がいる場合は、バスマットを毎日洗うか、バスマットの上に着てた服を敷いて貰うと良いでしょう。

どうせ、着てた服は洗濯しちゃいますからね。

一人暮らしの場合

一人暮らしの場合は、バスマットの洗濯頻度は週1回で大丈夫です。

【バスマットの洗濯が週1回で大丈夫な理由と条件】

  • 一人暮らしであること
  • 浴室から出る前に、バスタオルで身体を少し拭いておく
  • バスマットは使ったら、室内干しでも良いからハンガー・竿に干す
  • (水虫を持ってない)

バスマットの洗濯頻度を週1回で済ますには、一人暮らしであることが前提です。

みんなのバスマットの洗濯頻度はどのくらい?

バスマットの洗濯頻度ってみんなはどのくらいなのか気になりますよね。

ちょうど良いアンケート結果があったのでご紹介します。

【バスマットの洗濯頻度を教えてください】

  • 第1位 「週に1回以上」34.9%
  • 第2位 「毎日」13.7%
  • 第3位 「月に2回以上」13.4%
  • 第4位 「月に1回以上」11.3%
  • 第5位 「週に3回以上」9.6%
  • ※6位以下略、「その他」は除く

マイナビウーマンより引用

一番多かったのは、「週に1回以上」34.9%ですね。

少し見づらいなと思ったのは、第5位に「週に3回以上」という項目があるので、第1位の「週の1回以上」とは、「週に1~2回洗ってる」という意味だと思います。

少し修正してみると、

  • 第1位 「週に1~2回」34.9%
  • 第2位 「毎日」13.7%
  • 第3位 「月に2回以上」13.4%
  • 第4位 「月に1回以上」11.3%
  • 第5位 「週に3回以上」9.6%
  • ※6位以下略、「その他」は除く

第2位が「毎日」なんですね。皆さん、偉いですね。

そんな「毎日」派の女性の意見はこんな感じでした。

  • 「ぬれた状態でそのまま放置しているのが気になるから毎回洗う」
    (30歳/不動産/事務系専門職)
  • 「親がそうしていたので。たぶんぬれるものは雑菌が繁殖しやすいと思っているのだと思う」
    (27歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)
  • 「毎日変えないと、臭いから」(33歳/医療・福祉/専門職)
  • 「実家なので、家族全員使うから」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

バスマットを洗わないとどうなるの?

毎日お風呂の度に濡れてしまうバスマット。

お風呂上がりの身体は綺麗な身体だし、バスマット自体は汚れてないように見えますよね。

バスマットを洗わないでいるとどうなるのか知ってますか?

【バスマットを洗わないでいると】

  • カビや細菌が繁殖する
  • ダニなども繁殖する
  • 臭いニオイが出てくる
  • 水虫が家族に感染する可能性あり

雑菌やダニは湿っていて暖かいところで良く繁殖してしまいます。

湿った状態のバスマットなんか、カビや細菌にとって天国みたいな場所です。

雑菌・細菌が繁殖してしまうと、ニオイが発生します。
(何となくニオイが気になる場合は、かなりヤバイ状態です)

又、家族の中で水虫の人がいると、バスマットに付着して、そのバスマットを使った他の家族の人に水虫がうつることがあります。

水虫の人がいる場合は気を付けたいですね。

 

バスマットの正しい洗い方

バスマットを洗ってみた(裏面にホコリやカビがついていても大丈夫)

実際にバスマットを洗ってみたので、そのご様子を紹介します。

【用意するもの】

  • 掃除機やコロコロ
  • バケツや洗面器
  • 酵素系漂白剤
  • 粉石鹸
  • 洗濯ネット

STEP1:バスマットに付着してるゴミ(髪の毛とか)を掃除機やコロコロで掃除します。

バスマットの掃除1

STEP2:黒ずみなどの汚れが目立つ場合は、バケツに水を入れて、その中に酵素系漂白剤を入れて、バスマットを2時間程付けておきましょう。

バスマット洗濯2

STEP3:洗濯ネットに入れて洗濯機で洗う

バスマット洗濯3

【裏面のゴム部分にカビがついてる場合】

  1. バスマットを日にあてて、しっかりと乾燥させる
  2. 乾燥したバスマットの裏面(ゴム部分)を洗濯用ブラシなどでカビを落とす
  3. バケツに酵素系漂白剤を入れて、その中に2時間ほどバスマットを付けておく
  4. カビがひどい場合は、酵素系漂白剤の水の中で粉石鹸をつけたブラシで叩きながら落とす
  5. 洗濯ネットに入れて洗濯機で洗う

以上の洗い方で、大抵のバスマットは綺麗な状態に戻すことができます!

カビが生えてしまって諦めていたバスマットも綺麗にすることが出来るので、捨ててしまう前に試してみてくださいね。

バスマットを洗うコツ

バスマットを洗濯する時のコツをご紹介します。

【バスマットの洗濯するコツ】

  • 抗菌効果の高い洗剤を使う
  • 酵素系漂白剤入りだと除菌・消臭効果が高い
  • しっかり乾燥させる

バスマットは普通に洗濯機で洗って問題ありません。

※マットの種類によってはドラム式洗濯機ではNGな場合があるので、洗濯表示を確認してみてくださいね。

洗濯機のコースで「取扱表示」を念の為チェックしてみてください。

大き目の洗濯ネットに入れると安心です。

created by Rinker
ワイドハイター
¥298
(2018/12/10 10:33:52時点 Amazon調べ-詳細)

洗濯洗剤は抗菌効果のあるものを選びましょう。
(パッケージに書いてありますのでチェックしてみて)

酵素系漂白剤入りだと除菌・消臭効果を期待できますからね。

それと大切なポイントは、洗濯後はしっかりと乾燥させてくださいね!

【バスマットの乾燥させるコツ】

  • 高温の乾燥機にかける
  • 日光にあてる
  • エアコンの前や扇風機の風を当ててあげる

バスマットを洗わない日は乾燥させよう

バスマットを使ってからすぐに洗うのがベストですが、忙しくて、中々そうもいきませんよね。

そんな場合は、床に敷いておかないでハンガーや竿にかけて水分を乾燥させておきましょう。

一人暮らしならバスマットはそんなに濡れないですが、念の為に干しておくことをオススメします。

また、忙しくて洗えないなら、なるべくバスマットを濡らさないように工夫すつのも一つの手ですね。

浴室の中でしっかりと身体を拭くようにすると、バスマットが濡れるのをある程度少なくすることができます。

 

ズボラな人必見!バスマットの洗濯を不要にする2つの方法

バスマット 洗濯頻度02

バスマットの洗濯を減らすとか生ぬるいこと言ってないで、0回にする方法があるのでご紹介します。

プレートタイプのバスマットにする

「珪藻土マット」という吸水性の高いプレートタイプのマットに取り替えれば洗濯する必要はなくなります。

私も実際、これに切り替えてから、便利すぎて洗濯する必要のあるバスマットに戻れません。

こちらの「珪藻土マット」は毎日しっかりと乾燥させればカビが発生しません。

「珪藻土マット」は自立することが可能なので、お風呂から出て使ったあとはドアに立てかけたり、洗濯機の間に立てかけておけば乾燥させるのも簡単です。

(洗濯前の)タオルや洗濯物をマット代わりにする

バスマットの代わりに使った後のタオルや着てた服を使う方法もあります。

身体から落ちる水滴をキャッチできれば問題ないので、わざわざ専用のバスマットを用意する必要もないですよね。

特に着てた服でも、毎日、汗だくで帰ってくることはないですよね?

割と汗をかいても影響の少ないシャツなどの上着などであれば、バスマット代わりに使うことも問題ありません。

それに、お風呂から出て、そのまま洗濯してしまえば良いし。

バスマットの汚れを心配するなら、毎日、交換してしまえば問題ないですよね。

それに、バスマットを置くスペースが無くなるので洗面所が広々と使えますし。

まとめ

バスマットの洗濯頻度は一人暮らしなら週1回でOKですが、出来るなら洗濯する必要のない「珪藻土マット」に取り替えてしまうのが便利です。