転職

安心!社内ニートが転職活動の面接を成功させる3つのコツ。転職理由の答え方はコレ

どうも、ネフローゼ歴26年の美堂(@midou_kyouji)です。

社内ニートから脱出する為に勇気を振り絞って転職活動を決めたあなた。

面接で転職理由や前職での仕事を聞かれて何て答えればいいか困りませんか?

正直に社内ニートだったことは話せないし、嘘をつくと突っ込まれたら面倒だし。

安心してください!

面接での転職理由の上手な答え方をご紹介します!

美堂
美堂
今のままじゃダメだと思って、社内ニートから脱出するために転職活動を決めたんですけど、問題は面接なんですよ・・・。社内ニートだったなんて言ったら絶対に採用されるわけないですよ~どうしたらいいんですか?
ペル
ペル
安心するニャ!まずは勇気を出して転職活動することにしたことは大切ニャ。それに面接は3つのポイントだけ押さえれば何を聞かれても怖くないニャ!

 

本記事では、社内ニート脱出の為の転職活動での面接を成功させる3つのコツをご紹介してます。

 

この記事はこんな人に向けて書いてます
  • 社内ニートを脱出したくて転職活動を決めたけど面接が不安な人
  • 転職理由を何て答えればいいのか分からない人

 

社内ニートを脱出するための面接での転職理由の3つの答え方

社内ニート 面接 答え方

毎日が暇で存在を否定されてるような社内ニートから脱出するための最大の関門「企業面接」。

もしかしたら、あなたは新卒採用での就職活動でしか「面接」を経験したことがないかもしれませんね。

「面接」の中で必ず聞かれる「転職理由」の答え方をご紹介します。

社内ニートであった事実は伝えなくてOK

大切なことを言います。

「面接」は全ての事実を話す必要はない

 

インターネットで「面接 コツ」とかって検索すると、「正直に」「ありのままを」話しましょうなんて書いてありますよね。

 

嘘だからね。あれ。

 

私は、転職活動で面接を200回以上受けた経験と、実際に人事採用のお仕事で面接官をやったり、色々な企業の人事の担当者とお仕事をしたことがあります。

それを踏まえた上で、言います。

全部、正直に話す必要はありません。

なので、面接で必ず聞かれる「前職ではどんなお仕事をされてたのですか?」に対して、「前職では仕事を担当させて貰えず、このままではマズイと思い転職を決意しました」なんて答えてはNGです。

【前職(いまの会社)でどんなお仕事をされてたのですか?という質問の答え方】

  • 「前職(いまの会社)では、〇〇と〇〇の業務を担当してました。」
  • 「ただし、1人で主担当してたわけではなく、上司と同僚と〇〇人でチームで〇〇の業務を遂行してました。」←※ポイント!!

上記のような答え方で問題ありません。

いくらあなたが社内ニートで担当する業務がないと言っても、周りの人がどんな仕事をしてるかを見る事は出来るはずです。

もしくは、最初から今のような社内ニート状態だったわけではない場合は、以前の自分が担当してた業務を整理して伝えれば大丈夫です。

ただし!!重要なポイントは、「私一人で担当してました」などと言ってはいけません。

※実際に、あなたが1人で担当してた業務があるなら別です。大いに語ってアピールしてください。

この「あくまでもチームの皆と協力してやってました」の意味合いを相手に伝えることが大切なんです。

社内ニート状態であることは伝える必要はありません。むしろ悟られないようにしましょう。

次の仕事に対するモチベーションを具体的に語る

面接で必ず聞かれる「志望理由は?」です。

よく、「志望理由なんて浮かばない・・・。給与と労働条件だけを見てよさそうだなと思ったからだし・・・。」って聞きます。

 

アホか。

 

面接で聞かれる「志望理由」は、面接において絶好のチャンスなんですよ!

ここで自分をしっかりと正しくアピールできるかどうかで勝負は決まります。

【「志望理由」の答え方(面接編)】

  • あなたがその仕事に対して何が出来るか?何をしたいか?を具体的に答える
  • あなたがその仕事に対してマジメに真摯に取り組んでいくことを伝える
  • あなたがその仕事を通じて、どんな風に成長していきたいかを伝える
  • あなたがその仕事を通じて、企業にどんな風に貢献できるかを伝える

ちなみに、履歴書などのエントリーシートに「応募理由」がありますが、あの内容をそのまま面接で伝えるのはNGです。

だって、書類に書いてあることは相手も事前に読んでます。
(面接しながら参考程度に読んだりします)

面接は、「あなた」という商品を「売り込む」場所です。

履歴書・経歴書は、いわば商品パッケージみたいなもんです。

あなたの魅力は、あなたの言葉で相手に伝えないと意味がありません。

この質問がきたら、あなたの将来に対する熱量を熱く!熱く!!語りましょう!

 

念の為、エントリーシートに書く「志望理由」の書き方のコツも紹介しておきます。

【志望理由の書き方(エントリーシート・履歴書・職務経歴書編)】

  • あなたの過去の経験をどう活かすのか?
  • あなたの知識や経験が、希望してる仕事においてどんな風に活用できるのか?
  • エントリーしてる企業のどの部分にあなたが魅力を感じたのか?

 

前職での退職理由は、本人の努力ではどうにもならない理由にする

面接で一番答えづらい質問No1は「転職理由 or 退職理由」ですよね。

正直に答えればいいものでもないですし、嘘をつくわけにもいかない。

突っ込まれたらどうしよう?とヒヤヒヤしてしまいますよね。

面接で答える「転職理由」はいくつかのパターンの中からあなたに合致してそうな理由を選べば大丈夫です。以下に紹介していきますね。

【転職・退職理由を聞かれたときの答え方】

  • 給与・労働条件・職種などが契約時の内容と相違していた
    →契約時に聞いた話と実際、働いてみると違ったというのはよくある話です。
  • 給与面で不満がある
    →同世代の平均給与よりも著しく低い場合は素直に満足いかない旨を伝えてしまうのもありです。月額15万円の生活ギリギリの低水準の場合もありますしね。
  • 契約期間が満了した(する)
    →正社員でなく、契約社員やアルバイト・派遣などの場合は、純粋に「契約期間」が終了したと伝えてしまってOK。更新の有無に関しては、先方都合で「人員削減」方針であると伝えてしまって大丈夫です。
  • 家族の介護の為
    →ご家族で急遽、介護が必要になったりした場合、あなたがそのフォローをしなくてはならない状態になったことにする。介護の度合いに関しては、少し誇張しても問題ありません。

上記の理由は実際に私が転職活動で答えてきた理由の一部です。

ポイントは自分の努力だけではどうにもならない理由だからということを伝えます。

そして大切なのは、この質問がきたときは淡々と語りましょう。

間違っても、私は被害者なんですオーラを前面に出してはいけません。

面接官に「大変でしたね~辛かったでしょ?」と誘われてしまったら、冷静にこう答えてください

 

貴重な経験を積ませていただきました。
と。。。(キリッ)

 

面接官の罠として

「前職でホントはどんなことがあって転職することになったのか?」

と同時に、

「うちでも同じようなことがあったら、すぐに辞めてしまうのでは?」

と思って聞いてきます。

あくまでも、退職理由は「自分ではどうしようもない理由」+「将来に向けて頑張るだけ」ということを伝えましょう。

次の会社でも社内ニートにならない為の方法と心構え

次の会社で社内ニートにならない方法

一度、社内ニートを経験してしまうと、次の職場でも同じことが起きるのでは?と不安に思いますよね。

社内ニート状態は会社のハラスメント行為の一種なので、あなたは完全に非はありません。

ですが、組織というものはどこの会社でも似たような構造で成り立ってます。

つまり、どの会社でも社内ニート状態にする可能性はあります。

せっかく社内ニートを脱出したくて転職活動をしたのに再び、同じような状態になりたくない!

ある程度、自分の努力と注意するポイントを押さえれば、社内ニートにならなくて済むので、紹介しますね。

【社内ニート予防方法】

  • やる気をアピールしすぎない
  • 周りの歩調に合わせる
  • 重要な人に嫌われないようにする
  • 社内の人間関係を把握することが大切

会社は仕事をする場所です。

それは間違いではありませんが、正解ではありません。

会社は組織なので、色々な人がいますよね?

会社でハラスメントを受けないようにするには、目立たないようにすることが大切です。

社内ニート状態に追い込まれるのは、会社内や職場内で影響力のある人(派閥)から、あなたが目に付いてしまったからです。

会社で生き残るためには、社内政治が必要不可欠です。社内の人間関係を把握することに全力を注ぎましょう。

何も嫌いな人と仲良くする必要はありません。

重要なのは、嫌いな人(影響力がある人)に嫌われないようにしましょう。

社内ニートから転職するなら転職エージェントを使おう!

社内ニート 転職 成功 エージェント

社内ニートで転職を成功させたいなら、転職エージェントでプロのアドバイスを受けておくことをオススメです。

【転職エージェントのメリット】

  • 無料で利用できる(土日関係なく24時間対応)
  • 自分に合った求人を紹介してもらえる
  • あなたの転職活動上での心理面の不安をケアしてくれる
  • 履歴書や職務経歴書の添削をしてくれる
  • 企業とあなたの仲介に立ってくれるので、聞きづらいことやお得な情報を教えてくれる

とくに転職活動が初めてという人の場合は、プロのエージェントの存在は大きいです。

なんせ、一緒に未来に向けて応援してくれるアドバイザーですからね。

あなたの今の会社にいる人たちと違って、転職エージェントはあなたの味方です。

この安心感はでかいです。マジで。

それに、相談しても必ずしも転職する必要はないので「ちょっと仕事の悩みでも相談して、転職を検討するか」ぐらいの軽い感覚で使ってもOKです。

特にオススメの転職エージェントは、「アデコ」さんと「doda」さんです。

複数の転職エージェントに登録しておくのがオススメです。

理由は、エージェント会社ごとに取り扱う求人が違うからです。

それぞれ得意な業種や職種が違います。

私が実際に利用してみての感想になりますが、エージェントを通して計画的に企業へエントリーしていけば、3か月の間に転職先から4~5つは内定を貰えます。

今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。

もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

【まとめ】失敗してもいくらでもやり直せるという事実

社内ニート 失敗しても何度でもやり直せる

一度、社内ニートとしての経験をしてしまうと、そこから抜け出すのにとても勇気がいります。

「どうせ、自分なんてどこの会社に行っても同じで、どこも私を必要としてくれる会社なんかないのでは・・・。」

「次の会社でも同じように社内ニートにされてしまったらどうしよう・・・。」

大丈夫ですよ。

不安でどうしようもないですよね。

世の中から必要とされてないんじゃないか?

自分には生きてる価値がないんじゃないか?

周りの人は普通に仕事できるのに自分は能力的に劣っていてダメ人間なんじゃないか?

私も同じことを以前、考えてました。リアルに不眠症になってましたからね。

勇気を振り絞って転職することを決めたあなたに覚えていてほしいことは1つです。

人生、失敗しても何とかなります。

「どうせ、綺麗ごとしか言えないのかよ!」と思われてしまうかもしれませんね。

けど、マジな話です。

もし、あなたが勇気を振り絞って転職活動をして、面接が上手くいかない。

面接は上手くいったのに内定が貰えない。抜け出せない、どうしよう。

と自分を追い込んでしまう時があるかもしれません。

けど、大丈夫だから!

1つ1つの失敗は成功のために必要不可欠なんですよ。

失敗を分析して振り返ることも必要です。

けど、あまりに引きずってしまうようなら、スパっと次のことだけを考えましょう!

いいですか?

あなたを必要としてくれる会社は絶対にあります。

あなたの仕事を通じて、「ありがとう」「助かったよ」って言ってくれるお客さんや仕事仲間に絶対に出逢えるはずです。

勇気を出して社内ニートから脱出する為に転職を決意したあなたなら絶対に大丈夫だと私は全力で応援します!

 

本記事が、転職活動でうまくいかないあなたの背中を少しでも後押しできることになれば幸いです。