人生を楽しくするエンタメ

【ネタバレ注意】Aimerのライブ18/19東京の感想レポ(セトリ・服装・時間・読み方)

スポンサーリンク

どうも、ネフローゼ歴26年の美堂(@midou_kyouji)です。

最近、テレビや雑誌などで目にする機会が多くなった女性アーティストAimer。

映画やCMなどで彼女の曲を耳にしたことがある人も多いかと思います。

けれど、音楽番組などではほとんど出演することがないので、顔なども不明で素性が明かされてない謎の歌手ですよね。

そんな謎に包まれた歌手Aimerのライブに行ってきたので、その魅力をたっぷりとご紹介します!

 

美堂
美堂
本当は2017年の武道館公演に行きたかったんですけど、チケット即日完売で行けなかったんですよ・・。今回は1年半ぶりに待望の初ライブに参加してきました!
ペル
ペル
彼女の歌声はかなり特殊な歌声だから世界でも注目され始めてる注目の歌手ニャ!来年には知らない人はいないってぐらい人気歌手になってるはずニャ!

 

この記事はこんな人に向けて書いてます
  • aimerのライブの感想や雰囲気を知りたい人
  • aimerのライブに初めて行くけど、どんな服装で行けばいいのか知りたい人
  • aimerのライブの荷物の持ち込みはどのくらい大丈夫なのか知りたい人
  • aimerのライブグッズの物販は何時間前ぐらいに行けば買えるのか知りたい人

本記事では、Aimer Hall Tour 18/19 “soleil et pluie”のライブレポート・セットリストについてご紹介してます。

【レビュー】wf-1000xを実際に1年間使ってみた。この解放感はハンパない!せっかくスマホもケースもスマートなら、イヤホンもスマートにしたくありませんか? 普段から音楽もスマホで聴くなら、その時間をおもいっ...
スポンサーリンク

Aimerってどんなアーティストなの?

Aimerのライブレポの前に、その謎に包まれたプロフィールを軽くご紹介します。

Aimerの読み方

Aimerの読み方は「エメ」と読みます。

美堂
美堂
私も最初読めなかったです・・・。ってかほとんどの人が最初は読めないのでは?

普通に「アイマー」さんだと思ってましたからね。

アーティスト名の「Aimer(エメ)」は本人の長年の愛称だったそうです。

フランス語で「好き」という意味を持ってることからこの名前に決定したそうです。

ちなみに本名は非公開です。
(SNS上では「藤本恵美」が本名ではないか?と噂がありますが信ぴょう性は確かではありません。)

ペル
ペル
ちなみにボクはフランス語も読めるから、最初からエメって呼べてたけどね。読み方を美堂に教えてあげたのはボクなんだよ。

Aimerのプロフィール紹介

  • 氏名:Aimer(エメ)
  • 生年月日:未公開
  • 出身:日本(熊本県熊本市出身と噂があります)
  • 所属事務所:FOURseam
  • レーベル:SME Records

【Aimerのプロフィール】

15歳の頃、歌唱による喉の酷使が原因で突如声が出なくなるアクシデントに見舞われるも、数年後には独特のハスキーで甘い歌声を得ることとなる。

2011年にシングル「六等星の夜」でメジャーデビュー。

代表曲「蝶々結び」などを収録した4thアルバム「daydream」を2016年9月にリリースし、iTunesアルバムチャート1位などを獲得した他、CDショップ大賞2017において準大賞も受賞。

2018年9月には映画『累-かさね-』主題歌となる最新シングル「Black Bird」をリリース。

billboad Hot 100にて初登場3位、ダウンロードチャートでは初登場1位を獲得。
【公式HPより引用】

2011年9月に「六等星の夜」でメジャーデビューしました。

この曲は、アニメ(ノイタミナ「NO.6」)のエンディング曲でした。

 

年齢に関しても非公開ですが、プロフィールの経歴から推測してみました。

【Aimerの年齢(予測)】

  • 声帯を痛めて声を失う
    → 15歳
  • 発声できない期間が半年間+「歌唱法を確立するまでの期間」
    → 1年~3年と過程 → 16~18歳
  • 2011年から音楽活動スタート
    → 18歳~19歳
  • 現在(2018年)
    → 25~27歳と予想

物心ついたときから歌が大好きだったAimer(エメ)さん。

幼少の頃からピアノやギターをひいていて、作曲や英語の作詞などを小さいころからされていたそうです。

Aimerの音楽のセンスは父親の影響が大きいらしいです。

Aimerさん父親はバンドでベーシストを務めていたので音楽が身近な環境で育ったようですね。

小学校低学年の頃からミュージカル「アニー」の劇中歌を聴いて歌手になることに憧れを抱いたそうです。

ピアノを習い始めて、中学からギターを始めるなどしつつ英語での作詞にも力を入れていたそうです。

ちなみに彼女の最大の特徴とも言える、独特の声質は、15歳に声帯を痛めたことが原因で、回復後に現在の声質と歌唱法を確立した上で出来たものだそうです。

音に関する専門家からは、

「振幅ゆらぎと周波数ゆらぎが同時に発生している。非常に稀な声の持ち主」と分析されてます。

ちなみに似た声質の歌手は、宇多田ヒカルやドリカムの吉田美和さんが同じ傾向の歌声と言われてます。

 

Aimerさんの最新(2018年12月時点)のライブ映像はこちらになります。

『Aimer special concert with スロヴァキア国立放送交響楽団 “ARIA STRINGS”』

2018年6月にBunkamura オーチャードホールにて開催された、スロヴァキア国立放送交響楽団を従えたAimer初のフルオーケストラ・ワンマンライブの模様を全編収録したAimerの映像作品第二弾。

「花の唄」「蝶々結び」「あなたに出会わなければ」などなど代表曲の数々が壮大なオーケストラアレンジで繰り広げられた希少なライブ。

Aimerの顔

ほとんどテレビに出演しないですし、曲のPV映像にも後ろ姿だけだったりして、本人の顔を拝めるのはライブ会場だけという特殊な歌手です。

最近では、ミュージックビデオやライブDVDも発売されたので、顔を公開するようになってきましたが、それでも少ししか映らないのでよく分かりません。

そんなAimerの気になる顔を写真でご紹介します。

※ミュージックステーションに出演したときの映像です。

写真だけで見ると、決して美人ではないので、ルックスで売りだしていくのはちょっと難しいですよね。

けど、彼女の持ち味は、その歌声と歌唱力です。

ハスキーで特徴的な声と独特の歌い方で彼女にしか表現できない世界観は一度聴いたらハマります。

Aimerの現在(2018年12月時点)の最新曲はこちらです。

女優の土屋太鳳主演の映画の主題歌になった曲です。めっちゃカッコイイ。

スポンサーリンク

【体験レポ】Aimerのライブの感想と雰囲気を紹介

お待たせしました。

では、AimerのHall Tour 18/19 “soleil et pluie”東京のライブレポをご紹介します。
(2018年12月19日東京公演のみ)

Aimerのライブの感想

Aimerのライブには初めての参加でしたので、どんな感じになるのか行く前から期待半分不安半分といった感じでした。

結論から言うと、

最高でした!
(お世辞抜きに)

あまりに最高だったので、終わった後は夢の中にいるような不思議な感覚でした。

 

CDなどで事前に曲の予習はしてましたし、去年の武道館公演の様子も見てたので準備してたのですが、実際はその感動を遥かに超える完成度の高さでしたね。

ライブ内では新曲の発表もありつつ、過去の曲も含めて色々な色の曲を演奏してました。

今回のライブツアーのタイトル「soleil et pluie」は「太陽と雨」という意味

楽曲構成が「燃え上がるような太陽」と「悲しみに満ちる雨」の移り変わりを表現していて、ライブなのにまるで映画を見てるような感覚になります。

Aimerさん本人のmcも、自分の言葉で丁寧に話しつつ、お客さんとの掛け合いも交えつつ、まだたどたどしい様子もあったので、お客さんが応援したりと笑える場面もありました。

遠かった~

私は残念ながら座席は後ろの方だったので、Aimerさんの顔を拝むことは出来なかったのですが、それでも生の歌声を聴けただけで充分でした。

マジで鳥肌が立つからね。

言葉で説明しきれないのが残念ですが、彼女のライブは、お客さんに愛されて応援されて、これから皆でAimerというアーティストを作っていこう!という空気を感じました。

本来、彼女はあまり人前で歌ったり話したりするのが苦手なのかな?と思いつつ、その反面、歌声と歌唱力がずば抜けて上手いので、つい応援したくなっちゃいます。

チケットの倍率もかなり高く、5~10倍ぐらいはあるのでは?と言われてます。

ホールツアーなので、日本全国色々なところを回りつつ、海外公演も行ったりしてるので、今は出来る限り、多くのお客さんに顔見せしてる段階ですね。

いずれ、ドーム公演や再び武道館などで演奏することになってもおかしくない人気ぶりです。

Aimerのライブの雰囲気

Aimerさんのライブは全体的に落ち着いてゆっくりと見れます。

ロックバンドのように、飛んだりするような激しい場面は一切ないので、女性やお子さんを連れても安心です。

全席指定席ですしね。

ライブ中は、座って見る曲が多く、しっとりとAimerの世界観に飲み込まれていく感じ。

アップテンポの曲の場合は、立ち上がって、手拍子したり、拳を突きあげたり、手を振ったりとします。

曲のいくつかはお客さんの手拍子や声の掛け合いをすることで成立する曲もあるので、お客さんも一緒に参加できるようになってます。

客層は大人から学生までといったところ。

上は50歳代、下は15歳の中学・高校生ぐらいまで幅広い。

男女比は、少し女性の方が多い気がしました。

会場の入口前にはたくさんのお祝いが届いてました。

 

2019年1月公開の映画の主題歌も担当してます。

アニメ「劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel]II.lost butterfly 」は大ヒットしてるアニメ作品なので、私も来年は劇場で観ようかと思ってます。

Amazonプライムビデオだと無料で地上波放送されたのが見れるのでオススメです。

AmazonPrimeVideologo
Amazonプライムビデオの絶対に間違いないアニメ!最高に面白いからハマりすぎに注意! どうも。ネフローゼ歴26年目の美堂(@midou_kyouji)です。 私は年間100以上のアニメ作品を楽...

ライブレポまとめ

https://twitter.com/masausg/status/1075437780015042560

 

【ネタバレ注意】Aimerのライブのセトリ紹介

【2018年12月19日(水)東京国際フォーラム ホールA】

  1. ONE
  2. 新曲
  3. Believe Be:Leave
  4. 新曲
  5. あなたに出会わなければ~夏雪冬花~
  6. 今日から思い出
  7. カタオモイ
  8. 思い出は綺麗で
  9. Ref:Rain
  10. Re:Pray
  11. 花の唄
  12. Black Bird
  13. After Rain
  14. Hz
  15. 蝶々結び
  16. アンコール
  17. I beg you ←新曲
  18. 夜行列車~nothing to lose~

来年の1月にリリースされる、ニューシングルから3曲の新曲も演奏されました。

特に、ラスト前の「I beg you」という新曲は、かなり驚愕の曲でした!!

短いですが、こんな感じの曲です。

Aimerのライブの倍率って高いの?

一般的にAimerのライブチケットは倍率が高いと言われてます。

はっきりとした販売枚数と申込人数が発表されてないので、明確な断定はできませんが、約5~10倍と言われてます。

ですが、この倍率には一般発売のみの数字になります。

実はAimerのチケットの一般発売は少ないのです。

まぁ、他のアーティストさんでも一般発売は少ないのですが、特にAimerのチケットはその数が少ないのではと言われてます。

公式のファンクラブがあるので、そちらに入会すれば、ほぼ確実にチケットは当選します。

そういう意味では、倍率は高くないとも言えるかもしれませんが、気楽に一般発売で行こうかなと思ってる場合は難しいですね。

Aimerの公式ファンクラブはコチラ

【ファンクラブ利用方法】

月額300円(税抜)でスマートフォンでご利用いただけるモバイルファンクラブサービスです。
下記のURLにスマートフォンからアクセスください。

http://k.aimer-web.jp/

※パソコン、携帯電話及び一部のタブレット端末には対応しておりませんのでご了承ください。

※パソコンからはアクセスできないようになってるので、スマホ(一部、携帯電話もOK)のみの対応です。

私も今回のライブチケットはファンクラブに入会してGETしました。

スポンサーリンク

Aimerのライブへはどんな服装で行くべき?

女性の場合であれば、ヒールでも大丈夫です。

そのぐらいゆったりと落ち着いて聞くことができる雰囲気です。

Aimerのライブは基本的に指定席で座って聞く曲が多いので安心ください。

※一部、ノリのいい曲の場合は、立ち上がる場面もあります。

服装に関しても、とんでもなく露出度が高かったり、明らかに後ろの席の人がステージを見づらくなるような髪型でなければ、どんな服装でも大丈夫です。
(常識の範囲内ならOK)

荷物に関してもとんでもなく大きい荷物(キャリーバック)などでなければ普通に持ち込めます。

私が今回、行った東京国際フォーラム ホールAでは、コインケースやクロークは設置されてないので、遠方から来られる際は、有楽町駅のコインロッカーに入れることになると思います。
(私自身が東京在住なので、利用したことはないのですが)

スポンサーリンク

Aimerのライブへの荷物チェックの様子

はっきり言いますと、セキュリティは甘いです。

飲み物の持ち込みも可能です。

入口ではチケットのもぎりだけを機械的に行われてるだけなので、手荷物のチェックはありませんでした。

これは東京以外の会場ではどんな感じなのか分かりませんが、最近は有名アーティストのライブ会場では飛行機の手荷物検査並みに厳重に管理してる場合も多いので、意外でした。

きっとスタッフの手配や運営の手配など、まだまだ手一杯なのかもしれませんね。

東京国際フォーラム ホールAの入口を入ったら、帝国ホテルのケータリングがありますので、そこでウェルカムシャンパンを飲めたりします。

私は、外が寒かったので、ホットコーヒーで温まりました。

スポンサーリンク

Aimerのライブ会場での物販の様子

Aimerのライブ会場でのライブグッズの様子を紹介します。

美堂
美堂
ライブと言ったら、ライブグッズは欠かせないですよね!

【物販】Aimerのライブでは何時間前に行けばグッズは買えるの?

ライブグッズの販売場所は、会場に入ってからのちょっとした広いスペースで行われてました。

よくライブ会場の外で販売所を設けて販売するのが多いですが、今回は違いましたね。

国際フォーラム という場所柄、会場の周辺にお店を開設するのが難しいのもありますが・・・。

私は開場してから20分後ぐらいに到着しましたが、グッズ販売所は特別混んでるわけではありませんでしたね。

熱狂的なファンなら、開場して真っ先にグッズ販売所に行くのだと思いますが、それでも凄い行列が出来てることもなかったです。

欲しいライブグッズがあれば、開場してから真っ先に行けば、少なくとも10分は並べばゲットできるのではないでしょうか?

今回、私はライブグッズを購入しませんでした。

 

ちなみに去年の武道館でのライブの際のグッズ販売は鬼のような行列だったそうですね。

https://twitter.com/kiraayu1219/status/902422981464383488

 

 

今回の東京以外での会場の販売状況を調べてみました。

https://twitter.com/_rie_9/status/1058196940666548230?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1058196940666548230&ref_url=https%3A%2F%2Fmmxvlll.com%2Flive-and-music%2Faimer-okayama%2F

調べてみたんですが「かなり並んだ」「待ち時間エグイ」なんていう情報は出てこなかったので、当日のグッズ販売はスッと買えるでしょう。

【先行販売会場】

 

今回の物販(ライブグッズ)のラインナップ

今回のグッズもかなりオシャレで可愛いですね。

【グッズのラインナップ】

  • Official Pamphlet ¥3,000(税込)
  • T-shirt Black(Size:S / M / L / XL)¥3,500(税込)
  • T-shirt Gray(Size:S / M / L / XL)¥3,500(税込)
  • Face Towel “Gradation Pattern”¥2,500(税込)
  • Face Towel “Tour Pattern”¥2,500(税込)
  • Tote Bag¥2,500(税込)
  • Keyholder¥1,300(税込)
  • Herb Tea¥1,200(税込)
  • Smartphone Ring¥1,800(税込)
  • Smartphone Case¥4,500(税込)
  • Mug¥1,800(税込)
  • Pouch¥1,800(税込)
  • Folding Umbrella¥4,500(税込)
  • Portable Battery Charger¥4,500(税込)【数量限定】
  • オルゴール “ONE”※数量限定(お一人様 上限2個まで)¥6,500
  • オルゴール “Ref:rain”※数量限定(お一人様 上限2個まで)¥6,500(税込)

https://twitter.com/RYU3SUZAKU/status/1057497384035454976?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1057497384035454976&ref_url=https%3A%2F%2Fmmxvlll.com%2Flive-and-music%2Faimer-okayama%2F

 

欲しいグッズが売り切れ!?ということもなさそうですね。

けど、ネット販売になると即日SOLDOUTになります!

どうしても欲しいグッズは現地調達が確実ですね。

スポンサーリンク

まとめ

Aimerのライブレポを紹介しました。

謎の多いアーティストですが、一度聴いたらその魅力にハマること間違いなしですので是非、一度、曲を聴いてみてくださいね。

来年には、人気歌手になってチケットを取るのも大変になると思いますので、今のうちに要チェックですよ!!

【レビュー】wf-1000xを実際に1年間使ってみた。この解放感はハンパない!せっかくスマホもケースもスマートなら、イヤホンもスマートにしたくありませんか? 普段から音楽もスマホで聴くなら、その時間をおもいっ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク