読書レビュー

【2019年版】超面白いおすすめ漫画ランキング200【最近、完結、マイナー、恋愛、青年、ラブコメ、グルメ、異世界、バトル、スポーツ、少女】

スポンサーリンク
美堂
美堂
どうも。ネフローゼ歴26年目の美堂(@midou_kyouji)です。

タイトルの通りですが、私が今まで読んできた漫画の中で、面白くておすすめしたい漫画をランキング形式でご紹介します!

前提条件として、ホントに私が読んだ漫画のみを紹介してます!

なので、ランキングに入ってない有名な漫画はたくさんあります!

それと、ランキングの順位に関しては私の趣味が色濃く反映されてます!!

ジャンルに関しても、少年、青年、少女、ギャグ、バトル、シリアス、スポーツ、ラブコメ、マイナー、ごちゃまぜです。闇鍋です!
※エロは入ってません!(期待してる人は速攻で閉じてください!)

 

美堂
美堂
今回のランキングに入らなかった作品も結構ありますね。
ペル
ペル
今回のランキングは、厳選された200作品ニャ!美堂が読んできた漫画を全て網羅すると500は超えそうな勢いだったから半分ぐらいに収めたニャ! 

 

本記事では、私が実際に読んで面白かった漫画にいてランキング形式で紹介してます。

 

この記事はこんな人に向けて書いてます
  • 面白い漫画を探してる人
  • マイナーだけどハマれる漫画を探してる人
AmazonPrimeVideologo
Amazonプライムビデオの絶対に間違いないアニメ!最高に面白いからハマりすぎに注意! どうも。ネフローゼ歴26年目の美堂(@midou_kyouji)です。 私は年間100以上のアニメ作品を楽...
【2018年】私が買って良かったものリスト 2018年も残りわずかですね。 年末年始と言えば、 セールですよね! 今回は私が2018年に買って良かったもの...



スポンサーリンク

このページの目次

おすすめの面白い漫画ランキング200位~171位

順位は下位になりますが、厳選した中での作品ばかりなので、どれも面白いですよ!!

正直、マイナーな作品も多いですが、興味が湧いたら是非、読んでみてくださいね♪

第200位  モブサイコ / ONE

主人公のモブこと影山茂夫は、師匠の霊幻新隆の元で除霊のアルバイトを勤める超能力者の中学二年生。しかし特別な力は生きていく上で不要だと考えており、注目されることなく素朴に生きていた。勉強もスポーツもできず、人付き合いにも不器用な彼だったが、そんな自分を変えるために脳感電波部からの勧誘を断って肉体改造部へ入部するところから物語は始まる。

小学館が運営している無料スマートフォンアプリ「MangaONE」にて連載されている作品です。

絵に関しては、決して綺麗とは言えませんが、内容は王道の少年漫画です。

主人公を含めた登場キャラクターたちの日常のやり取り、主人公が敵と戦うために超能力を使う理由を見つける過程などが魅力的に描かれています。

登場人物たちの心の内の描写が上手いので、どんどん物語に吸い込まれていきます!

第199位  バンブーブレード / 原作:土塚理弘、作画:五十嵐あぐり

室江高校の剣道部顧問、「コジロー」こと石田虎侍は、愛車購入のためにかけたローンの支払いで、その日の食事にも困る貧乏生活の日々を送っていた。そんなある日、高校時代の先輩であり、同様に剣道の指導者となっていた石橋賢三郎から「自分が顧問を務めている町戸高校の剣道部に勝てたら、実家の寿司屋で1年間食べ放題」という条件で、女子剣道部の対外試合を持ちかけられる。

条件に目がくらみ即諾したコジローだが、現在ほとんどの部員が受験引退もしくは幽霊部員と化している室江高校剣道部は、事実上の部員が部長の千葉紀梨乃ただ1人という有様で、5対5の練習試合をするには頭数がまったく足りなかった。

コジローは翌日から早速、5名の女子部員を揃えようとアテを探していたところ、ある女生徒が竹ぼうきで難無く複数のボール(と教頭)を打ち返すのを目撃。何としてでもその女生徒を剣道部に入部させようと試みる。

スポーツ漫画にしては珍しい「剣道」を題材にした作品。

しかも女子剣道というかなりニッチなテーマです。

ってかスポーツ漫画っていうかコメディ要素が強い明るい作品です。

本格的な剣道の世界が描かれているわけではなく、女子高生が剣道部でワイワイ楽しんでいる、まったりとした展開。平和です。

癒されたい人にはオススメ。こんな可愛い女子高生がいるなら私も剣道やっておけば良かったw

第198位  ソウルイーター / 大久保篤

created by Rinker
¥432
(2019/08/23 14:25:11時点 Amazon調べ-詳細)

舞台は死神武器職人専門学校、通称「死武専」。

死武専は、「職人」と「武器」を育成することを目的としており「職人」と「武器」でペアとなって活動していく。

その最終目標は悪人の魂99個と魔女の魂1個を「武器」が”食べる”事によって、死神様の武器「デスサイズ」を作り出すことである。

キャッチコピーは「健全なる魂は 健全なる精神と 健全なる肉体に宿る」。

王道のバトル漫画です。

戦闘シーンは毎回、胸熱の展開ばかりです!!

最終巻にまで読んでいくと、主人公たちの成長っぷりがもうたまらねぇんだわ。。

とにかく、熱いバトル漫画が好きな人には絶対ハズレない作品

あと随所にエロスシーンもありますので、少年漫画っぽくて良いですね。

第197位  焼き立て!! ジャぱん! / 橋口たかし

「太陽の手」と呼ばれるパンの発酵に適した温かい手を持つ少年、東 和馬は、幼少の頃、姉・稲穂に連れられて行ったパン屋St.Pierre(サンピエール)の主人から、「日本人にとっての『ごはん』より美味い日本独自のパン『ジャぱん』を創りたい」という夢を聞かされ、自らも「ジャぱん」を生み出すべく、独学でパンづくりを覚えていく。

料理系の漫画です。

タイトル通り、パンをテーマにしてます。

もうね、パンが死ぬほど美味しそうなんだわぁ

作品の中で、フワフワのメロンパンを作るってエピソードがあるんですけど、フワフワすぎて、グーで全力で潰しても瞬時に元に戻っちゃうぐらいにフワフワのメロンパンが登場します!

「グーで殴っても潰れないメロンパン」って、実際に売ってたら絶対買うわ!

美味しそうなパンがたくさん登場するので、米派の人はもれなくパン派になってしまうのでご注意ください。

第196位  惑星のさみだれ / 水上悟志

主人公の雨宮夕日は、ある朝、言葉を喋るトカゲから世界を救う騎士の1人として選ばれたことを告げられる。最初は無関心な夕日だったが、敵である魔法使いが生み出した泥人形の襲撃を受ける。死を覚悟したその時、守るべき姫である朝日奈さみだれに救われ、更に常人ならざるさみだれの気概に触れたことで彼女に忠誠を誓う。ここにひとつの主従が生まれ、この時から夕日の戦いが始まった。

3巻目までは我慢して読んでください。

いや、マジで3巻目までは、よくある話なんですよw

ただね、4巻目からのスリル感が一気に増して、シリアス路線一直線だから!

敵も、3巻目までがスライムレベルだけど、4巻目から続々と魔王クラスが出てくるし、仲間も死んでしまったりと、緊張感のある演出が次々と展開されます。

10巻で完結なので読みやすい。

ちなみに3巻目までに伏線がちりばめられてるので、いきなり4巻目から読んでも面白さが半分になってしまうのでご注意を。



スポンサーリンク

第195位  よつばと / あずまきよひこ

created by Rinker
¥648
(2019/08/23 14:25:12時点 Amazon調べ-詳細)

夏休みの前日、とある町に強烈に元気な女の子「よつば」と、「とーちゃん」の親子が引っ越してきた。遠い海の向こうの島から来たらしい不思議な女の子を、はじめて体験する出来事が毎日たくさん待っている。その日から始まる、よつばに振り回される周りの人達の日常を描いたハートフルコメディ。

日常系ほわほわした作品が好きな人には間違いない作品です。

主人公含め、登場キャラクターみんなが良い人ばかりです。

こんな平和な世界が現実でもあればいいのになーって思いながら、大学の授業を受けてました。(勉強しろよ)

現実逃避したい人はもれなくオススメです。

第194位  ひぐらしの鳴くころに / 原作:竜騎士07/作画:いろいろ

本作品は人口2000人に満たない寂れた架空の村落、雛見沢村を舞台に、村にまつわる古い因習「綿流し」を軸にして起こる連続怪死・失踪事件を扱った連作式のミステリーである。読者に謎を提示する「出題編」4編と、事件の真相と謎に対する解答、つまり、事件の惨劇を回避するために人々は何をすべきだったのかが明らかになる「解答編」4編とで本編が構成される。

ミステリーというよりかホラー要素が強い作品です。

表紙が可愛い少女のイラストなので、私は間違って「ほのぼの系かぁ~♪」って買って読んだのですが、内容が鳥肌物のミステリー・サスペンスだったので、夜、眠れなくなったほどです。。

ストーリーの内容は王道のミステリーなので、小説を読んでるような展開です。

恐い物語が好きな人は勇気を出して読んでみてください。

夜眠れなくても私は責任を取れません!!

第193位  げんしけん / 木尾士目

椎応大学サークル棟304号室「現代視覚文化研究会(以下現視研)」。かつてオタク文化の垣根を越えるべく誕生したこのサークルも、今では活動目標と存在価値を失いオタクの溜まり場と化していた。

新歓祭、新入生の隠れオタク・笹原は、「ある種」のサークルに入ろうと意気込む中、見学先の現視研にて2年生会員・斑目と暴力的な1年生・春日部から手痛い「歓迎」を受ける。

一旦は距離を置く笹原だったが、新会員・高坂との交友を経て入会。オタクとして着々と成長を遂げてゆく。

オタクのあなたはまるで自分のことかと心が震えるはず!

これね、リアルすぎるんですよ。マジで。

作者がオタクだからなので、日常の描写がリアルすぎる。

オタク仲間同士で話が盛り上がってる途中に、イケてるグループの人達が乱入してきて騒ぎだすと、急に静かになっちゃうシーンがあったりするんですが、めっちゃ分かります。

自分の好きなモノを熱く語ってしまうと、引かれた経験ってありませんか?

だからこそ、周りの人と距離を近づかないように無意識に習慣が身についてしまう部分とか、めっちゃ分かります。

あなたにも少しだけオタクっぽい部分があるなら、読んでみて共感すること間違いなしですよ

第192位 WORKING!! / 高津カリノ

created by Rinker
¥514
(2019/08/23 09:54:57時点 Amazon調べ-詳細)

北海道にあるファミリーレストラン「ワグナリア」。

そこで働く種島ぽぷらに誘われて小鳥遊宗太はワグナリアでアルバイトをすることになった。仕事をしない店長白藤杏子、男嫌いの伊波まひる、家出中の山田葵、普通を追い求める松本麻耶、人のことなら何でも知っている相馬博臣、帯刀している轟八千代、そしてヤンキー外見でヘタレな佐藤潤など個性的な同僚たちに囲まれて今日もワグナリアは営業する。

ザ・お仕事+日常系の平和漫画です。ってかギャグ漫画です。

4コマ形式で展開されていく『WORKING!!』はどの話もオチが付いているだけでなく、しっかりと話が繋がっていているのも特徴的。

かなりぶっ飛んでいても、しっかり読み応えのあるストーリーにきっとワクワクもドキドキもさせられるはず!

ギャグ満載の仕事系漫画は『WORKING!!』で決まり!

第191位 さよなら絶望先生 / 久米田康治

始まりの季節、春。希望に胸を膨らませた「何事もポジティブにしかとれない少女」風浦可符香は、桜の木で首をくくる「何事もネガティブにしかとれない男」糸色望と出会う。出会ってはいけない2人。実は、望は可符香の高校の新しい担任の先生だった。

望が受け持つ2のへ組は、望や可符香に負けず劣らず癖の強い問題な生徒ばかり。レトロ調の世界の中、些細なことで「絶望した!」と嘆く望と、へ組の生徒達が、日々騒動を巻き起こす。

1話完結型のハーレム風ギャグマンガです。

とにかく主人公が徹底的にネガティブすぎる。

が、それゆえに気付ける新鮮な考え方が盛りだくさんで面白い。

時事ネタもギッシリ詰まってるので、これから読む人には少しタイムラグが感じるかも。当時はかなり笑えた。

斜め下からの笑いにあなたは耐えられますか?



スポンサーリンク

第190位 デトロイト・メタル・シティ / 若杉公徳

主人公・根岸崇一はポップでオシャレな音楽を好む青年。大学進学に伴って上京してきた彼は、ポップミュージシャンとしてデビューするという夢を叶えるため、大学卒業後にレコード会社と契約する。

ところが、事務所から根岸がやらされることになったのは、彼の趣旨とは正反対のデスメタルであった。程なくして根岸は悪魔系デスメタル・バンド「デトロイト・メタル・シティ(通称DMC)」のギター・ボーカル「ヨハネ・クラウザーII世」に仕立て上げられ、デビューすることになってしまう。

メタルは嫌いな根岸だったが、いざステージに立ってみると秘められたメタルの才能を発揮し、瞬く間にバンドは大ブレイク。根岸自身の思いに反してクラウザーはカリスマと化し、DMCは(よくも悪くも)一躍世間の注目を集める人気バンドとなる。

音楽ネタ×ギャグ漫画。

ヘビメタが好きな友人から勧められた作品なのですが、「分かるわー」って思いながら笑って読んでました。

さすがに漫画のように異常な行動はしなかったけど、私もバンド活動を始めた頃は、「ありえない」ことに挑戦してました。

若いって凄いですよねw

本作は、「このマンガがすごい!2007」で1位を受賞して、映画化もされたので当時はかなり話題になった作品です。

第189位 咲-saki- / 小林立

created by Rinker
¥576
(2019/08/23 09:54:57時点 Amazon調べ-詳細)

全国高校生麻雀大会(インターハイ)優勝を目指す清澄高校麻雀部と、その新入部員である宮永咲の物語。金銭の絡むギャンブル特有の殺伐とした雰囲気が漂う従来の麻雀漫画とは一線を画し、麻雀が一種の知的スポーツとして認知され現実より一般大衆に浸透し、高校生・中学生の競技麻雀公式大会も行われる(作中ではインターハイの県大会団体戦決勝戦や全国大会がテレビ中継されている描写もある)世界観の中で物語が進む。

麻雀漫画の中でも可愛い女性キャラがたくさん出てくる作品。

可愛い女の子が出てくる萌え系の漫画かと思われがちですが、実はかなりの名作なんです。

まずね、物語が綿密に計算されていて極上のストーリーです。

ってか麻雀のルールが知らなくても充分に楽しめる。

王道少年マンガのような友情・努力・勝利を下地にしつつ、一方でそれぞれのキャラクターの感情表現に関しては少女マンガ的な手法も取り入れて感情移入を深めさせ、読者を強く引き込んでいきます。

それに心に残る名セリフや名シーンが多くあります。

もうね、麻雀漫画じゃなくても良かったんじゃないか?っていうぐらいに熱いんですよ!

青春を取り戻したい人は、試しに読んでみて。一気に引き込まれるよ。タイムスリップ!!

第188位 テラフォーマーズ / 作:貴家悠 画:橘賢一

西暦2599年、火星のゴキブリを駆除・清掃するために地球を発った宇宙船・バグズ2号の乗組員15名は、火星にて異常進化を遂げたゴキブリ「テラフォーマー」の襲撃に遭う。

艦長ドナテロ・K・デイヴス始め小町小吉ら乗組員達は「火星の厳しい環境下での任務遂行」の名目で受けさせられた「バグズ手術」によって昆虫人間へと変身し対抗を試みる。

が、数で勝るテラフォーマーの想像以上の力や、テラフォーマーの力を独占しようとする本多博士に唆された蛭間一郎達の思惑に翻弄され仲間を失っていく。遂に小吉と一郎の2名を残してメンバーは全滅するが、辛うじて2人は火星を脱出する。

キモ面白い!!

人類の敵がゴキブリですからね。もう、キモイ。

ゴキブリってそのままでもキモイけど、本作品の奴らは強い。

キモくて強いので手におえないっす。

そんで、ストーリー展開のスピードが容赦がない!!キャラがバンバン死ぬんだわ。

バトルシーンなんですけど、これは、なんか命をかけた試合って感じ

なんかね、正面からの殴り合いって分かりやすい。

リアルな戦いシーンが好きな人は面白いはず。

ただね、キモいんだわ~

第187位 ラブひな / 赤松健

浦島景太郎は幼い頃に女の子と交わした約束を果たそうと、東京大学の入学を目指す19歳。しかし、彼はすでに2浪の身。家を追い出され、祖母が経営する東京近郊の温泉旅館を頼るのだが、そこは彼の知る昔の姿とはまるで違っていた。唐突に「女子寮」の管理人となってしまった景太郎は、ドタバタに翻弄されながらも、東大入学、そして「約束」に近づこうと奮戦していく。

主人公が女子寮の管理人となってしまうといういわゆるハーレム漫画です。

羨ましいぞぉぉ~!!!

って思いながら読んでました、当時ね。

見どころは、個性豊かな美女だらけの「ひなた荘」での日常。

特にメインヒロインとなる成瀬川なるの可愛さは秀逸です。

全国模試トップの頭脳を持つ真面目な女の子ながら、正拳突きで景太郎をブッ飛ばすなどのギャップがたまりません。

景太郎と恋仲になってからは儚げな表情を見せたり、悩んだ末に身を引こうとしたりと女の子らしい一面も見せてくれます。

気軽に読めるドタバタラブコメディです。さぁ、恋しようぜ!

第186位 中華一番! / 小川悦司

created by Rinker
¥475
(2019/08/23 09:54:58時点 Amazon調べ-詳細)

舞台は中国。時代は清朝末期の動乱の最中にある19世紀。四川省の少年、劉昴星(リュウ・マオシン)が特級厨師(中国料理界の最高位)になるために広東省の広州にある陽泉酒家へ修行に赴き、それから様々な料理人と出逢い、成長していく。

料理漫画の王道と言える作品だと個人的に思ってます。

舞台は中国ですし、中華料理の知識とか、私はこれっぽっちも知りませんけど。

主人公が苦悩にぶつかりながらも、突き進んでいく、少年漫画の作風です。

テレビアニメ化もされたので、そちらを見たことがある人もいるかもしれませんが、原作は最後まで読んでもらうとしっかりと伏線の回収までされていて、感動シーンも多いんですよ。

この作品を読むと、私も調子に乗って中華鍋を振り回してみたくなりますが、あんな風に華麗なチャーハンは作れないorz



スポンサーリンク

第185位 め組の大吾 / 曽田正人

幼い頃に巻き込まれた火災で、消防士(のちの『めだかが浜出張所』所長)五味に助けられた朝比奈大吾は、いわゆる「不良」であった。学生時代、大吾は恩師・落合に幼き頃からの夢であった職が消防士であった事に気付かされ(大吾にとっての「スーパーマン」であった)、自らも消防士になる事を目指し、見事採用試験に合格。千国市消防学校での研修を経て、地元の千国市消防局めだかヶ浜出張所に配属される。

消防官の朝比奈 大吾(あさひな だいご)の活躍と成長を描いた漫画です。

ストーリー展開の熱さといい、主人公の大吾のすごさがびんびん伝わってくる上、読んでてかなりしびれます。

無駄なエピソードを入れてだらだらと続ける事もなく、それでいてボリュームはそこそこあり、最終話の締めもきちんとできたため、文句のつけどころのない作品です。

第184位 BE-BOP-HIGHSCHOOL / きうちかずひろ

舎弟・ノブオの仇である高木を追いかけ、悪名高き「白山寺」に辿り着いたトオルとヒロシ。だが、いつしか地元中学生と美女を巡るモメ事に……。そして、そんな二人の前に強力な敵・チャッピー江田が現れる。そしてピンチに陥った絶体絶命のヒロシとトオルに、追い討ちをかけるような悲劇が襲う――。ドジな一面もあるが、男気溢れる最強ヤンキー高校生・トオルとヒロシ。彼らが送る青春の日々を描いた作品だ。

いわゆるヤンキー漫画です。

雰囲気が80年代なので、ピンとこない人が多いかも。

ただ、風景や日常の描写がとてもリアルに丁寧に描かれています。

ストーリーは、暴力だけでなく、恋愛要素も入れつつ、友情も軸にしていて少し前の王道少年漫画といった感じ。

私自身はヤンキーの友人などは居なかったので、全然分かりませんが、学校の友達と一緒に放課後を過ごす気持ちは何となく通じるような感覚でした。

第183位  化物語 / 西尾維新・大暮維人

created by Rinker
¥637
(2019/08/23 14:25:15時点 Amazon調べ-詳細)

高校3年生の阿良々木暦は春休みにとんでもない『事件』に巻き込まれて以来、人とは少しだけ異なった部分があった。
『事件』を通じて親しくなったクラス委員長の羽川翼と共に文化祭の準備をしていた5月のある日、ひょんなことから2年間ろくに会話すらしたことがない病弱なクラスメイト戦場ヶ原ひたぎの秘密を知る。彼女には、およそ体重と呼べるものがほとんど無かったのである。暦は秘密を知った日の放課後、ひたぎから秘密をばらさないようにと猟奇的な脅しを受け、口許をホチキスで刺される。それにもめげずに彼女の問題解決に対する協力を申し出る。暦は事件の後遺症として他人よりも異常に傷の治りが早くなっており、ひたぎの負わせた傷もすっかり塞がっていた。ひたぎによると、2年前に1匹の不思議な蟹に出会い、重さを根こそぎ持っていかれたのだという。彼女の体重は平均的な体格にもかかわらず5kgしかなかった。

西尾維新の「物語」シリーズと言えば、超有名なのでご存知の人も多いかと思います。

好きな人にはめっちゃ面白い作品です。

「言葉」遊びを巧みに駆使された作品なので、少し頭を使いながら読むことになります。

謎解き的な要素も強いので、好みが分かれる作品です。

個人的には、「物語」シリーズは漫画よりもアニメの方が面白さが伝わるのでオススメです。

ちなみに私は羽川さんが大好きです♪

メガネ+猫耳+巨乳+黒髪ロングヘアーって最強ですね(ただのエロ好きじゃねーか)

第182位  シュート! / 大島司

物語の前年、1年生ばかりの掛川高校サッカー部は藤田東高校を破り、その中心選手で事実上監督も兼ねていた久保嘉晴はすでに伝説的な扱いを受けていた。

田仲俊彦は久保に憧れて掛川高校へと進学しサッカー部へ入部、時を同じくして遠藤一美はマネージャーとなる。

田仲とともに「掛西中トリオ」と呼ばれていた平松和広と白石健二も掛川高校へと進学していたが、それぞれの事情によりサッカー部には入部しなかった。

神谷篤司をはじめとする2年生は「1年生は夏のインターハイ予選に出さない」と宣告すると、不公平に感じた1年生は2年生に紅白戦を挑んだ。戦力差は明らかであったが、平松・白石の途中加入により2年生チーム1点リードの接線で終盤を迎える。

終了直前に掛西中トリオが必殺の「トリプルカウンターアタック」を仕掛けたが、神谷に防がれてそのまま試合を終えた。この結果により実力を認め、1年生の試合起用を約束する。

サッカー漫画と言えば、キャプテン翼よりも、私はシュート!こそが名作だと思います。

ってか、サッカー経験者なら、シュート!の中のエピソードやセリフなどに共感する部分が必ずあるはず!

あ、サッカーのルールとか知らなくても楽しめる作品なのでご安心を!

私もサッカーやったことなかった小学校時代に読んでハマったから。

ちょっとネタバレになりますが、登場キャラクターのある人が死んでしまいます。

もうね、そのシーンがね、号泣もんなんです!!

大人になってから、友人とこの作品の話をしたら、「あのシーンで泣かないやつは人間じゃねーよ」って言ってたレベルです。

ってか、泣ける漫画なので、読むときにはティッシュを忘れずに!

第181位 とっても!ラッキーマン / ガモウひろし

埼玉県越谷市蒲生に住む日本一ついてない中学生の追手内洋一はある日、宇宙人のUFOの下敷きになり死んでしまう。しかしヒーローのラッキーマンと合体し、生き返った洋一はラッキーマンに変身して、日本や地球、更には宇宙の平和を悪の侵略者からラッキー(幸運)だけで守っていく。

ギャグマンガ史上で、名作中の名作だと言える作品。

え?名作ならなんで181位なんだよって?

いや、上位陣がホントに神作品ばかりで競争率が激しすぎるんだわ。。。

ギャグ漫画好きな人、ごめんな。

この作品は、前半は1話完結のギャグ漫画なんですけど、中盤から後半にかけて長編シーズンに入り込んでいくのですが、登場人物同士の心の駆け引きが面白すぎるんです。

ってか、作者のガモウひろしさんの凄さは、ストーリーの展開が神がかってると言われてます。

あの超有名作品のデス・ノートのストーリーは、ガモウひろしさんが書いたとの噂もあります。

外見はギャグ漫画だけど、伏線の回収から、ラストへ向かう怒涛の展開から目が離せない作品です。

読み始めたら、時間を忘れてしまうから気を付けてくださいね。



スポンサーリンク

第180位 NINKU -忍空- /桐山光侍

忍空組の活躍により戦乱の世も治まったかに見えたEDO暦3年、風助は旅の中で忍空組の残党が悪事を働いているのを目にする。

そんな折、共に忍空を修行した橙次が残党の過激派に囚われたとの報に接する。彼らは「忍空狼」と名乗り、1人1人が隊長顔負けの実力を持つ刺客を干支忍達に放っていた。かくして干支忍と忍空狼による忍空戦争が勃発した。

この作品を知ったキッカケは、アニメでした。

幽遊白書の後番組として1年ぐらい放送されてました。

正直、キャラのデザインがそこまでかっこよくないので、最初は惰性で見てました。。。(幽遊白書ロスですね)

けど、なんかアニメも中盤以降になっていくと、ストーリーがかなりシリアス展開になって、主人公たちがめっちゃかっこよく見えるようになっていくんです。

が・・・。アニメでは、わずか1年で放送終了になってしまったので、続きが気になる!!

と思いまして、原作を読みました。

忍者漫画としてはNARUTOが有名だけど、それの元祖とも言える作品です。

アクションシーンはもちろんですが、主人公たちのバックボーンなどが結構シリアルで引き込まれる。

あと、何気に名セリフが多い!

ジャンプ作品の中でも、この作品を知ってる人は少ないけど、隠れた名作と言えるのでオススメ。

第179位 電影少女 /桂正和

舞台は武蔵野に位置する東京都三鷹市。冴えないが気持ちの優しい高校生弄内洋太は同級生の美少女早川もえみに密かな恋心を抱いていた。

しかし彼女は洋太の親友新舞貴志に憧れ、洋太の恋の行方は雨模様。そんな彼の前にあらわれた不思議なビデオショップ GOKURAKU は、ビデオガール天野あいとの出会いをもたらした。

あいと洋太は互いに心惹かれるようになるも、ビデオガールには恋愛禁止の掟が課されており、2人の仲は一度引き裂かれる。その後、洋太は後輩の仁崎伸子と付き合うが、あいやもえみへの想いに悩まされる。

私の大好きな作家の1人である桂正和先生の代表作です。

桂先生と言えば、女の尻を描かせたら日本一と言われてるぐらいリアルな描写で有名ですからね。

当時、桂先生の漫画をジャンプで読んでたら「エロ本」読んでるような感覚でドキドキしながら読んだのを覚えてます。

そのぐらい、リアルなんです。

今、読めば、そこまで過激なエロではないと思いますが、それでもギリギリのラインの演出が多くて、ジャンプ史上の「エロ」路線の先駆者と言える作品。

ビデオをレンタルするっていう当時は当たり前だったサービスも今の若い子には理解できないかも。

時代は変わったもので、パソコン1つで好きなときに好きな動画が見れるんですからね。

ビデオを使ったことのある世代なら絶対ハマると思います。

あ、内容は恋愛ものなので、胸キュンしたいならオススメ。泣けるけどね

第178位  あねどきっ / 河下水希

中学1年生の少年・落合洸太は、どこにでもいるような平凡な中学生。ある日、父親が長期出張に出ることとなり、一人暮らしを余儀なくされる羽目になる。そんな時、萩原なつきと名乗る見知らぬ美少女が現れ、いきなり押し掛けて強引に住み込むことになる。洸太はなつきを迷惑に思いながらも、無防備ななつきの色香にドギマギする日々を送る。

河下先生の女の子キャラはホント神だな。

ヒロインの女子高生が「エロ」すぎます。

これ、少年漫画で掲載してたんだぜ?当時から、この作品を読むときは家でひっそりと読んで楽しんでたw

全部で3巻なんでサラっと読める。

 

第177位  めだかボックス / 暁月あきら  西尾維新

文武両道・容姿端麗・質実剛健・才色兼備・有言実行……の完璧超人である箱庭学園の1年生、黒神めだか。彼女は入学したてでありながらも、生徒会長選挙で大言壮語を放った結果、98%の支持率を得て箱庭学園第98代生徒会長となる。

選挙戦での公約通り「目安箱」を設置し、その投書に書かれた案件を幼馴染の人吉善吉と共に解決していく。学園内で生徒たちのトラブルを解決していくにつれて次第に好評を博した目安箱は、いつしか「めだかボックス」と呼ばれるようになる。

最初は2人だけだった生徒会も、案件を解決していくうちに、柔道界のプリンス:阿久根高貴、競泳部の守銭奴・喜界島もがなといった個性豊かなメンバーが揃う。

当時、読んでた頃は西尾維新先生のことを全然知らなくて、後の「化物語」の作者だったと知って驚きましたw

学園ものの作品ですが、いわゆる超能力を駆使してバトル漫画に展開していくお決まりの流れです。

が、当時は流行しだした「主人公が最強キャラ」っていう設定が斬新でした。

又、漫画というよりも小説?と思えるぐらいに、心理戦などのセリフが長い!多い!

それにキャラが個性的すぎるキャラばかりなので、読んでいて全く飽きないです。

第176位  べるぜバブ / 田村隆平

created by Rinker
¥432
(2019/08/23 12:08:54時点 Amazon調べ-詳細)

2008年4月、「天下の不良高校」と言われる石矢魔高校の中でも凶悪無比な強さから「アバレオーガ」と恐れられる男子高校生・男鹿辰巳は、ある日喧嘩の最中に川でおっさんが流れてきておっさんを割ると、中から赤ん坊が出てきてその赤ん坊を拾う。

しかし実はその赤ん坊は、普通の子ではなく人類を滅ぼすために魔界から送り込まれた大魔王の息子・カイゼル・デ・エンペラーナ・ベルゼバブ4世(通称ベル坊)だった。ベル坊にすっかり気に入られてしまった男鹿はベル坊の侍女悪魔・ヒルダの監督の下、不本意ながらも魔王の親となり子育てをすることになる。

はじめはベル坊を誰かに押し付けようとする男鹿だったが、次第にベル坊の親としての自覚と絆を強めていく。

バトル漫画×コメディ要素の作品です。

アニメ化もされた人気作品なんですけど、何故か、私の周りで知ってる人少ないんですよね・・・。なぜ?

テーマとしては、ヤンキー×魔王の赤ちゃん×青春っていう、まぁ、バトル漫画なんだなーっていうストーリーです。

女性キャラが可愛いキャラばかりなので、ヤンキー感を中和されてますね。



スポンサーリンク

第175位  トリコ / 島袋光年

created by Rinker
¥432
(2019/08/23 09:55:00時点 Amazon調べ-詳細)

世は「美食」が世界的流行となっている「グルメ時代」。

世界中に未知の食材が溢れ、一つの食材に億単位の大金が動くことも珍しくない。国際グルメ機関IGOを通し、ホテルグルメの若き料理長・小松は、未開の味を探求し、自分の「人生のフルコース」の完成を夢とする美食屋・トリコにガララワニの捕獲を依頼する。トリコの狩りに同行した小松はその姿に感動し、以降はトリコとその仲間、美食屋四天王の狩りに同伴することに。

しかし、そんな彼らに危険な秘境に生息する凶暴な猛獣や世界中の食材の独占を狙いIGOと対立する組織・美食會が襲い掛かり、目的の食材を巡って激しい戦いが繰り広げられる。

IGO会長一龍は、グルメ界に眠る伝説の食材GODをはじめとする美食神アカシアのフルコースの目覚めが近づき、GODの奪い合いで起こる戦争を阻止するべく、トリコにグルメ界の過酷な環境に適応する修行として七つの食材の捕獲を依頼。

トリコは四天王、小松達と共にこれらの食材を捕獲し、グルメ界に適応する実力をつけていく。

「食」をテーマにしたバトル漫画って今までなかったよね。

主人公が、まぁ強いんだけど、それ以上に敵キャラが強すぎるんですよね。

結構な頻度で、主人公が死にかけてます。

ストーリー的にはシリアスシーンだけでなく、コミカル要素も多く、美味しそうな食べ物が出てくるシーンなんか幸せそのもの。

ちなみに単行本は、売上累計2,000万部を達成していて、第2回マンガ大賞ノミネートしてる。

主人公は「ハンター」だけど、同じ「ハンター作品」である「ハンター×ハンター」とはだいぶ毛色が違う。

世紀末リーダー伝たけしのキャラがモブキャラとして登場してるのも、ファンとしては楽しめた。

第174位  初恋限定。 / 河下水希

雪ノ下中学の二年生、有原あゆみは、男の子から愛の告白をされることを夢見ていた。
その願いはある日、最悪の形で叶うことになった。野獣のような風貌の高校生・財津操から告白されてしまったのだ。操が恐ろしくてなかなか交際を断る勇気を持てないあゆみ。そんな中彼女は、毎日操につきまとわれて疲労困憊する姿を心配してくれた、同級生の財津衛を好きになる。
だがどんな運命のいたずらか、衛はあの操の弟だったのだ…。

河下先生の作品の女の子って理想の女の子ばかりなんですよね。

本作品は、様々なタイプの女の子たちが主人公となって入れ替わるストーリーになってます。

色々な初恋をコミカルに描かれてます。

あー、私もこんな可愛い女の子たちと学生生活を送りたかったなぁ~!!

可愛い女の子で癒されたい人は、ひとまず読んでおけば間違いない。

第173位  ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 / 西義之

本来なら現世にいるべきではない死霊が跋扈し人を害する事件が度々起こる現代の日本。この世界には、魔法律協会と呼ばれる魔法律によって霊の犯罪を裁きあの世へ送るために作られた新設の機関が存在している。

物語は、六氷魔法律事務所を主な舞台に魔法律を使いこなす天才少年ムヒョと凡庸な助手ロージーの二人の魔法律家の活躍を主軸に展開してゆく。

探偵もの+幽霊っていうハイブリッド作品です。

基本的な本作の流れは、依頼人がやってくる→内容を聞く→現場検証→ムヒョとロージーの介入によって解決する、といったいわゆる「シャーロックホームズ」形式の1話完結型のストーリーです。

幽霊や死者がテーマになってるので、ホラー要素が強いので苦手な人は苦手かも。

ただ、作品全体を通して、ポジティブな雰囲気で綺麗にまとまってます、

第172位  プリティフェイス / 叶恭弘

高校生の乱堂政は空手の北海道大会で優勝した帰りのバスで事故に遭い、意識を失う。その一年後、とある病院で目を覚ました乱堂が鏡を覗くと、そこに映っていたのは乱堂が密かに思いを寄せていた少女・栗見理奈そっくりの顔であった。

男性が女性化してしまうというネタの走り的な作品です。

パンチラ・お色気・下ネタシーンが多いです。ドキドキして読んでたなー

全部で6巻なので読みやすい。

ってか、この頃のジャンプは「女の子」をテーマにした作品が多かった時代だったな。

少年ジャンプだから、男性が読むんだけど、少女漫画のようなタッチの作品が多くて、電車で読んでると「お色気シーン」が突如、登場するから周囲の大人の目が気になってしまったという経験があります。私だけ?

第171位  Romancers / 浅美裕子

中学生の汀宝良は、言葉を操る「ロマンサー」という特殊な能力を持ち、その能力で「請負い屋」として警察が手に負えない事件を解決する。

浅美裕子先生が個人的に好きな作家です。

絵のタッチが凄く綺麗で丁寧に描かれているので、少年漫画とは思えない繊細な作品でした。

内容的には、超能力ものですが、「言葉」をテーマにしてるのと、セリフも意味深なセリフが多いので、小説を読んでるような感覚でした。



スポンサーリンク

おすすめの面白い漫画ランキング170位~141位

まだまだ前半戦。

既にご存知の作品もちらほらと出てきてますでしょうか?

美堂
美堂
結構、有名な作品も既に登場してますけど、これで下位ランキングって・・・。
ペル
ペル
今回のベスト200は、ノミネートされた500のタイトルの中から厳選されたラインナップだから、上位はホントに凄い作品ばかりニャ!

第170位  魔人探偵脳噛ネウロ / 松井優征

謎を食糧とする突然変異種の魔人脳噛ネウロ。魔界の「謎」全てを喰らい尽くしてしまったネウロは、自らの脳髄の空腹を満たせる「究極の謎」を求め、人間界へと赴く。

人間界へと降り立ったネウロが最初に見つけた謎は、女子高生桂木弥子の父親・桂木誠一が殺された事件。警察の捜査が難航する中、ネウロは弥子に接触し自らの協力者(奴隷人形)として探偵を演じることを強要する。魔人の力をもって脅迫され、弥子は嫌々ながらもそれを引き受ける。前菜として近場の喫茶店で起きた事件を『魔界777ツ能力(どうぐ)』を駆使して解決し、そして桂木家の謎もあっさりと解いてしまう。

こうして真相を知り日常を取り戻した弥子だが、その後もネウロの隠れ蓑として女子高校生探偵の名を掲げさせられ「謎」を探す羽目になる。ネウロと共に行動していき、多くの事件に触れていくうちに次第に「謎」に満ちた奇妙な日常に慣れ、そして「ひとりきり」の歌姫アヤ・エイジアや、世界中を震撼させる凶悪犯罪者怪盗“X”など数多くの犯罪者と接していく中で、弥子の中に犯人の心理の奥底にある想いを理解しようとする感覚が芽生えていく。

推理×悪魔という組み合わせの作品です。

推理と言いつつも、ドラえもんの秘密道具みたいな特殊道具がたくさん出てきて主人公が最強です。

ギャグ的要素も強くて、主人公(ヒロイン)がコミカルに死にかけたりするシーンもあって笑えるシーンも多い。

テーマ自体が「殺人事件」をテーマにすることが多いので、コメディ要素を入れてテンポ良く進んでいくので気楽に楽しめます。

第169位  ピンポン / 松本大洋

ペコとスマイルは、片瀬高校卓球部に所属する幼馴染。ペコは卓球が強いが自分の才能に自惚れているところがあり、先輩に対しても挑発的である。スマイルは、決して笑わないことからペコが「スマイル」と渾名した。内気で無口だが卓球は強い。

2人は中国人留学生を迎えたと噂になっている辻堂学園高校卓球部の偵察に出かけ、留学生のチャイナと対面する。チャイナと試合をしたペコは1点も獲れずに敗北する。

そのころ片瀬高に、髪も眉毛も剃りあげたスキンヘッドの高校生がスマイルを偵察するため参上する。ドラゴンと呼ばれる海王学園高校卓球部の風間竜一である。片瀬高卓球部顧問の小泉丈(バタフライジョー)にドラゴンは、絶対にインターハイで優勝すると宣言する。

そしてインターハイが開幕した。

青春×スポ魂×ヒーローっていう王道の作品。

映画化もされたので、そちらのイメージが強い人も多いはず。

原作者の松本大洋先生は「花男」「鉄コン筋クリート」を書かれた人です。

松本先生の絵って独特なタッチからくる迫力とリアリティがあります。

最初、私もこの作品を読み始めた頃は、ちょっと見にくいかもって思ってた。

けど実際に読んでみると、どんどん面白くなってくるし、なんか独特の絵のタッチもクセになってるっていうね。

ちなみに私は学生時代に卓球部だったけど、今みたいに人気スポーツになる前だったので、ダサい青春を送ってたよw

第168位  聖おにいさん / 中村光

目覚めた人ブッダ、神の子イエス。世紀末を無事に越えた二人は、東京・立川でアパートをシェアし、下界でバカンスを過ごしていた。近所のおばあちゃんのように、細かいお金を気にするブッダ。衝動買いが多いイエス。そんな“最聖”コンビの立川デイズ。

設定が神です。マジで。

神様が東京の立川を過ごすって、どんな発想だよ!!

ザ・ギャグ漫画なんだけど、読んでると平和すぎてホっとする作品。

キャラクターがみんな個性的なのは勿論ですが、意外と勉強になる小ネタも満載です。

歴史上の人物や事件など、教科書で読むよりも「聖おにいさん」で読んだことある!ってよく言ってたw

気楽に読める作品。けど安定感は抜群!!

第167位  All You Need Is Kill / 桜坂洋・小畑健

created by Rinker
¥460
(2019/08/23 09:55:02時点 Amazon調べ-詳細)

舞台は、異星人が地球に送りこんだ「ギタイ」と呼ばれる敵に襲撃を受ける地球。かに座ι星方向の40光年先にある異星人の星から惑星改造(テラフォーミング)のため、無人の土木作業用ナノマシンとして送り込まれたギタイは、棘皮動物に取り込まれることによって人類を脅かす怪物へと進化し、人類を惑星改造の障害と認識して世界各国に侵攻を行っていた。人類は「機動ジャケット」と呼ばれるパワードスーツを投入し、ギタイとの劣勢な戦いを続けていた。

主人公キリヤ・ケイジは、ギタイと戦う統合防疫軍に初年兵として入隊するが、初出撃で絶望的な戦場へと送り込まれ、そこで圧倒的な戦闘力を持っている若き少女兵士リタ・ヴラタスキの援護を受ける。キリヤは瀕死の重傷を負うものの最後の力を振り絞り、リタたちUS部隊が「サーバ・アルファ」と呼ぶアンテナ付きのギタイと相打ちになって死亡する。しかしなぜか意識を取り戻し「出撃前日の朝に戻っている」という怪現象に見舞われ、それが幾度も繰り返されることになる。ループする間、他の人間はループを認識できずに同じような行動を繰り返す一方、ギタイたちはキリヤをつけ狙うかのように行動を少しずつ変えながらキリヤを殺し続け、それは戦場に行かず逃亡しても逃れることができない。しかし生と死を繰り返す中、「記憶だけが蓄積される」ことが自分を成長させることを知ったキリヤは、ギタイを倒すために、その能力を活かして経験を積み重ねる。

タイムリープをテーマにしたSF漫画です。

タイムリープものの走りの代表作と言ってもいいぐらいの名作。

原作はライトノベルだったけど、漫画家されて、その後はハリウッドで映画化までされた。

まぁ、いわゆる「死に戻り」がテーマなんだけど、今作の魅力は何と言っても、キャラクターの成長過程がリアルすぎるんですよ。

バトル漫画とひとくくりにできない、主人公の心の葛藤や心理的描写がリアルすぎるんで、読んでて「俺も、同じこと言うと思う。。。」って呟いてたもん。

絵も丁寧に描かれていて読みやすい。

第166位  ワンパンマン / 村田雄介

created by Rinker
¥432
(2019/08/23 09:55:03時点 Amazon調べ-詳細)

物語開始から三年前、就職活動に行き詰る青年・サイタマは、ある日街で暴れていた怪人から顎の割れた少年を救う。その際、「ヒーローになりたい」という幼き日の夢を思い出し、就活をやめてヒーローになることを決意。頭髪全てを失うほど懸命なトレーニングを3年間行った結果、どんな敵でも一撃で倒せる最強の力を手に入れる。
しかし、いつも一撃で決着が付いてしまうことから、次第に戦いに対する緊張感などを喪失し、ヒーローになった現在でも無気力な日々を送っていた。

実はこの作品名を聞いてからしばらくは、ギャグマンガかと思ってた。

けど、読んでみたら、バリバリのバトル漫画だったので面白くて一気に読んでしまいましたw

何と言っても、ヒーローものってストーリーが単純で良いよね。

この作品は、その最強版なので、まず主人公が最強っていう設定ね。

主人公の成長とかそんなのはない。

この作品の魅力は、人間臭いヒーローってところだと思う。

ヒーローってさ、「正義感」とか「追い詰められたから」とか「宿命」だからって設定が多いけど、この主人公は「悪を倒したいから倒しているだけ」っていうね。

「趣味」でヒーローやるって凄いよ

けど、現実の世界だと、こんな感覚がリアルすぎるし共感できる。

読んでてたまに心配しちゃうのが、敵キャラの方っていうのも斬新。

「あ、そんなこと言ったら、主人公にやられちゃう!!危ない!!」

って感想を持つ作品なんて他にないよねw



スポンサーリンク

第165位  魔法陣グルグル / 村田雄介

ジェムジャム大陸にある小さな村、ジミナ村。ある日、この村に「勇者募集!!魔王を倒した者に金5万R(リン)を与え、コーダイ国の王子とする」と書かれた立て札が立つ。勇者マニアのバドがこれを見つけ、勇者になるように育ててきた息子ニケを今こそと無理やり旅立たせる。

このジミナ村では旅立つときに魔法オババのもとに寄らなければいけないという決まりがある。その決まりに則り、ニケはオババの家に寄ることになった。そこでミグミグ族という種族だけが使える「グルグル」という魔法を使う魔法使い、ククリと出会い、一緒に旅立つように命ぜられる。そして国王に勇者として認められたニケは、世界征服をねらう魔王ギリ打倒の旅にククリと共に出る。

ギャグファンタジーというジャンルを確立した作品。

ファンからしたら、ギャグマンガとしては1位にしてもおかしくないぐらい面白い作品です。

もうね、ククリが可愛いすぎるんだわ

ストーリーは「魔王」を倒す旅に出るっていう、どこかのRPGゲームそのまんまの展開なんだけど、何と言っても緩い旅なんですよね。。

世界が滅亡?

って雰囲気が全くない、この世界はギャグで溢れてる平和な世の中です。

あと、大地に絵を描いて魔法を召喚するっていう設定は、私が小学校の頃にはやりまくって、皆で校庭全体に傘で大きな絵を描いてたわw

第164位  ダンス・ダンス・ダンスール / ジョージ朝倉

『ダンス・ダンス・ダンスール』の主人公は、男子中学生の村尾潤平。潤平は、幼いころに見た男性バレエダンサーの演技に魅了されるも、父の急逝により“男らしくない”バレエの道を断念しました。

アクション映画監督だった父の意を汲み、男らしさを手に入れるため格闘技・ジークンドーの道場に通っていた潤平。その一方で、バレエへの想いを完全には断ち切れない日々を過ごしていました。そんな彼の前に現れたのが、美少女転校生である五代都です。

都は、教室で男子バレエの大技「バレエ540(カジョール・リヴァルタット)」を見せた潤平を見て、潤平がバレエに興味があることを察します。そこで、都の母が営むバレエスタジオにスカウトするのですが……。

男子中学生×バレエっていう異色のコラボ。

何て言ったって、熱いんですよ!!

バレエって女の子がやるものと思ってたので、正直、「女っぽいな」って思ってました(ごめんなさい!)

けどね、この作品はその「男らしさ」について主人公がめっちゃ苦悩してます。

その描写がね、泣けるんだわー

スポ根マンガではなく、ジェンダーについて考えさせられる名作です。

最近だと、小学生でもダンスの授業があるんですよね?

ダンスできる男子ってかっこいいですよね。

私、運動神経悪いんで羨ましいっす。

第163位  深夜のダメ恋図鑑 / 尾崎衣良

「浮気なんて男の本能みたいなもんだろ」「ウチの母親に料理教えてもらえよ」「キミの中にかけ込み乗車だ☆」…深夜、3人の乙女たちにより繰り広げられるダメンズ談義。「こんな男いるいる」と思わずにはいられないダメンズ話を持ちより、痛快なまでにブッタ切る!!爆笑必至、リアルな恋愛ネタ満載のエッセイです!

いわゆる「ダメンズ」ものの漫画です。

一話完結のオムニバス形式なので読みやすい。

私は女性ではないので、完全に理解できないけど、読んだ後のスカっとした感覚が気持ちいいです。

主人公たちが言いたいことを言い放ってくれて、そのセリフ回しが絶妙です。

大人の女性なら、一度はこんなダメ男と遭遇したことがあるはず!

ストレス発散になるビタミン剤的な漫画です。

第162位  凪のお暇 / コナリミサト

created by Rinker
¥734
(2019/08/23 14:25:19時点 Amazon調べ-詳細)

大島凪(おおしま なぎ)は、東京の三軒茶屋に住む28歳のOL。

名前の通り、空気を読むのをモットーにしている。

会社では波風を立てないように、いつも「空気読んでこ」と心の中でつぶやいている。

そのため、同僚たちに仕事を押し付けられたり、尻拭いをさせられたり、いいように使われてしまう。

そんな凪の趣味は節約をすること。

こまめに電源を消したり、シャワーヘッドを変えたりして、電気代や水道料金が下がるとこの上なく嬉しい。

そんな凪にも、同僚たちに内緒にしているカードがある。

それは、営業部のエース・我聞慎二(がもんしんじ)と付き合っていること。

しかし、凪は慎二が営業部の同僚たちと彼女の話しているのを聞いてしまう。

慎二は「ケチ臭い女は生理的に無理」など凪の人格を全否定!

それを聞いても、いつものように「空気読んでこ」と愛想笑いする凪。

ところが過呼吸に陥り、動けなくなってしまう。

28歳にして「空気は吸うものだ」と知った凪。

すぐに会社を辞め、郊外の6畳一間のボロアパートに引っ越した。

家具やら家電やら断捨離し、部屋は殺風景。

でも、一人すいとんを食べながら、空気のおいしさを味わうのだった。

  • 自分の意見を主張しないことが多い
  • 他人に頼まれるとNOと言えない
  • いつも周りの空気を読んでしまう

上記の内、あなたはいくつ当てはまりますか?

もし1つでも当てはまるなら、是非、この作品を読んでもらいたいです。

なぜなら、主人公が「空気を読みすぎて」自己主張ができなくなってしまい、すべてをリセットして自分を変えようともがく様子をリアルに描かれているから。

等身大の主人公を描くのって難しいと思うんだけど、この作品の主人公の凪はまさに自然体です。

私も読んでいて、「分かる!!」って感覚に何度もなりました。

社会に出て、心に傷を負った人なら絶対に一度は読むべき。

第161位  セトウツミ / 此元和津也

学校帰りの放課後、お決まりの川べりで高校2年生の内海想と瀬戸小吉は、たわいもない会話をしながら今日も過ごします。

性格の異なる内海と瀬戸だが、くだらない言葉遊びで盛り上がったり、瀬戸が片思いする樫村へ送るメールで悩んだり、時には深い話も語り合ったりします。

内海と瀬戸の2人の会話には、全く中身がなく、だらだらと話をするだけなのです。

そこに、ヤンキーの先輩鳴山が通りかかったり、大道芸人のバルーンアーティストとも、少しばかりの会話をすることもありますが、特に大きな事件は起こりません。

まったりと流れる時間だけが、そこにあり移り行く季節と共に、瀬戸と内海の無意味な会話は止まりません。

高校生が川べりでずーっと喋ってるだけの作品です。

いやいやいや!!

つまらなさそう・・・。って思うでしょ?

騙されたと思って、1話だけでも読んでみて。爆笑するから。

2人の高校生の話題はホントにくだらないネタなんだけど、会話のテンポが絶妙だし、笑えるんです。

日常系の笑える漫画って他にもたくさんあるんだけど、この作品が名作と言える理由は最終回なんだよ。

読者全員が騙された!!って思う、まさかの展開で、涙なしに読めない最終回だから。



スポンサーリンク

第160位  大家さんと僕 / 矢部太郎

created by Rinker
¥1,680
(2019/08/23 14:25:19時点 Amazon調べ-詳細)

矢部さんは都内の木造1軒家に住んでいます。

と、言っても、赤の他人のお家です♪

80歳のおばあちゃんが、旦那さんを亡くし

寂しい1人暮らしを何とかしよう!!

と、使わない2世帯住宅の2階を借家にしたところ、

矢部さんが住むようになります。

同じ家に住むからこそ、他人でも他人じゃない!?

そんな微妙な距離感と、48歳の年の差カップルのような・・・。

帰ってくると、2人でお茶会♪手を繋いでお買い物など♪

伊勢丹好きな大家さんから頼まれた買い物・・・。

雨の日、家に帰ると洗濯物が・・・(;”∀”)

漫画っていうか、カラテカの矢部さんのエッセイなんですけど。

ただ、読んだ後に「優しいキモチ」を思い出させてくれる素敵な作品だったので、あえてランキングに入れさせて頂きました。

実は、この作品を読むまではカラテカの矢部さんのことをほとんど知りませんでした。(カラテカのどっちだっけ?ってレベルでした)

作品の内容としては、映画の「ALWAYS 三丁目の夕日」みたいな雰囲気です。

この作品は大ヒットしたので有名ですが、ヒットした要因が、「みんななんだかんだ言って平和や優しさを求めてる」からなんだと思います。

心が温かくなる作品です。

第159位  ニセコイ / 古味直志

created by Rinker
¥432
(2019/08/23 14:25:20時点 Amazon調べ-詳細)

10年前、一条楽は一人の少女と出会う。短い時間だったが、2人の間には幼いながらも愛情が芽生えていた。

そして少女との別れの時、彼女は「ザクシャ イン ラブ Zawsze in love」(愛を永遠に)の言葉と共に楽に錠を渡し、「いつか私達が大きくなって再会したらこの『鍵』でその中の物を取り出すから、そしたら──結婚しよう」と約束する。

錠が開かないまま時が過ぎて10年後、高校生になった楽は転校生の少女・桐崎千棘と出会う。

最悪な出会いの後、親のいいつけで「千棘と3年間、偽の恋人同士になってもらう」ことになり、驚愕する楽。こうして2人の「ニセコイ」生活が始まった。

しかし千棘との付き合いの中で「もしかしたら、彼女が『約束の女の子』なのでは?」と感じるようになるのだが、楽のクラスメート・小野寺小咲もかつて知り合った少年との間に「約束の鍵」を持っており、彼女にとっての「約束の男の子=楽」かもしれないと感じるようになる。

途中からは、鍵を持つ三人目の少女・橘万里花が、さらにこれまでの三人と同じく鍵を持つ、楽の幼なじみ・奏倉羽も登場する。

さらに2年生に進級すると、小咲の妹である春、誠士郎の旧友ポーラなどが加わる。

王道のラブコメです。

ラブコメは、ベタなのが良いんだよね。

ニセコイは名セリフも多い。

  • 「初デートで女怒らせて帰らすのも、男がすたるしな」
  • 「仕方ねぇんだよ。人間、好きになっちまったもんは」
  • 「女の為に体を張んのに、理由なんていらねぇだろ、男なら」

これ、現実には口に出せないけど、男子なら絶対「心の中」で言ってるセリフのはず。

ニセコイの特徴は、男性向けのラブコメっていうのもポイントです。

女子キャラも「男性の理想」を具現化したような個性的なキャラクターばかりなので読んでいて飽きない。

女子なら、男子の気持ちを知るのにもってこいの1冊です。

第158位  とんがり帽子のアトリエ / 白浜鴎

小さな村の少女・ココは、昔から魔法使いにあこがれを抱いていた。だが、 生まれた時から魔法を使えない人は魔法使いになることはできず、ココは諦めて母の仕事である仕立てを手伝っていた。

ある日客として仕立て屋にやって来た魔法使いのキーフリーが成り行きから羽根馬車の魔法をかけ直すことになり、ココは誰もかけるところを見ないように見張りを命じられる。しかしココは窓から中に入ってキーフリーが魔法陣を書いているところを見てしまい、昔祭りで買った「魔法の絵本」が魔法をかけるために必要な魔法陣を書くお手本で、その時に貰った「おまけのペン」がその魔法陣を書くためのものだと気づいた。

その夜、魔法の絵本の魔法陣を書き写して禁術である魔法を発生させていたとき、キーフリーが現れて魔法からココを離れさせ、家ごと魔法で石になってしまった母を助けるため知らざる人であるココの記憶を消去せず、弟子にした。

魔墨を買いに行った時、ココに魔法の絵本を売ったつばあり帽を見かけ、追いかけた先で危機に陥るがテティア、リチェ、アガットと協力し、ことなきを得る。

2017年の漫画好き達を唸らせた名作です。

当時は、「ハリポタ」を越えた魔法使いの作品だと言われていました。

本作の魅力は何と言っても、美しすぎる画力です。

こんな精密な絵の漫画はかつて読んだことがないと唸ったのを覚えてます。

しかも絵とマッチするように、魔法やドラゴンなどのファンタジーが幻想的に立体的に描かれている上に、情緒と現実感とのバランスが絶妙な作品です。

男性・女性だけでなく、幅広い層に受け入れられる作品です。

第157位  死役所 / あずみきし

此岸と彼岸の境界に存在する、市役所ならぬ「死役所」。

ここには、自殺、他殺、病死、事故死、寿命、死産までありとあらゆる人が訪れ、死後に自分の死の手続きをする場所である。

死役所職員は全員同じ理由で死亡しており、何故死後職員として働くことになったのか、そもそも死役所の存在理由とは…死役所を訪れる人や職員が死んでなお「自分の人生はなんだったのか」と考えている物語である。

「死んだ後の世界」ネタの作品。

スカイハイっていう作品が有名なんだけど、個人的には死役所の方が面白かった。

絵のタッチも爽やかに描かれていて、妙なリアル感もある。

作品の中のエピソードで出てくる『自殺申請書』など書類の記入・提出、融通の利かなさなどの様子

まさに『お役所…っ!』な感じのお役所あるあるも楽しめます。笑

1~3話で1つのエピソードが完結するので読みやすい。

第156位  ゴールデンゴールド / 堀尾省太

瀬戸内海の孤島「寧島」に住む少女・早坂琉花は及川への片思いに憂鬱な思いを抱きながらも、平凡な日常を過ごしていた。

ある日、琉花は海辺で謎の置物を拾う。置物を山中の祠に祀り祈りを捧げたところ、置物は動き出し意思ある生命体のように振る舞い始めた。それと同時に琉花の祖母が営む民宿や雑貨店が繁盛し始め、置物は「フクノカミ(福の神)」名付けられた。

しかしどこか禍々しく、怪しい動きで島民たちを操り始める「フクノカミ」を琉花たちは信用することが出来ない。そして、流花の不安通り、次々と異変が起こり始める。

「刻刻」という作品で人気になった堀尾省太先生の作品です。

人間の「願い」と「欲望」に焦点をあて、登場人物たちが徐々に変貌していくさまが描かれています。

本作の魅力は何と言っても、不気味さです。

モヤモヤっとした気持ちを解消したくて、ついページを捲る手が止まりません。

独特の世界観があるので、病みつきになる面白さです。

不思議です。。。



スポンサーリンク

第155位 ろくでなしブルース / 森田まさのり

created by Rinker
¥432
(2019/08/23 19:24:13時点 Amazon調べ-詳細)

主人公の前田太尊は、吉祥寺にある帝拳高校に入学する。

しかし、その入学式で「女子生徒の制服が気にくわない」という理由で大暴れをし、教師を殴って停学処分となる。

そんな太尊であったが、ある日ボクシング部と応援団の争いに巻き込まれることになる。

太尊はその圧倒的な喧嘩の強さと硬派な性格で争いを解決し、それを耳にした多くの不良たちが太尊を慕ってその下に付くことに。

それからも太尊を倒そうとたくさんの不良たちが喧嘩を売ってくるが、太尊はその全てを逆に撃退し、ついには帝拳高校のナンバー1となる。

ヤンキー漫画かと思ってたら、総合格闘技の漫画でした。

登場するキャラクターがみんな、プロボクサーや格闘家を引用してます。

この作品の魅力は、リーダーとは何なのか?というテーマだと思います。

「恐怖」や「力」で人をまとめたり動かしたりすることは出来ないというテーマを随所に訴えてます。

主人公のセリフで一番好きなのは、「一人で生きてんじゃねーんだよ」という言葉が胸に響きますね。

その後は、仲間と本当の意味で信頼関係を結べるようになって成長していきます。

会社でもこんなリーダーがいたら良いなと思う。

現実世界は「欲」と「権力」で汚れきってますからね。

第154位 行け!稲中卓球部 / 古谷実

稲豊市(いなほうし)の、稲豊市立稲豊中学校が舞台。

稲中の男子卓球部には6人の部員がいる。部員数は少ないが、卓球の大会で優勝したこともあり(連載前の読みきりで優勝した。稲中厳選集「稲作」収録)、その存在感は大きいのだ。

下品な行為で皆から馬鹿だと非難されている主人公・前野。その前野と行動を共にする盟友・井沢ひろみ。口数が少なく、かつとんでもない卑劣漢の田中。一見まともに見える田辺も、実態はワキガの激しい「毒ガス王子」。

一癖も二癖もある彼らに、部長・竹田、副部長・木之下、顧問の教諭・柴崎は毎日振り回されていた。こうして稲中卓球部と言う奇妙な集合体は形成されていたのだ。

卓球漫画の元祖と言えば、まちがいなくこれだと思う、

けど、スポ魂ではなく、完全なギャグ漫画なのでご注意を!!

ってか、卓球部が学校でバカにされてた理由ってこの作品の影響が強いと思う。

卓球部員の主人公たちがホントにバカですw

ただバカも度を突き抜けてくるので、腹をかかえて笑えます。

ギャグ漫画好きなら、絶対に読むべき名作。

第153位 MONSTER / 浦沢直樹

1986年、天才的な技術を持つ日本人脳外科医・Dr.テンマは、西ドイツ(当時)・デュッセルドルフのアイスラー記念病院に勤め、ハイネマン院長の娘エヴァと婚約し、ゆくゆくは外科部長から院長という出世コースを掴みかけていた。医師として漠然としたジレンマを感じつつも、深く考えることなく手術を重ね、研究に打ち込んでいた。

そんなある日、頭部を銃で撃たれた重傷の少年ヨハンが搬送されてくる。Dr.テンマは、院長の命令を無視してオペを執刀し、ヨハンの命を救う。しかしそれが院長の不興を買うなどの結果となり、院内の政治力学によって、テンマの順風な状況は一変し出世コースから転落する。そんな中、院長、外科部長らの殺害事件が発生。同時に、入院中だったヨハンと彼の双子の妹が失踪する。

1995年、外科部長となり職務に励んでいたテンマの前に、美しい青年に成長したヨハンが現れる。テンマの患者ユンケルスを目の前で何の躊躇もなく射殺し、過去の殺人を告白するヨハン。殺人鬼を蘇らせてしまったと自らの責任を感じたテンマは、怪物ヨハンを射殺するために、ヨハンの双子の妹アンナに再会することを企てる。殺人犯の濡れ衣を着せられ、キレ者のルンゲ警部に目をつけられたテンマは、ドイツ国内を逃亡しながらヨハンを追跡する。

この作品は難解なストーリーなので、賛否両論分かれる作品だと思う。

難しくさせてるのは時代系列が飛び飛びで進んでいくので、その辺を整理しながら読めば面白さが分かるはず。

本作の魅力は、伏線の回収が絶妙なのと、不可解なキャラクターの行動理由が明らかになった瞬間に思わず唸ってしまう点です。

サスペンスホラーの代表作と言われるぐらい、細かい部分まで作り込まれた名作です。

時間があるときに読まないと、意味が分からなくなるから注意して読まなくてはならないのがちょっと残念。

第152位 天使なんかじゃない / 矢沢あい

創立されたばかりの高校・私立聖学園。第一期生の冴島翠は2学期早々生徒会役員候補に担ぎ出され、その日の午後に立会演説会でスピーチする羽目になってしまう。

緊張した面持ちで講堂に行くと、立候補者の中に以前から存在が気になっていたリーゼント頭の男子生徒、須藤晃を見つける。くじ引きにより最初にスピーチを始めた翠だったが、マイクコードに足を引っ掛けて転んでしまう。

更にスカートがめくれて全校生徒の前で自分のパンツを丸出しにしてしまう失態を犯してしまうが、晃のフォローにより無事切り抜ける。投票の結果、翠と晃、そして麻宮裕子、瀧川秀一、河野文太の5人が第一期生徒会役員に就任する。

こうして、翠は晃たちと生徒会活動を行いながら、3年間の高校生活を送ることになる。

矢沢先生の作品は「NANA」が有名だけど、ラブコメ的要素が強い「天使なんかじゃない」の方がファンが多いんだよね。

登場人物たちの恋模様がリアルなのと、矢沢先生の繊細なタッチの絵がハマってて、泣けるシーンもある。

少女漫画だけど、矢沢先生の作品を大学で読んでたら、なぜか女子から高評価を貰えたw

女子に愛されるラブコメ作品なら、この作品で間違いない。

第151位 H2 / あだち充

大の親友でありそしてライバルでもあるエース国見比呂とスラッガー橘英雄、比呂の幼なじみであり英雄のガールフレンドでもある雨宮ひかり、比呂が進学先の千川高校で出逢った古賀春華。名前の頭文字に「H」を持つ「2」人の野球少年であるヒーローと「2」人のヒロインを軸に話が展開する。

比呂と英雄はチームメイトで捕手の野田敦と共に中学野球で地区大会二連覇を果たすが、その後医師から比呂は肘、野田は腰にそれぞれ爆弾を持っていると診断されてしまい、野球を断念。英雄がひかりとともに野球の名門・明和第一高校へ進学したのに対し、比呂と野田は野球部の無い千川高校に進み、それぞれサッカー、水泳に取り組むことにした。

野球漫画って言えば、あだち先生ですよね。

「タッチ」も有名だけど、「H2」はもう少し軽く読める作品です。

野球をテーマにしてるけど、高校生の複雑な人間関係をテーマにしてるので、共感するシーンがこれでもか!って詰め込まれてます。

ヒロインの1人が少し報われない展開になりますが・・・。

最後には泣けるシーンが待ってるので、期待を裏切りませんよ!



スポンサーリンク

第150位 俺物語!! / 作:河原和音 画:アルコ

created by Rinker
¥432
(2019/08/23 19:24:14時点 Amazon調べ-詳細)

常人離れした身体能力と行動力、仁義と正義感にあふれ、純情で不器用な高校一年生・剛田猛男。同性からは慕われる男の中の男だが、異性には全く好かれない、いかつい顔とごつい巨体の持ち主だった。彼がこれまでに好きになった女子たちは、クールで秀才でイケメンの親友・砂川誠を好きになっていた。

ある日、猛男は電車で痴漢に遭っていた女子高生・大和凜子を助け、猛男は大和に一目惚れする。後日、お礼に訪れた凜子の様子から「彼女もまた誠を好きになったのだ」と察し、誠と大和の恋を成就させようと体を張って奮闘する。しかし、凜子が想いを寄せる相手は砂川ではなく、猛男だったのだ。誠の協力もあり、思いを確かめた猛男と大和は、恋人として付き合うことになる。

その後も、初デートや、ピクニックでの遭難、友人達との海水浴、ファーストキス、クリスマス、バレンタインデー……などのイベントを通して、二人は少しずつ距離を縮めていく。しかし、他県で一人暮らしをしている大学一年生の誠の姉・砂川愛が実は猛男を好きだったり、猛男に想いをよせる恋のライバル西城まりやが現れたり、幼稚園の頃から誠のことを想い続けていた天海悠紀華の片思いなど、周囲の様々なエピソードを通して、二人の不器用な恋模様が描かれていく。

こんな設定はずるいでしょ~!!

少女漫画なのに、思い切り男らしい男をテーマに扱った作品はこれ以外にないですからね。

女の子と不器用な男の純情ラブストーリーは、女心のドストライクなはず。

男って好きな女子の前だと、かっこつけたくなっちゃうんですけど、それって女子には全部、お見通しだったりしますよねw

けど、それが胸キュンになるのも青春の素晴らしいところ。

あー!!私も学生時代に胸キュン恋愛したかったぁぁぁ!!

第149位 魔法使いの嫁 / ヤマザキコレ

created by Rinker
マッグガーデン
¥617
(2019/08/23 21:06:17時点 Amazon調べ-詳細)

生まれつき人ならざるものを見ることができるため他人からも家族からも疎まれ、不幸と孤独にまみれて生きてきた羽鳥智世は、自暴自棄となり謎の男が薦めるままイギリスに渡り、闇のオークションに「商品」として身を委ねる。

その会場でチセは骨頭の人外エリアス・エインズワースに500万ポンドで落札される。今までの人生に悲観的なチセに対して、エリアスはチセが魔法使いとして大きな素質を持っていることを明かし、自身の弟子にしつつ嫁にするつもりであることを告げる。

イングランドでの生活のなかで、チセは自身と同様に不幸な境遇の者たちと出会い、彼らの心を救う中で自身の過去とも向き合うようになる。

幻想感が半端ないっす!!

現代のイギリスを舞台にしてますが、傍らに妖精や精霊がちらほらと出てきます。

異界の住人たちとの心躍るやり取りには癒されます。

何より、絵が綺麗なんでね、絵画を見てるような感覚になる。

人間のトラウマとの向き合い方についても大切なメッセージがたくさん溢れている作品です。

女子からの評価も高い作品だから、気になる女子にこの作品を貸してあげるのも良いと思うよ!!

第148位 セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん / うすた京介

県立わかめ高校に転入してきた高校2年生の藤山起目粒(ふじわら・おこめつぶ)。
肩に奇妙な円盤を装着した高校生・マサルの隣の席に座ることに。
藤山はマサルに「フーミン」とあだ名をつけられる。
これがフーミンのトレンディライフの始まりであった。

校内の不良に絡まれるマサルとフーミン。
マサルは奇妙な技「セクシーコマンドー」を使ってヤンキーを軽々と倒し、
倒れたヤンキーの額に「肉」と書き込む。

逆恨みした不良に一人でいるところを狙われたフーミンを助けたのは
空手部主将のマチャ彦であった。
先生から廃部を言い渡された空手部建て直しのために、
マサルを空手部に勧誘するマチャ彦。
マサルはそんなマチャ彦のために奔走。
先生にかけあって、
三日以内に5人を集めれば「セクシーコマンドー部」を作ってもよい
という約束をとりつけてきた。

連載当時はその面白さから社会現象にまでなったほどの人気作です。

ギャグマンガだけど、なんか生き様がかっこいいんだよね。

あ、感動するとかそういうには一切ないけどねw

本作の魅力は、主人公の謎な行動です。

突然、訳の分からない歌を歌いだすし、変なダンスを踊りだすし、頭おかしい人っぽいんですけど、周りを巻き込んでいくドタバタ感が笑えますw

中学時代に隣の子が授業中に隠れて読んでたけど、笑い声を我慢しきれなくて先生に盛大にバレたっていうねw

この作品を読んで笑わない人なんかこの世にいないんじゃないかな?

第147位 だがしかし / コトヤマ

created by Rinker
小学館
¥463
(2019/08/23 19:24:16時点 Amazon調べ-詳細)

とある半島の海沿いにある田舎町に住む鹿田ココノツは漫画家を夢見ているが、父・鹿田ヨウからは実家の駄菓子屋・シカダ駄菓子を継ぐように告げられる。

しかし、それを嫌がるココノツの前にある日、都会からやってきた駄菓子マニアの美少女・枝垂ほたるが現れ、あらゆる手段でココノツに駄菓子屋を継がせようと奮闘する。

ただの駄菓子漫画って思ってませんか?

確かに、本作は駄菓子の魅力がぎっしりと詰め込まれてる作品ですが、とにかくクスっと笑えるエピソードがたくさんです。

駄菓子で遊んだことがある人なら、懐かしい!!って思ったり、「こんな駄菓子、知らなかった・・・。」って気になっちゃうはず。

登場人物が波乱万丈の人生を送ってるのも見どころです。

何気に三角関係の恋模様も気になる。

第146位 暗殺教室 / 松井優征

created by Rinker
¥432
(2019/08/23 12:08:56時点 Amazon調べ-詳細)

ある日突然、進学校「椚ヶ丘中学校」の成績・素行不良者を集めた3年E組の元に防衛省の人間と、異形な姿をした謎の生物がやって来た。

マッハ20で空を飛び、月の7割を破壊して常時三日月の状態にしてしまった危険な生物は「来年3月までに自分を殺せなければ地球を破壊する」ことを宣言したうえ、「椚ヶ丘中学校3年E組」の担任教師となることを希望した。

この作品が小学生~中学生から絶大な人気を誇ってる理由が読む前までは全然分かりませんでした。

当時、家庭教師してた生徒から借りて読んだら面白くてハマった(勉強教えろよ)

本作の魅力は、落ちこぼれからの脱却です。

E組の生徒たちはいわゆる落ちこぼれクラスなのですが、殺せんせーとの授業を通して成長し、自分たちを見下していたエリート達を見返していくという展開です。

エピソードのテンポがスムーズなので、スラスラと読み進めたくなっちゃいます。

家庭教師の仕事をしてると、新しい漫画と出会えるから楽しいよね!(だから、仕事しろ)



スポンサーリンク

第145位 坂本ですが / 佐野菜見

created by Rinker
エンターブレイン文化出版部
¥670
(2019/08/23 19:24:16時点 Amazon調べ-詳細)

県立学文高校の1年2組、そこには入学早々学校中の注目を集める男がいた。彼の名は坂本。注目を集める要因は彼のその行動の美しさにあった。挙動は全てがスタイリッシュ&クーレストであり、何より彼の行動1つ1つには人を惹きつける「何か」があった。そんな完全無欠の学園生活を送る坂本を中心とする人情ギャグ漫画である。

こんなシュールなギャグ漫画って良いよね。

ってか主人公の正体が明かされてないので、漫画好きからは「あれはミルテリー漫画だ」と言われるぐらい。

ってか主人公が普通にイケメンなんだわ。

イケメンでギャグもできるって最強だろ

第144位 タヌキとキツネ / 佐野菜見

created by Rinker
¥950
(2019/08/23 09:55:06時点 Amazon調べ-詳細)

お山で暮らすタヌキとキツネの仲良し二匹がゆるくかわいく遊んでいる姿を描いたものになります。

とくにこれといってストーリーがあるわけではないのですが思わず笑顔になってしまう癒し系のお話です。

ちなみに二人の出会いは子供の頃にさかのぼります。

ある日、タヌキの住むお山に迷い込んだキツネがタヌキに助けられたことから仲良くなりました。

キツネは毎日タヌキに会いに来てタヌキと遊んでいたのですが、日が暮れてもキツネは帰りません。

心配したタヌキが帰らなくても大丈夫なのかキツネに聞いたところ、

「山の行き来がめんどくさくなったからここに住む」

とのことで、一緒に暮らすようになりました。

twitterでたまに流れてくる4コマ漫画でした。

けど、あまりの可愛さとクスっと笑える展開に、書籍化されてしまったっていうね。

とにかく癒されます。

仕事の休憩中にタイムラインに流れてくる、4コマ漫画ってオアシスだよな。

第143位 深夜食堂 / 安倍夜郎

「めしや」にはさまざまな客が来る。若者・はじめと恋に落ちた女性・たまこは嘘をつき、はじめを突き離す形で解放する。無銭飲食をしたみちるは腱鞘炎のマスターの代わりに料理を作り、老舗料亭で働くことに。

食べ物ネタの漫画。

この作品の魅力は、登場するお客さんがみんなアウトローの人ばかりなんだけど、「人間って元々悪い人はいないんだなぁ」って思える人情溢れる作風。

もちろん食べ物の描写もホントに美味しそうに描かれていますが、どちらかというと人間ドラマを1話完結で読める手軽さ。

意外と読者は女性ファンが多くて、世の中の女性がどれだけ疲れ果ててるのかが分かりますね

第142位 ツレがウツになりまして / 安倍夜郎

サラリーマンの夫が会社の激務とストレスでうつ病を発症。

明るい頑張り屋の夫が、ネガティブで後ろ向き人間に変化したことに戸惑いながらも、優しく見守り支える妻の目線から、日々の出来事を描いてます。

漫画というよりエッセイです。

映画にもなったので、そちらの方が有名かも。

世間でうつ病という病気が浸透するキッカケになった作品だと思う。

夫婦の絆とか生き方とか、そういうのがテーマになってるんだけど、

この作品は働いてる人たちの共感を多く呼んだことに驚いたのを覚えてます。

みんなうつ病って心が弱い人がなる特別な病気だと思ってるかもしれないけど、実際はそんなことはなくて、誰しもがうつ病予備軍であることを訴えてる作品です。

テーマは少し重たいような気がするけど、コミカルに描かれているから、気軽に読める。

第141位 はたらく細胞 / 清水茜

ここはとある「人」の体内。その中では数十兆個もの細胞が年中無休で働いている。赤血球は酸素を身体中に運び、免疫細胞たちは細菌やウイルスなどの身体を脅かす異常と戦い、その他の細胞も自分たちの働きを全うしている。小さなことから大きなことまで様々な騒動が起こる身体の中で、新米の赤血球「AE3803」や白血球「U-1146」などを中心に、そんな細胞たちの日常を描く。

アニメ化されたので一気に有名になった漫画。

設定が斬新で、人間の体の中の細胞を擬人化するっていう発想は天才だよ。

魅力はたくさんあるけど、読んでると勉強になるっていう点かな。

私の場合は、元々、持病を持ってるので一般の人よりも細胞や病気について勉強してるから知識があったけど、それでもこの作品を読んで新しい発見がたくさんあった。

キャラクターの赤血球ちゃんが、可愛いんだわー

アニメでは私の好きな声優さんの花澤香菜さんが演じてるんですが、ハマリまくってて面白いです



スポンサーリンク

おすすめの面白い漫画ランキング140位~111位

ここからようやく中盤戦に入っていきますよ~

美堂
美堂
アニメ化された作品もぼちぼち出てきてて、既に有名作品ばかりですけど、上位へのハードルが上がってきてませんか?
ペル
ペル
大丈夫ニャ!中盤からは、これまで以上に面白い作品ばかりニャ!どれも読み始めたら止まらない作品ばかりなので見逃せないニャ!

第140位 コウノドリ / 鈴ノ木ユウ

主人公の鴻鳥サクラ(こうのとりさくら)は、妊婦さんに安心を与える「産婦人科医」と、熱狂的なファンに支えられる「ジャズピアニスト」という二つの顔を持っています。

しかし、本業はあくまで産婦人科医。ピアニストとしての演奏中であっても、コールがかかれば勤め先の「ペルソナ総合医療センター」にとんぼ返りという忙しい毎日です。搬送されてきたさまざまな事情を持つ妊婦や、時には家族を含めたケアに奔走しています。

医療ネタの漫画です。

医療ネタにしては珍しい「産婦人科」をテーマにした作品。

命について考えることって普段はないけど、この作品を読んでると「生きる」ってことが奇跡なんだなって思える。

男性からしても、産婦人科って未知の世界だから、知らないことばかりで新しい発見が多い。

ドラマ化されたぐらいに有名な作品です。

主人公がピアノを演奏するシーンが印象的ですが、あのシーンを見てて、私もあの曲を今度演奏してみよう♪と思って見てました(何気に私はピアノ歴26年ですからね。)

第139位 ダンジョン飯 / 九井諒子

ある日、とある離島の墓地の壁から地下へと延びる巨大な空洞が出現した。そこから這い出てきた自身を王と称する朽ちかけた男が、一千年の昔に滅亡したはずの”黄金の国”の存在を明かし、王国は“狂乱の魔術師”によって地下に囚われ続けているため、元凶である魔術師を討伐した者には国の全てを与えると言い残し、塵芥となって消えた。その言葉に魅かれ、魔物が跋扈するダンジョンを踏破しようと多くの冒険者が乗り込む時代が幕を開けた。

  • ファミコンからスーファミ時代のドラクエとかやってた人
  • 毎日、なにかしらの料理をしてる人

こんなあなたは、絶対にハマル作品です。

この作品って、クラシックなファンタジー世界なんです。

まぁ、クラシックっていうとオシャレに聞こえるけど、簡単に言うと、レトロゲームを思い浮かべて貰えれば間違いない。

当時やってたゲームの世界観を忠実に丁寧に描かれているので、懐かしいんだわ

もちろん、魔法とかその辺も色々とある。

私は子供時代は学校に行くよりも病院や家で寝たきりの青春を送ってたので、こういうRPGの世界を見ると懐かしくてたまらないんだよね。

第138位 恋は雨あがりのように / 眉月じゅん

感情表現が不器用で一見クールな17歳の女子高生・橘あきら。

彼女はアルバイト先のファミレス『cafeレストラン ガーデン』の店長である45歳の近藤正己に密かに想いを寄せている。自他共に認める“冴えない男”の近藤だが、あきらはそんな彼の魅力を「自分だけのもの」として、胸に秘めた恋心を募らせていた。

そんなある日、アルバイト中に起こったとある出来事をきっかけに、あきらの秘めたる恋心は大きく動き出していく。

静かにジワジワと来る胸のときめきがたまらん

今作の魅力の1つでもある「雨」の描写が美しすぎるんだよね。

それと、文学的な感情表現、だらしなくかっこつかない現実のリアリティ・・・。

王道のラブストーリーなんでしょ?って最初は思うかもしれないけど、この作品の共感ポイントは店長の方なんだよ。

夢を諦めて忘れてたっていう気持ちって、誰にもあると思う。

この作品は漫画っていうよりも文学小説を読むかのようにしっとりと心に響く作品です。

是非、苦いコーヒーと一緒に読んでみてね。味わい深いわ~

第137位 うしおととら / 藤田和日郎

created by Rinker
¥648
(2019/08/23 12:08:57時点 Amazon調べ-詳細)

僧を父親に持つ少年・蒼月潮は、自宅の寺の蔵で一本の槍に縫いとめられていた妖怪と出会う。うしおが「とら」と名づける事になるその妖怪は、かつては名の知られた恐るべき大妖怪であった。当初はその凶悪さから封じたままにするつもりの潮であったが、幼馴染の麻子と真由子が近くから集まってきた妖怪に襲われたために封印の槍を引き抜き戦うことを約束させる。もっとも引き抜かれた直後に人間との約束など反故にする性格のとらは、その後長い間潮によって槍で殴られ戦わされる関係となるが。大妖怪とらと、それを500年間縫い留めていた封印の槍。この槍は2000年以上も前に中国で妖怪を滅ぼすためだけに作られた「獣の槍」と呼ばれる伝説の槍であった。

しばらくは身近な妖怪と戦う程度の潮であったが、大妖怪の解放も、伝説の妖怪退治道具の勝手な移動も、妖怪と戦い日本を守る仏教団体・光覇明宗に見過ごせるものではなかった。こうして槍の奪回ととらの再封印・滅殺を目的とした刺客がうしおととらに放たれる事となる。潮たちは光覇明宗の追っ手から逃れる為もあり、亡くなったはずの母が生きていること、そこに隠された「母の秘密を知れ」という父・紫暮の言葉を受けて北海道を目指す。

熱血バトルが好きなら是非、読んでみて。

主人公のキャラ設定が、頭は悪いけど、底抜けに真っすぐで、人や妖怪を見かけで判断しない。

実際に自分の目で見て、拳と拳を合わせてのガチンコバトルは結構、見ものです。

もちろんバトル後は友情が芽生えて仲間になってたりする。

悪をぶっ倒して仲間にしていくスタイルって単純に見てて気持ちいいよね。

第136位 ブラックジャックによろしく / 佐藤秀峰

誠道病院で夜勤のアルバイトを始める斉藤、ここに交通事故の患者が運ばれてきました。

治療をしようとしましたが、患者の前に手が動かない事態に陥りました。

それを見ていた病院の医院長は、斉藤に対し厳しい激励の言葉を送りました。

その言葉を受けた斉藤は、自身に足りないものが何かを見つけようとします。

斉藤はアルバイトの当直をしている際に、勤務医牛田と親しくなりました。

この出会いを機に当直を何度か頼まれることになりました。

大学時代の同期生でもある出久根と出会う場面もありました。

5浪して永禄大学に入った出久根は、斉藤ほど医師に対しての熱意は持ち合わせていませんでした。

医療漫画として衝撃を与えた作品です。

この作品が出るまでの医療漫画ってなんだかんだでハッピーエンドなんだよね。

けど、この作品は全然、ハッピーエンドになるエピソードがない!!

ってか、救いのないモヤモヤっとした感触が残るエピソードが多いんだわ

主人公を始め、医療現場で働く側の苦悩や挫折をリアルに描いてます。

絵が凄くリアルなのも良い。

普通の医療漫画に飽きてる人は、読んでみて。



スポンサーリンク

第135位 寄生獣 / 岩明均

ある日突然、空から人知れず多数の正体不明の生物が飛来する。その生物は鼻腔や耳介から人間の頭に侵入し、脳を含めた頭部全体と置き換わる形で寄生して全身を支配し、超人的な戦闘能力で他の人間を捕食するという性質を持っていた。寄生後の頭部はもはや人間の物ではないが、自在に変形して人間そっくりに擬態する。彼ら「パラサイト(寄生生物)」は高い学習能力で急速に知識や言葉を獲得し、人間社会に紛れ込んでいった。

その日まで平凡な高校生であった泉新一は、1匹のパラサイトに襲撃されるが、間一髪で脳の乗っ取りだけは免れる。パラサイトは新一の右腕に寄生して同化し、右手にちなんで「ミギー」を名乗るようになり、新一とミギーの共生生活が始まる。それと同時期に、他のパラサイトによるミンチ殺人事件が世界中で頻発し始めるが、犯人は不明とされていた。新一は世間に対して真実を明かさなくても良いのかと葛藤するが、ミギーは自己保身のみを考えており宿主である新一以外の人命には興味がないとし、自らの正体を露見させようとするなら新一に危害を加えることもいとわないと主張する。その一方で、新一が死ねば自分も生きられないミギーは、必要であれば新一を他のパラサイトから守るために同類と殺し合うことにも葛藤を抱かない。

この作品って最近、映画化もされたから知ってるかもしれないけど。

実は1988年から連載が開始した漫画だから結構歴史が長い。

グロテスクな描写も多いけど、人間のエゴを考えさせられる作品です。

テーマが複雑だから難しい作品っぽいけど、なぜか読んでみるとすごく満足できる。不思議。

なんだろ、この気持ち。言葉で説明しきれない止まらない面白さがあります。

第134位 うさぎドロップ / 宇仁田ゆみ

created by Rinker
¥1,008
(2019/08/23 09:55:07時点 Amazon調べ-詳細)

祖父の訃報で訪れた祖父の家で、30歳の独身男、河地大吉(ダイキチ)は一人の少女と出会う。

その少女、鹿賀りんは祖父の隠し子であった。望まれぬ子であったりんを施設に入れようと言う親族の意見に反発したダイキチは、りんを自分が引き取り育てると言った。こうして、不器用な男としっかり者の少女との共同生活が始まる。

「家族」って凄いよね。

イクメンという言葉が流行りだす前に出た作品です。

後半は「家族」と「恋愛」が複雑にテーマとなってくるので、賛否両論があった作品。

絵もキレイだし、実際に子育てをしてる男性なら共感する作品です。

第133位 ばらかもん / ヨシノサツキ

created by Rinker
ムービック(movic)
¥617
(2019/08/23 09:55:07時点 Amazon調べ-詳細)

書道家の半田清舟は、ある受賞パーティーで自作を酷評した書道展示館の館長を感情に任せて殴りつけてしまう。見かねた父親は半田に「(自分の)人間として欠けている部分」を見つけさせるため、彼を自然豊かな五島へと送り込む。

内心では反省する気のない半田だったが、天真爛漫少女・琴石なるをはじめとする個性的な島民達と出会い、少しずつ心を動かされる。都会の温室で育った半田は耐性の無い田舎の環境や島独特の人間関係に戸惑いながらも、島民たちに助けられ励まされ挫折を繰り返しながら新たな書の境地を拓いていく。初めて出会った自然の世界やお互いに助け合う気持ち、それは型に嵌っていた半田の書、そして半田自身の心も少しずつ成長させていた。

2008年に「ガンガンパワード」で連載が始まったハートフル田舎日常コメディ『ばらかもん』。

2013年に「月刊少年ガンガン」で連載され始めた学園ギャグコメディ『はんだくん』。

意外と知られていないのですが、この毛色の違う2作には深い関係があります。

それぞれの主人公は半田清舟(はんだせいしゅう)と半田清(せい)。

清舟とは雅号で、2人は正真正銘同一人物です。

ちなみに雅号とは文化人が仕事上名乗るペンネームのようなもの。

created by Rinker
¥540
(2019/08/23 21:06:18時点 Amazon調べ-詳細)

『はんだくん』は『ばらかもん』のスピンオフ――と言うか、時系列的に前日譚に当たります。

『ばらかもん』に登場する半田清舟は23歳。肉体的には成人でも、精神的には未熟な点のある青年です。

精神的に未熟なのに大人になってしまっている分、柔軟性に欠けて頑固なところも。

そんな彼が田舎の島で、否応なく近隣の住人と触れ合い、人間的に成長していきます。

あまりに馴染みすぎて図々しい一面が出るように。

一方の『はんだくん』は本編の6年前、まだ東京に住む半田清は高校2年生。

極度の人見知りで被害妄想持ちという厄介な少年です。

周囲からは美形かつ若き書道の天才として畏敬の目で見られ、それどころか崇拝までされているのですが、本人はまったく気付いていません。

そんな半田清が勘違いと空回りで起こす騒動が微笑ましくも面白い。

『ばらかもん』と『はんだくん』は特に重要なストーリー上の繋がりを持ちません。

ですが、半田清舟というキャラクターの性格が、どのようにして育まれたかを知る貴重な手段でもあります。

『ばらかもん』にハマって、その世界を100%以上に楽しみたいのであれば、若き半田清や、東京の友人である川藤鷹生(かわふじたかお)の出てくる『はんだくん』は必読!

ちなみに「ばらかもん」とは舞台となる五島列島の方言で、「元気者」という意味だそうです。

第132位 はじめの一歩 / 森川ジョージ

created by Rinker
¥432
(2019/08/23 19:24:19時点 Amazon調べ-詳細)

母子家庭で釣り船屋を親子で支える高校生の幕之内一歩は、いじめられっ子で気弱な性格でした。

ある日、河原でいじめられているところをプロボクサーの鷹村守に助けられ、ジムに連れてこられ気分転換にサンドバッグを殴ったところハードパンチャーの素質がある事が分かります。

強いとは何か?という問いの答えを求め、プロボクサーを目指して練習する事になります。同い年で同じジムの宮田一郎とスパーリングで対決し、最初はKOで負けてしまいますが、次はKOで勝利します。

一歩をライバルと認めた宮田は同じジムだと対戦できない為ジムを移り、プロの試合で再戦を約束します。練習を重ね、プロテストを受けに行った一歩は、無事に合格しプロボクサーとして歩みだします。

長期連載してるボクシング漫画です。

最新刊が119巻(2019年1月時点)だからね、まるでこち亀みたい。

これだけ読者から愛されてる作品だから、TOP100に入っていてもおかしくないんだけど、実は私は格闘技系の漫画はそこまで好きじゃないのでこの位置です

あー、ファンの人にぶん殴られるだろうなー

ボクシング漫画の中でも名作なので、好きな人はハマるはず。

ただ、100巻以上あるから心して読むように!!

第131位 荒川アンダーザブリッジ / 中村光

主人公・市ノ宮行は世界のトップ企業社長の御曹司。幼い頃から父に「他人に借りを作るべからず」と教えられ、その教え通りに借りを作らずに生きてきた。

しかし、ひょんなことから溺れかけた際、荒川河川敷に住む自称金星人のニノに命を救われる。「命の恩人」という余りに重すぎる借り。その恩返しとしてニノが行に要求したのは「私に恋をさせてくれないか?」ということだった。こうして行はニノの恋人となり、自身も橋の下で生活することになる。

荒川の橋下では常識から外れた人々がたくさん住んでいた。行は「リクルート」(通称「リク」)という名前を与えられ、橋下の住人の一人として暮らすことになる。

テンポの良いギャグが小気味良く、笑いのツボが合う人は間違いなく楽しめるラブコメディです!

キャラがみんな個性的すぎる。

  • 村長(河童の着ぐるみ着用)
  • 星頭のミュージシャン
  • 白線の上しか歩けないおじさん
  • 幼女だけど拳王

日常を面白おかしく描いてるけど、シュールさと笑いのバランスが絶妙です。



スポンサーリンク

第130位 花より男子 / 神尾葉子

created by Rinker
¥421
(2019/08/23 14:25:23時点 Amazon調べ-詳細)

名門の筋や素封家の子弟が入学する事で知られる英徳学園高校に、娘の玉の輿を願う母親の勧めで入学した一般庶民の牧野つくし。学校は、道明寺財閥の御曹司・司、花沢物産の御曹司・類、日本一の茶道の家元「西門流」の跡取り息子・総二郎、総合商社・美作商事の息子あきらのF4(Flower 4―“花の四人組”)に牛耳られていた。学校は、F4の親から多額の寄付を受けていたため、生徒達はもちろん教師達ですら彼らに逆らう事が出来なかった。つくしは、それに違和感を持ちながらも平凡な高校生活を送ろうとしていた。

ところがある日、つくしはF4に花瓶の水をかけた事が原因でF4に赤札を貼られ、学校全体からいじめのターゲットにされてしまう。しかし、正義感の強いつくしは彼らの性根を叩き直さんとばかりに立ち向かって行く。

そんな中、F4のリーダーである道明寺はつくしのことを好きになってしまい、それからは彼女一途でそればかり。いじめられ騙され続けたつくしの人生が、このF4によって変わり始めた。次第に2人の思いは通じ合っていくが、様々な事情(司の母、楓が中心)が彼らの恋路を阻むようになる。

女子なら絶対に読んだことのあるラブコメです。

私も漏れなくリアルタイムで読んでましたw(女子かよ)

ドラマ版で、実写化するって聞いたときはイメージが壊されるって心配だったけど、普通に面白かったw

井上真央がまつじゅんをぶん殴るシーンは今見てもスカっとするよねw

イケメンが女子に盛大に殴られるシーンは世の男性陣の心をグっと掴んだよね

第129位 おおきく振りかぶって / ひぐちアサ

埼玉県の公立高校・西浦高校へと進学した三橋 廉(みはし れん)は中学時代、祖父の経営する群馬県の三星学園野球部でエース投手だったが、チームメイトからは「『ヒイキ』でエースをやらせてもらっている」と疎まれ続け、極端に自虐的な暗い性格になってしまう。三橋が隣県の西浦高校へと進学したのは、その暗い思い出を拭うためだった。

西浦高校には、発足したての野球部(正確には軟式野球部が硬式野球部になった)があり、部員は新入生ばかり10人。しかも監督は、若い女性という部活だった。部員不足の野球部で、はからずも三橋はまたもエースを任せられてしまう。

一年生が、新設された部活で活動するという内容は、今までなかったのではないでしょうか?

大概、天才的な選手が一人二人いて、その選手に引っ張られて他の選手も才能を開花させてゆき、全国大会を目指しますが、この作品は違います。

野球経験はあるが、自信もなく、コントロール以外に何の特徴もないピッチャーや、少し自分勝手なキャッチャーなど。平凡な選手ばかりです。

部員数も、先発ギリギリの10人…

こんな設定は今まで見たことがなく、新鮮な気持ちで読めます。

第128位 ワールドトリガー / 葦原大介

28万人が住む三門市に、ある日突然異世界への「門(ゲート)」が開いた。門からは「近界民(ネイバー)」と呼ばれる怪物が現れ、地球上の兵器が効かない怪物達に誰もが恐怖したが、謎の一団が近界民を撃退する。彼ら、界境防衛機関「ボーダー」は、近界民に対する防衛体制を整え、依然として門から近界民が出現するにも関わらず、三門市の人々は今日も普通に生活していた。

門が初めて開いてから4年半後、三門市にやってきた空閑遊真が、三雲修に出会う所から物語は始まる。

連載休止してたけど、やっと連載再開したね!!(2019年1月時点)

この作品を読む際は、ご注意を。。。

4巻目までは我慢して読んで!!ってか4巻目から面白くなるから!!

そんで7巻目まで読んだら、戻れない面白さにハマるから

この作品は、遅効性SFと言えるほど、時間差で面白さが伝わります。

ってか面白さのトリガーが引かれるまで時間かかりすぎだろw

第127位 黒子のバスケ / 藤巻忠俊

created by Rinker
¥432
(2019/08/23 12:08:58時点 Amazon調べ-詳細)

帝光中学校バスケットボール部。部員数は100を超え全中3連覇を誇る超強豪校。その輝かしい歴史の中でも特に「最強」と呼ばれ、無敗を誇った10年に1人の天才が5人同時にいた世代は「キセキの世代」と呼ばれている。

が、「キセキの世代」には奇妙な噂があった。誰も知らない、試合記録も無い、にもかかわらず、天才5人が一目置いていた選手がもう1人、「幻の6人目」がいたと…。

通称「黒バス」。猫バスじゃないからね。

女性人気が高くて、イケメンたちがちょっと普通じゃない次元でバスケをするっていう作品。

少年漫画なのに女子の人気が高いって珍しいよな

バスケ漫画は数あるけど、おそらくこんなイケメンが登場しまくる作品はこれぐらい。

うちも一度くらい、3Pシュートとか決めてみたかったな

第126位 監獄学園 / 平本アキラ

2011年4月、東京都郊外にある私立八光学園。首都圏でも有数の進学実績と厳格な規律で知られる全寮制の高校は、本年からきわめて大きな転機を迎えることとなった。生徒総数1021名、うち女子生徒1016名、差し引き男子生徒5名(キヨシ、ガクト、シンゴ、ジョー、アンドレ)。この年から女子高より共学高へと転換したため、歪な男女比が実現してしまった。
4月7日の入学式から1週間後の14日、5人の男子達は女子のお風呂をノゾキした罪により裏生徒会に捕らえられ、懲罰棟における1か月の懲役を命じられる。そんな中、キヨシは栗原千代との相撲観戦デートのため、ガクトが欲しがる限定フィギュアのために脱獄を決意する[10]。
ガクトの協力を得て用意周到な計画の末にキヨシは脱獄に成功、千代との相撲観戦デートを果たす。しかし脱獄計画の女装で使った制服がたまたま千代の物だったためデートは散々な結果に。さらに裏生徒会会長・栗原万里に脱獄が発覚してしまう

絵がめちゃくちゃ綺麗なんだわ。

芸術的っていう絵ではなく、なんか実写をみてる感じ。

内容は、全力でボケのオンパレードです。

女子高に男子が5人っていうハーレム状態のようなシチュエーションは全国の男子のロマンだよな

けど、女子の怖さを身体の髄まで染み込ませるインパクトのある作品だから、読むときは覚悟してくれ



スポンサーリンク

第125位 ハチワンダイバー / 紫田ヨクサル

主人公の菅田健太郎はかつてプロ棋士を目指していたが挫折し、今では賭け将棋で日銭を稼きつつ漫然とした日々を送っていた。勝負に勝ち過ぎ対局を避けられるようになった菅田は、ある日秋葉原の凄腕棋士のウワサを聞く。秋葉原に赴いた菅田は自信満々でメガネの女真剣師「アキバの受け師」に勝負を挑むが、手も足も出ずに完敗を喫する。 プライドをズタズタにされ、その悔しさから久々に将棋への情熱を取り戻す菅田。しかし自堕落な生活で部屋は荒れ放題。片付けの為に清掃会社に派遣サービスを依頼するが、現われたのはなぜかメイド。しかも菅田を「ご主人様」と呼ぶそのメイドこそ彼のプライドを打ち砕いた張本人、「アキバの受け師」だった。

将棋漫画・・・って言えるのだろうか?

将棋のルールが知らなくても分かる。

どちらかというと、人間の心理描写がリアルに描かれていて、騙しあいが面白い。

カイジとかが好きな人は面白いはず。

第124位 オーバードライブ / 安田剛士

「自転車部に入らない?」大好きな深澤さんからそう言われた自転車に乗れない高校生篠崎ミコト。

「自転車部」がなんなのか分からないまま夢中で練習を始め、苦難の末に自転車で疾走したとき、15年間くすぶりっぱなしのミコトの心の中で何かがはじけた!

自転車競技をテーマにした漫画って中々ないよね。

泥臭くも前に進んでいく姿がたまらないんだわ

絵も凄く綺麗なので、汗がしたたり落ちるシーンとか、走り終わったあとに水を飲むシーンとかリアルすぎるw

スポ魂の漫画で少し変わった作品を探してるなら、こちらがオススメ。

第123位 ドラゴン桜 / 三田紀房

元暴走族の駆け出し弁護士・桜木建二(さくらぎ けんじ)は、経営破綻状態となった落ちこぼれ高校、私立龍山高等学校の運営問題を請け負うこととなった。

始めは清算を計画していた桜木だったが、破綻を回避し経営状態を良くするためには、進学実績を上げるのが手っ取り早いと考え、5年後に東大合格者100人を出す計画を考案する。

かつて受験指導に大きな実績を上げた個性溢れる教師を集めながら、開設した特別進学クラスに人生を諦めかけていた水野直美(みずの なおみ)と矢島勇介(やじま ゆうすけ)を迎え入れた桜木は、彼らに様々な受験テクニックや勉強法を教えていく。受験の結果、水野は東大に合格し進学、矢島は不合格となったが翌年の再挑戦を表明する。

勉強の方法が分からない人はこぞって読んだんじゃないか?

私も当時、読みながら、書かれている勉強方法をいくつか試したことあるわ

結果は・・・。まぁ、普通だったけどさw

ただ、唯一、今でも使う勉強方法は「マインドツリー」ってやつね。

暗記する際に、「絵」にすることで視覚的に覚えるってやつ。

あれは、進化して「マインドマップ」という頭の中を整理する手法としても有効なんだけど、作品の中でいくつかホントに使えるテクニックがある。

あと、結構、根性論っていうか考え方みたいのも名セリフが多い。

ドラマ版のキャストが豪華だったな。

若かりし頃のガッキーも最初から可愛かったからね。

第122位 CØDE:BREAKER / 上条明峰

輝望高校に通う桜小路桜は、ある夜公園で手から青い炎を発し、人を燃え散らす少年の姿を目撃。 翌日、炎の真相を探る桜の前に転校生として現れた昨夜の少年・大神零の動向を追いかけるうち、桜は法では裁ききれない悪を裁く悪・「コード:ブレイカー」の存在を知る。

大神の殺人を止めようとする桜は、「コード:ブレイカー」の戦いに深く関わっていくこととなる。

超能力系でバトルでガンガンやっていく系の漫画です。

こういう展開の作品ってマガジンっぽいよね。けっこう好きです

「炎」を使う主人公って設定が、「烈火の炎」とかぶってるんだけど、絵ではこちらの作品の方が綺麗です。

あと、ちょっとラブコメちっくなストーリーもあったりして息抜きも出来る。

第121位 君のいる町 / 瀬尾公治

広島県の田舎町で春から高校へ進学する主人公・桐島青大の家に突然、父親の知り合いの娘という少女・枝葉柚希が居候として東京からやってきた。青大はクラスメイト・神咲七海に中学時代から好意を寄せていく一方、同じ屋根の下で都会的で奔放な柚希と接していく中、徐々に彼女が気にかかる存在となっていく。

その後、東京に青大が転校し、舞台も東京へ移る。

青春もののラブコメです。

ってかコメディの要素はほとんどないから、恋愛小説読んでるみたい。

こういうのも好き。

何よりも絵が可愛い。綺麗。

女性キャラの恥ずかしがる表情とかたまんねぇ。

あ、エロハプニングのシーンも多いので、そちらも程よい刺激で良いよね。

何気に主人公たちが高校生から大学へと成長していくので、長く楽しめる。

私もこんな感じの青春を送ってたなーって思いながら読んでましたね。

男子校だったけど



スポンサーリンク

第120位 シバトラ / 朝基まさし

少年係新米刑事の柴田竹虎は中学生にしか見えない外見の持ち主。しかし誰よりも正義感に厚く、心から非行少年の更生を信じている。さまざまな事情から犯罪に走ってしまった、あるいは巻き込まれてしまった青少年を竹虎が全力で救っていく。

本作は「週刊少年マガジン」で連載された、異色の刑事漫画です。

安童夕馬が原作、朝基まさしが作画を担当しました。

この2人のタッグの作品には他に『サイコメトラーEIJI』『クニミツの政』の2作があり、どちらもドラマ化されています。

刑事ものの作品なんだけど、テンポが良い。

サイコメトラーEIJIが好きなら楽しめる。

ミステリー要素もあるのかなと思いきや、どちらかと言うと、少年たちの心の葛藤が描かれています。

第119位 ヤンキー君とメガネちゃん / 吉河美希

紋白高校1年A組の品川大地は現ヤンキー。一方、同じクラスの学級委員、足立花は元ヤンキー。

花はヤンキーであったことを隠し学級委員として生活しているが、ある日不良たちに絡まれた際、彼女が元ヤンキーであったことが品川に知られてしまう。

やがて引きこもりの千葉星矢と出会い、2人で千葉を立ち直らせ、2人のはじめての友人となる。更に進級後には姫路凛風、和泉岳も加わり、5人で生徒会役員として学校や生徒が抱える問題にぶつかっていく。

ギャグ×ラブコメ?っていう作品。

女子が元ヤンキーっていう設定も斬新だったし、なんか安定して見れた作品。

思い切り爆笑できるかっていうと、そんなことないんだけど、不思議と読み続けられる作品だった。

実写ドラマ化されたときに、ヤンキー君が成宮寛貴さんで、設定に無理があるだろって思ったw

けど、成宮寛貴さんのファッションは凄く好きだった。

第118位 呪術廻戦 / 芥見下々

created by Rinker
¥432
(2019/08/23 21:06:19時点 Amazon調べ-詳細)

両親の顔を知らず祖父に育てられた少年・虎杖悠仁。常人離れした身体能力を持つ彼に、育ての親でもある祖父は「オマエは強いから人を助けろ」と言い残して他界した。

祖父を亡くしたその晩、手続きのため病院にいた虎杖の前に、黒ずくめの少年・伏黒恵が現れる。彼は虎杖が以前拾った特級呪物「両面宿儺の指」を探していた。極めて危険なものである呪物を「人死にが出ないうちに渡せ」と虎杖に凄む伏黒。しかし一歩遅く、呪物は虎杖の元から心霊現象(オカルト)研究会(通称「オカ研」)の先輩の手に渡っており、「指」に辛うじて施されていた封印も剥がされてしまった。

あのシャーマンキングを書いた芥見下々先生の作品です。

超絶に恐ろしい呪いをひょんなことからその身に抱えることになった主人公が、その呪いを取り巻く世界、呪術師や『呪い』と呼ばれる存在たちの世界に足を踏み入れ、呪術師として成長する姿を描いたのが今作品。

っていうか、最近のジャンプの中で王道バトルが少ないけど、この作品は良いよな!

  • その身に特級呪物である両面宿儺を宿す体力バカ主人公 虎杖 悠仁
  • 冷静沈着で無愛想な天才呪術師 伏黒 恵
  • 主人公たちの担任で日本に4人しかいない特級呪術師 五条 悟
  • 東京への憧れが強い田舎女子 釘崎 野薔薇

あれ?って思いませんか?

NARUTOと似てるんですよ、めっちゃ!!

NARUTOにハマった人なら絶対に面白さが分かるはず!!

あ、女子キャラは可愛くないから、その点だけ残念。。。

第117位 涼風 / 瀬尾公治

広島県に住む少年・秋月大和は、中学卒業を機に目的もなく東京の高校への進学を決めて単身上京。叔母の営む銭湯付きの女性専用マンションの一室に住みはじめる。入学直前の学校を訪れた大和がそこで出会ったのは、高跳びをする綺麗な女の子だった。

第121位の君のいる町と少しだけ被る作品。

いや、ストーリーは全然違うんだけどさ、微妙にスピンオフ感があるんだわ。

こちらの涼風は、漫画版とアニメ版で大きくストーリーが変わった部分。

ネタバレしたくないから言えないけど、物語の中で重大な事件が起きるんだけど、その結末が大きく違うんだわ。

噂によると読者からの要望が強かったらしく、「あの事件」の「あっちのパターンの世界」はどうなるのか見てみたい。って要望があったとかなかったとか・・・。w

あ、かなり泣けるから注意して読んでね。

第116位 GS美神 極楽大作戦!! / 椎名高志

悪霊や妖怪の退治を仕事とするゴーストスイーパーの美神令子と助手の横島忠夫。己の欲望のまま動く二人と、まともだが幽霊のおキヌを中心とした日常のドタバタや、悪霊・妖怪との戦いを描くオカルトコメディ。連載中盤からは美神や横島をとりまく運命との戦いを主軸として描く物語となる。

絵が特に綺麗でもないけど、何故か凄く好きだった漫画です。

当時、めちゃくちゃハマってた漫画は「ドラゴンクエスト~ダイの大冒険~」と「GS美神 極楽大作戦!!」だった。

意外と知られてない名作なんだけど、凄く読みやすい。

日常のドタバタも描きつつ、悪霊・妖怪との闘いを描いてます。

オカルトコメディって、当時は斬新だったな。



スポンサーリンク

第115位 D-LIVE!! / 皆川亮二

あらゆる分野のスペシャリストを集めた国際的人材派遣会社ACEのメンバーに、一人の高校生がいた。
その名は斑鳩悟 ( いかるがさとる ) 。
普段はただのボーっとした性格の高校生だが、ひとたび任務を受けると、
どんな乗り物も完璧に乗りこなす運転の天才、スーパーマルチドライバーなのだ!皆川亮二先生が描く究極のドライビングアクション !

皆川先生の作品ってホントに名作ばかりだよ

王道のヒーローものではないけど、「プロの仕事人」ってこんな感じだよね。

主人公が一見、普通の高校生ってのがまた良い。

一流の特殊能力を持ってるのに、バイトで世界を救ってるっていうね

1話完結ですすむのも読みやすい。

作品で「スーパーカブ」を乗りこなすエピソードがあるんだけど、「カブ」ってあんなにカッコイイなんて知らなかったわ。。。

車とかバイクの名前を覚えたのもこの作品からです。

第114位 結界師 / 田辺イエロウ

400年続く妖(あやかし)退治の専門家、結界師一族の家に正統継承者として生まれた墨村良守(すみむらよしもり)。隣に住む雪村時音(ゆきむらときね)も良守と同じ結界師だが、両家は犬猿の仲。良守と時音が守っているのは妖を呼び寄せ、その力を高めてしまう烏森(からすもり)の地。2人は夜になると結界術を使い、烏森の地に建つ私立烏森学園に集まってくる妖を退治している。良守はかつて自らの失策により、時音が妖の攻撃から自分をかばい大怪我を負ってしまったことを後悔し、二度と時音や自分の周りの人々が傷つかないようにするため、強くなることを心に誓うのであった。

やがて良守と時音は、妖犬の斑尾の旧友・鋼夜(こうや)との戦い、夜行に所属する少年・志々尾 限(ししお げん)との出会いと妖の組織・黒芒楼(こくぼうろう)との対決、良守の兄・墨村正守との葛藤、人の心を喰らう魔物・邪煉(じゃれん)に対して封魔師・金剛毅(こんごう たけし)と共闘、戦闘用の妖・黒兜(くろかぶと)との死闘、など様々な出来事を通して成長していく。そんな中、烏森に現れた巫女・サキによってある予言がもたらされる。「恐れよ…血の臭い纏いし災いの神…この地に舞い降りん」。

今、裏会を中心に何かがおきようとしていた。

『結界師』は、「結界術」と呼ばれる異能力を用いて妖を退治していく、王道異能力バトル漫画です。

烏森に隠された秘密と、良守の兄・正守が所属する「夜行(やぎょう)」や、妖の組織「黒芒楼(こくぼうろう)」などの組織との戦いが描かれています。

派手な戦闘シーンも見どころの一つですが、本作の最大の魅力はなんといっても主人公・良守の成長していく姿。

兄との比較や、友の死、時音への想い……、その人間味溢れる姿が読者に共感される最大の魅力です。

この作品って、シリアスとギャグの落差が凄まじいってところだと思う。

バトル漫画の要素も確かにあるんだけど、意外とストーリーはシリアス。

けど、キャラクター達が明るいからギャグシーンも多い。

この落差がたまらんぜ

第113位 烈火の炎 / 安西信行

忍者にあこがれる主人公・花菱烈火は、炎を生みだす不思議な力を持っていた。烈火はある日、治癒の力を持つ少女・佐古下柳と出会い、お互いの力を打ち明けたことで友人となり、烈火は柳を守ることを誓う。

謎の女性、影法師の出現により、烈火達は魔力を持つ道具、“魔導具”の存在を知ることとなる。

ある日、何者かにさらわれてしまった柳を取り戻すため、烈火は友人の霧沢風子や石島土門と共に、影法師から教えられた館に向かう。館では魔導具を持つ敵達が待ち構えていたものの、仲間達や、以前烈火と戦った水鏡凍季也の協力により最後の部屋へとたどり着き、烈火と同じ炎を生みだす力を持つ紅麗と対決する。しかし、紅麗の炎、“紅”の力の前に烈火達は歯が立たない。窮地に陥った烈火は、影法師の助言により自身の炎を抑える手甲を外す賭けにでる。手甲を外した事により、烈火の中に眠る炎、“八竜”が目覚めた。烈火は八竜の力によりなんとか紅麗を退け、柳を救い出すことに成功する。

結構、昔の作品になるから知らない人も多いかも。

炎を操る能力を持つ忍者に憧れを抱く少年が、治癒能力を持つ想い人である心優しい少女を守るため、仲間たちと共に次々に襲い来る敵に立ち向かう壮絶な戦いの日々を描いた物語。

『幽遊白書』のパクリとか言われることもあるようですが、両作品読み返してもパクリ要素はそこまでない。

ただ影響を受けていることは確かに伺え、特に序盤の流れが似てることは否定しようもないけど内容は全く異なり、叫ばれる理由のひとつとしてはこの作品が王道な展開だったということもあったと思います。

まあ、今更感のある個人的な意見だけどな

今作品の魅力は少年漫画らしさに溢れた王道のバトルアクション作品です。

今で言うところの中二的な能力合戦の様相をしていますが、結構グロ描写が多く、お色気シーンもそれなりにあります。

私が始めて読んだときはまだ若かったこともあり、烈火が持つ炎の型「八竜」の火竜が物語の進展と共に1匹ずつ開放されていく展開、様々な効果を持つ魔導具の登場などにワクワクして読んでいた記憶があります。

第112位 モンキーターン / 河合克敏

子供の頃から野球に明け暮れてきた少年・波多野憲二は、高校生活最後の夏の甲子園予選で敗退。その後、競艇ファンの担任と競艇選手のOGに連れられてやってきた競艇場で体験したモーターボートの感触とモンキーターンに魅了され、野球をやめて競艇選手になることを決意する。

必死の勉強と長年培ってきた持ち前の身体能力で、競艇選手の養成所・本栖研修所に合格。やがて、研修所を卒業して競艇選手となり、波瀾万丈の選手生活を開始する。

やっぱ競艇の世界を垣間見れるのが他の漫画では出来ないよね。

私は競艇って実際に観たことなかったので、「運転が上手い人が勝つ」んでしょ?って思ってました。

  • 運転技術はもちろん(ターンとかスタートとか)
  • 駆け引き
  • 体重
  • 自作のプロペラ(今は禁止されている)
  • モーター
  • 整備力
  • 会場の特徴
  • コース

他にもいろいろな要素があってレースの展開が変わるんだけど、ルールとか分からなくても、どんどん引き込まれるんです。

この作品は全部で30巻もあるので割と長いんだけど、山場が多いんだわ。

ってか山場ばっかで、主人公が苦労しまくる。

しかもスポーツ漫画にあるような主人公補正が一切ない。

普通に試合に負ける。

極限にリアルに描かれたスポーツ漫画って意外と少ないから、この作品は名作だと思う。

第111位 ブルーピリオド / 山口 つばさ

成績優秀、世渡り上手なリア充高校男子が絵を描く喜びに目覚め、美大を目指す!受験を目前に控えヒリヒリとした日々を送る八虎は、美大予備校でより受験に実践的な課題を取り組み始める。“対応力”が足りないことを知った八虎は突破口を見つけるため、あることに挑戦するが…!?

魂を揺さぶる名言の宝箱です。

画家を目指す少年の美しいシーンが散りばめられている作品なんだけど、この作品の魅力はセリフよ。

  • 「なら一体、この感動は誰のものだ?他人の努力の結果で酒飲むなよ。お前のことじゃないだろ」
  • 「人間関係を円滑にするコツ。相手が欲しい言葉をあげること。自分の話より相手の話を面白くすること。
    俺もうそういうやり方でしかコミュニケーションわかんねえよ」
  • 「好きなものを好きっていうのって、怖いんだな…」
  • 「好きなことに人生の一番大きなウェイトを置くのって普通のことじゃないでしょうか?」
  • 「作った本人が好きで楽しんで情熱を込めて作ったものってね、それを見た人も楽しくなっちゃうものなんですよ」

主人公の心の成長も伝わってきて、読んでいてワクワクする作品です。

うちもブログを楽しく書いてるときは幸せだぜ!



スポンサーリンク

おすすめの面白い漫画ランキング110位~81位

既に「名作」と呼ばれる作品もいくつか登場してきてますが、知っている漫画はありましたか?

美堂
美堂
ここまででも、既に有名作品ばかりですね!スポーツ漫画から恋愛系までホントに幅広いラインナップですねw
ペル
ペル
ここからはようやく折り返しニャ!正直、ここから先が本気のランキングニャ!

まだ読んだことのない作品も多いかもしれませんが、是非、気になる作品はチェックしてみてくださいね!

では後半戦、張り切っていきましょう~!!



スポンサーリンク

第110位 今日から俺は!! /  西森博之

転校を気にツッパリデビューを果たした主人公・三橋が、自分と全く同じタイミングでツッパリになった転校生の伊藤とコンビに。

勝つためなら卑怯な手も厭わない三橋と、曲がったことが嫌いな伊藤は、やがて最強コンビになり、校内外の不良から恐れられる存在になっていく。

現代版のヤンキー漫画って言ったら、これです。

ってか、ヤンキーって今の時代に都会ではめったにみることないよね。

個人的に思うのは、ツッパリの人たちのヘアスタイルって毎回セットするの大変そう・・・。

朝起きて、寝ぐせ直して、セットするんでしょ?

結構、マジメだなって思っちゃうよなw

2018年秋に賀来賢人、福田雄一の2人で実写ドラマ化されました。

内容的には、コメディ要素も強いんで、軽い気持ちで楽しめます。

第109位 マギ / 大高 忍

created by Rinker
小学館
¥432
(2019/08/23 14:25:26時点 Amazon調べ-詳細)

第7迷宮「アモン」の周囲に広がる町・チーシャンに住む若者アリババは、御者のアルバイトをしながら「アモン」を攻略し大富豪になることを夢見ていたが、あと一歩を踏み出せずにいた。

そんなある日、彼は「ジンの金属器」を探して旅をしているという、謎の少年アラジンと出会う。彼の持つ笛に潜むウーゴくんの力を目の当たりにしたアリババは、アラジンに共同での迷宮攻略を持ち掛ける。

さぁ、冒険しようぜ!!

っていう王道の漫画です。心躍るぜ。

マギの魅力は何と言っても、「魔法」ファンタジーなので、バリバリの魔法バトルを繰り広げるシーンが見ものです。

ってか、主人公のマギがめっちゃ可愛いんだよね。ふにゃ~ってした表情がたまらない。

なのに!!作品の中盤以降から、かなり強くなって、バカでかい巨人を召喚したりするから普通に驚くww

最後は空間のベクトルを捻じ曲げるなんてことまで平気でやってのけるからねw

アラジンやシンドバッドっていう、誰もが知るファンタジーの登場人物がたくさん出てくるから、誰しもが絶対にハマるはず

第108位 20世紀少年 / 浦沢 直樹

高度成長による「夢と希望」に満ちあふれていた時代から、一転して経済は停滞しオカルトブームが起き、世界滅亡の空気まで漂いはじめた、1970年前後。

そんな時代の中で、少年たちは、地球滅亡をもくろむ悪の組織や、東京を破壊し尽くす巨大ロボットに蹂躙され、混沌とし、滅亡に向かっていく未来の世界を空想した。そして、それらに立ち向かい地球を救うのは、勧善懲悪の正義のヒーローとその仲間たちだ。下らないようなストーリーを描いたスケッチブックを、少年たちは“よげんの書”と名付ける。しかし大人になるにつれ、そんな空想の記憶は薄れていく。

1997年、主人公のケンヂは、突然失踪した姉の娘のカンナを養い、コンビニを営む平凡な日々を送っていたが、お得意先の一家の失踪や幼なじみの死をきっかけに、その薄れかけていた記憶を次第に呼び覚まされていく。そして世界各地の異変が、幼い頃空想した“よげんの書”通りに起こっていることに気づく。一連のできごとの陰に見え隠れする謎の人物“ともだち”との出会いによって、全ての歯車は回り出す。

浦澤さんの代表作です。

映画化もされて、ちょっとしたブームになった名作です。

ってか、20世紀少年がランキング100以内に入ってないってのは好きな人から全力でバッシング受けるとおもうw

ごめんな。上位陣はマジで期待を裏切らないからw

で、本作の魅力は何と言っても、「謎」が「謎」を呼ぶストーリーなんだわ。

伏線ばかりなのですが、それが1つ1つと解明されていく衝撃的なストーリー展開は病みつきになるぜ。

あと、面白さが分かってくるのは2巻の終わりからね。

話題だし、1巻だけ読んでみるかー・・・。

まぁ、普通に面白いから続けて2巻も読んでみるかー

2巻も終わりに差しかかる頃に・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

「・・・・!! 嘘だろ、おい!?」

 

はい、2巻の終わりを読んでしまったら、もう止まれないよ。

最後まで一気に読むしかないよ。

途中で読むの辞めると、気になって眠れなくなったからね

読む際には、ハマリすぎて眠れなくなるのでご注意を

第107位 犬夜叉 / 高橋 留美子

戦国時代の日本、あらゆる願いを叶えるという宝玉・四魂の玉を巡り人間と妖怪の争いが続いていた。四魂の玉を守る巫女・桔梗は、半妖・犬夜叉と心を通わし愛し合っていた。しかし、罠にはまり、お互いに裏切る。桔梗は玉を奪った犬夜叉を最後の力で封印し、自分もまた力尽きる。遺言により、四魂の玉は桔梗の亡骸と共に燃やされ、四魂の玉はこの世から一度は消え去った。

そして500年後の現代、神社の娘・日暮かごめは15歳の誕生日に、神社の祠にある古びた井戸から戦国時代へとタイムスリップする。そこは犬夜叉と桔梗の争いから50年が経過した時代であった。桔梗の生まれ変わりであるかごめの体内から再び四魂の玉が現れ、犬夜叉は蘇る。そして玉を巡って妖怪たちが動き出す。

戦いの中で四魂の玉はとんでもないハプニングにより無数のかけらに飛び散った。四魂のかけらを集めるために旅することになった犬夜叉とかごめ。最初は嫌々だったが、2人は次第に惹かれ合っていく。その旅の中で、50年前、犬夜叉と桔梗を罠にかけた張本人・奈落の存在が明らかに。二人は奈落を追う中で、旅の中で出会った子狐妖怪七宝、奈落に呪いをかけられた法師弥勒、妖怪退治屋珊瑚の仲間と共に、宿敵奈落を倒すため、玉の因縁を断ち切るために戦っていく。

いやー、高橋先生がまさかのバトル漫画ですよ。

連載当時はびっくりしたわ!!

本作のみどころは、迫力満点の戦闘シーンなんですけど、個人的には「犬夜叉」と「かごめ」と「桔梗」の三角関係の行方だよな。

あと「弥勒」と「珊瑚」の恋愛の行方も気になる。

あとは、欠かせないのが「犬夜叉」の兄、「殺生丸」ね。

どんだけ兄弟仲悪いんだよ・・・。

本気で殺しあうからな、盛大に村の3つや4つが巻き添えで壊されてるからね。

戦国ファンタジー×ラブコメは、誰もが惹かれる名作です。

第106位 頭文字D / しげの 秀一

藤原拓海(ふじわら たくみ)は一見ごく普通の高校生だが、父が営む「藤原とうふ店」の配送を中学生時代から手伝い、秋名山の峠道で日々AE86型(ハチロク)スプリンタートレノを走らせるうちに、非凡なドライビングテクニックを身に着けていた。ある日、赤城山を本拠地とする走り屋チーム「赤城レッドサンズ」のNo.2である高橋啓介(たかはし けいすけ)に勝利したことで、「秋名のハチロク」の噂は近隣に広まっていく。当初は状況に流されるままバトルを受ける拓海だったが、手練の走り屋たちの挑戦を経て、次第に自分の才能と夢を見つめなおすようになっていった。

車好きなら絶対にハマる名作です。

ちなみに私は車の免許なんか持ってないし、車に全く興味がなかったけどハマったw

  • 徹底した車、レースの再現
  • 盛り上がりのある人間ドラマ
  • 身近な峠で市販車が活躍

今までのレース漫画って、車やレースのシーンをちゃんと描いてる漫画って少なかった。

その中で、今作品は車やレースをしっかりと再現している所がファンを魅了した。

そして何よりも身近にある峠道、活躍する車は誰でも購入できる様な市販のスポーツカーという所が現実離れせず、身近に感じられる設定が読者に共感を与えたことで、人気が出ました。

間違っても峠でレースとかしないようにな!

今後のレーシング漫画の元祖を作ったと言える作品です。



スポンサーリンク

第105位 タッチ / あだち充

上杉達也、上杉和也は双生児。スポーツにも勉強にも真剣に取り組む弟の和也に対して、何事にもいい加減な兄の達也。そして隣に住む同い年の浅倉南。3人は小さい時から一緒に行動している、いわば幼馴染だった。そして互いが互いを異性として意識し始める。物語のスタート時、3人は中学3年生である。3人は微妙な三角関係のまま同じ高校へ進む。

「甲子園に連れて行って」という南の夢を叶えるため、1年生でありながら野球部のエースとして活躍する和也だったが、地区予選決勝に向かう途中に交通事故死する。

そして達也は和也の「南の夢を叶える」という夢を継ぐために野球部に入るが、キャッチャーの松平に嫌われ、相手にしてもらえない。しかし、南や周りのチームメイトに相手にするよう強く勧められ、遂に松平と達也はバッテリーを組む。

野球漫画の名作と言えば、これを超える作品はない。

まさに不朽の名作。

意外と知られてないのが、主人公の達也が最初は野球部ではなくボクシング部だったっていうこと。

野球漫画と言いつつ、かなり泣けるから、気をつけてな。

第104位 五等分の花嫁 / 春場ねぎ

自身の結婚式当日、式場の部屋で微睡んでいた上杉風太郎は妻と初めて出会ったときを思い出す。

当時、高校2年生の上杉風太郎は、成績優秀だが、生家が借金を抱えており、貧乏生活を送っていた。ある日、風太郎は中野五月という転校生と知り合い、勉強を教えるよう乞われる。しかし風太郎はこれを断り、さらに放った一言が彼女の怒りを買ってしまう。その直後、風太郎は妹から「富豪の娘の家庭教師」というアルバイトの話を聞かされ、借金返済のためにその仕事を引き受ける。

風太郎の仕事は、五月を含む五つ子姉妹に勉強を教え、五つ子全員を高校卒業まで導くというものだった。落第寸前の成績であるにもかかわらず勉強する意欲すら見せない五人に、頭を抱える風太郎だったが、夏祭りなどを通して五つ子と交流する中で、はじめから比較的協力的だった四女・四葉に加え、三女・三玖と長女・一花の信頼を勝ち取ることに成功する。だが、次女・二乃と五女・五月の協力は得られないまま、風太郎たちは、風太郎が家庭教師に就いて初となる中間試験を迎える。

マガジンに久々に楽しみなラブコメがきたな!!

しかも女の子キャラが全員、巨乳なんだよな。凄い!!

典型的なラブコメなんだけど、凄くテンポが良い。

しかも5つ子という設定だけど、5人のキャラがしっかりと確立されていて、主人公を中心に人間関係が絡みながら進んでいく。

将来の主人公の花嫁となる子が5人の中で誰なのか?という謎も気になるところ。

第103位 ドメスティックな彼女 /  流石景

小説家志望の赤森高校2年・藤井夏生は、英語教師の橘陽菜に思いを寄せていた。ある日、友人に誘われた他校生女子との合コンで橘瑠衣と出会い、成り行きで肉体関係を持つ。その後互いの親の再婚により陽菜と瑠衣が姉妹であることを知っただけでなく、2人と義理の兄妹になるという奇妙な生活が始まる。瑠衣はこれを機に夏生や陽菜がいる赤森高校へ転校した。やがて、陽菜が不倫をしていることを知った夏生は瑠衣と共に彼女に不倫相手の萩原柊との別れを迫り、陽菜は別れを決意する。その後、不倫相手と別れた陽菜と出かけた夏生は彼女に想いを打ち明けるが、陽菜はその時点では断り、一旦は義姉弟の関係でとどまることになった。

王道のラブストーリーでハーレムでしょ?

いや、これが違うんだなー。実は、かなりの過激さと、ドロドロの作品です。

まず最初からベッドシーンから始まるからね、これ驚いたww

え??少年雑誌だよね?いいの?18禁じゃないの?大丈夫!?

ってヒヤヒヤしながらの1話だったからね。

そんな過激なシーンから一転、登場人物たちの複雑な人間関係によるドロドロ感が凄い。

昼ドラですか?

下手な昼ドラ見るよりも、面白いっす。

第102位 サイコメトラーEIJI /  安童夕馬, 朝基まさし

女性がセーラー服を後ろ前に着せられた遺体で発見される事件が相次いで発生、全ての現場にメビウスの輪が残されていた。

警察は必死に事件の行方を追うが手掛かりは得られず、捜査は難航する。

その事件の犯人を追う警視庁捜査一課の刑事・志摩亮子は、捜査を進めるうち、物や人に触れるとそれに残った過去の記憶の断片を読み取る“サイコメトリー”という能力を持った少年、明日真映児と出会う。

果たして2人は、凶行をくり返す“殺人鬼メビウス”の正体を暴けるのか。エイジのサイコメトリーと、志摩のプロファイリングが、解決不能の難事件を解き明かしてゆく。

ミステリー漫画の面白さを教えてくれたのはこの作品でした。

後にも先にも、ミステリー漫画でこれ以上ハマった作品はないと思う。

絵からすると、ヤンキー漫画?って思われがちだけど、全然違う。

がっつりと殺人事件がテーマだけど、それを解決していく描写が凄くドラマチックです。

超能力の1つである「物の記憶を読み取る」って力のことを始めて知った。

実際にこの超能力を持ってる人っているらしいしね。

高校生の頃に、クラス全員でコミックを回して読んだのを覚えてるわ。

しかもうちのクラスを発端にして、学年全体にブームが広がったりしたから驚きだったw

そのぐらいハマれる名作です。

第101位 あひるの空 /  日向武史

九頭龍(くずりゅう)高校に入学した身長149cmの車谷空は、母親に誓った「高校最初のバスケの大会で優勝」の実現のためにバスケットボール部に入ろうとする。しかしバスケ部は花園百春・千秋兄弟を始めとする不良達の巣窟になっており、部活動などできる状況ではなかった。だが、しつこく食い下がる空の純粋なバスケへの熱にかつてバスケをやっていた百春、千秋たちは心動かされていく。そして空達のバスケット生活が始まった。

バスケ漫画としては、スラムダンクの次に名作と言える作品だと言える。

何よりも、主人公がコンプレックスを抱えてるってのが今作の魅力だよね。

みんな色々と抱えてるんだよなって思い出せる。

あと、負けてる描写をしっかりと描いてる。

これが結構、スポーツ漫画にしては珍しい。ホントに主人公たちのチームが勝てないんだよ。いやいやいや!!

びっくりするぐらいに勝てないからねww

公式戦で勝てたのって3~4回なんじゃね?

あひるの空は、「主人公チームが練習を重ね、強くなる。そして、大会に出て、強敵に僅差で負ける。悔しさを胸に練習するが上手くいかない。それでも、練習をする」ってのがリアル。

「勝った喜び」より、「負けてからの行動」を描くことが多い。

これって、勝つことがある意味、前提になっているスポーツ漫画の中で、かなり異質だよな?

あと、これ泣けるシーンが毎巻あるから、BOOKOFFで立ち読みする際には気をつけろよ。泣き過ぎて、周りから変な奴って思われるから。



スポンサーリンク

第100位 GTO /  藤沢とおる

かつて最強の不良「鬼爆」の一人として湘南に君臨した鬼塚英吉は、辻堂高校を中退後、優羅志亜(ユーラシア)大学に替え玉試験で入学した。彼は持ち前の体力と度胸、純粋な一途さと若干の不純な動機で、教師を目指した。

無茶苦茶だが、目先の理屈よりも「ものの道理」を通そうとする鬼塚の行為に東京吉祥学苑理事長の桜井良子が目を付け、ある事情を隠して中等部の教員として採用する。学園内に蔓延する不正義や生徒内に淀むイジメの問題、そして何より体面や体裁に振り回され、臭いものに蓋をして見て見ぬ振りをしてしまう大人たち、それを信じられなくなって屈折してしまった子どもたち。この学園には様々な問題が山積していたのである。

桜井は、鬼塚が問題に真っ向からぶつかり、豪快な力技で解決してくれることに一縷の望みを託すようになる。

名作中の名作だから、絶対に読むべき1冊。

こんな熱い先生がいたら、最高だわ。

主人公・鬼塚英吉は、元暴走族という異色の経歴を持つ、吉祥寺学苑中等部の社会の教師です。

英吉は常に生徒と同じ目線に立つ人間で、自分が楽しいと思ったことは授業中でもいきなり始めてしまいます。

喧嘩の腕も相当なものなので、生徒を守る力も備えていますし、裏社会の人間と争うことになっても戦って勝つことができます。

社会的地位のある人間に対しても理不尽なことがあれば戦う覚悟で、地位や力の差など関係ないという感じで本音でぶつかります。

エピソードが泣けるエピソードも多いし、笑えるシーンも多い。

ドラマ化もされたけど、私は絶対に反町verの方が好き。

反町隆史と松嶋菜々子が結婚するキッカケになった作品でもある。

まさにグレートだぜ

第99位  GetBackers-奪還屋- / 綾峰欄人,青樹佑夜

相手に1分間の夢を見せられる邪眼と、握力200kgというありえない力をもつウニ頭と、体内から電撃を出せる電気ウナギが奪還屋を営む話。 奪還屋というのは、「奪われたものは奪りかえす!」がモットーな仕事。 その依頼人はバルタン星人だったりアブとハチだったり、色々な人がいる。

あらすじだけを読んでも全然良さが伝わらないと思う。

まぁ、中二病全開の王道バトル漫画なんだけど、登場人物たちが魅力的で、セリフがかっこいいんだよね。

「ワリィがオレはカワイソーな過去にもクダラネー未来にも興味はねぇ
それよかオレは急いでるっつてんだろーが
過去も未来も関係ねぇ
たった今―――
ダチが死にかかってんだ!!」

奪還屋っていう設定も、面白い。

「奪われたものは奪い返す」こんな気持ちで過ごせたら、どんな困難にも立ち向かえると思う。

漫画の中盤から、絵が上手くなるのも良い。ホントに綺麗な描写を描くので、作者の成長も体感できる。

第98位  家庭教師ヒットマンREBORN! / 天野明

運動も勉強もダメで何事もすぐに諦めてしまう、うだつの上がらない少年・ダメツナこと【沢田綱吉】(通称ツナ)の前に家庭教師として現れたのは、ヒットマン(殺し屋)を名乗るリボーンという名の赤ん坊。リボーンの目的はただ一つ、ツナをイタリアンマフィア・ボンゴレファミリーの10代目ボスとして立派に育て上げること。9代目から依頼を受けたリボーンは頭を撃たれた者が撃たれた時に後悔したことを死ぬ気でがんばってしまうというボンゴレに伝わる秘弾「死ぬ気弾」を使い、ツナをマフィアのボスに相応しい人間とすべく「教育」を始める。

最初の頃はギャグマンガだったんだけど、中盤からバトル漫画に変わるよくあるパターンの作品。

だけど、バトル漫画になってからのシーンがめっちゃかっこいい。

元々、絵が上手かった作品だけど、中盤からの繊細な絵と熱いストーリーが絶妙なバランスで進んでいく。

コミックも全部で42巻もあって、ファンに愛された作品。

作品の中で、指輪が出てくるけど、高校生の頃に指輪をはめるたびに心の中で「覚悟の炎」を灯す!!って呟いてたw

痛すぎるよなww

天野先生は、アニメの「サイコパス」の絵も担当していて、とにかく絵が綺麗なので女性ファンも多い。

第97位  いちご100% / 河下水希

中学3年生の真中淳平はある日の放課後、校舎の屋上に出ようと扉をあけると、頭上からいきなり目の前に女の子が飛び降りてきた。着地に失敗して倒れ込んだ女の子のスカートは捲れあがり「いちごのパンツ」が露出。慌てて起きあがった女の子は夕日に映える美貌の持ち主で、真中は一瞬で心を奪われる。制服を着用していることから同校の生徒である確証はあるのだが、驚いて逃げるように立ち去ってしまった美少女に心当たりはない。唯一の手掛かりは屋上に落ちていた東城綾と名前の書かれた一冊のノート。
翌日、東城を訪ねたが、おさげ髪に黒縁メガネ、野暮ったいほど地味な印象だったため、いちごパンツの美少女ではないと思いこんでしまう。真中の悪友らは美少女は学年のアイドル的存在の西野つかさに違いないと真中を煽り、真中本人もその気になってしまい、勢いで西野に交際を申し込む。その告白を受け入れる返事をした西野の背後を走り去っていく「いちごパンツ」の美少女の姿があった。
その後、西野と付き合うことになったものの、次第に東城に惹かれていく真中。そんな真中の様子に気付いた西野は真中への想いを胸に秘めたまま、彼らとは別の高校へ進学する。

ラブコメ漫画の金字塔といえば間違いなくこれです。

あの頃のラブコメ作品は良かったよなぁぁ

夢があったもん!!

子供の頃、いろんな意味でドキドキしながらページをめくっていたあの感覚を今でも忘れてないぜ

とにかく登場人物がみんな可愛い!!

惚れるわ、マジで

あと、主人公がモテる理由も今なら分かる。

だって、「夢に一生懸命な男」なんだぜ。普通にかっこいいよな

ただのハーレム漫画なら、あんなにヒットしなかったはず。

主人公たちの成長に「夢」があるんだよ。ときめくぜ。

よく東城派?西野派?北大路派?って友達と話してた。

うちは東城派だった。意外と西野派が多かったよな

第96位  Mr.FULLSWING / 鈴木信也

女子が大好きで非モテな主人公・猿野天国(さるのあまくに)は、ある日、野球部マネージャー・鳥居凪に一目惚れしてしまいます。彼女とお近づきになるため、今までやった事もない野球の世界に足を踏み入れることに。

彼が入部した先は、かつて伝説のスラッガーが在籍していたという、古豪・十二支高校の野球部。レギュラーを勝ち取る事はもちろん、練習や入部試験から生半可な道のりではありません。

野球素人の猿野は、この野球部でレギュラーを勝ち取り、凪を甲子園に連れていくことが出来るのでしょうか?

野球漫画というより、ギャグマンガです。

ってか、野球漫画でギャグ要素が強い作品って他にあった?

ありそうでなかった組み合わせの作品でした。

ただ、野球の試合の中で魅せる、ありえない名技がクセになるんだわ。

  • 剃刀カーブ
    → 鹿目が投げる魔球。恐ろしいほどの指のひねりで放つことにより2段階曲がります。
  • 天竜
    → 猿野のライバル、犬飼が放つ恐ろしい魔球です。ボールを天高く放り投げ、フライかと思われたその球は、なんと猛スピードでミットへ向かって急落下!物理法則を完全無視した、まさに魔球です。

ありえない設定のオンパレードなんだけど、不思議と読み進めてしまうんだわ。

当時、パワプロで登場キャラを再現しようと頑張ってサクセスしまくってたわw



スポンサーリンク

第95位  ボボボーボ・ボーボボ / 澤井啓夫

西暦300X年、全世界の人々はマルハーゲ(アニメではマルガリータ)帝国に支配されていた!
現皇帝「ツル・ツルリーナⅣ世」は全世界に「毛狩り」を実行し、人々はこれによって苦しめられていた。

「行け!マルガリータ最強の四天王達よ!全世界の者共をツルツルボーズにするのだ!!」

だが、そんなマルハーゲ帝国に反旗を翻す1人のアフロがいた。その名は「ボボボーボ・ボーボボ」。
毛の王国に伝わる5大毛真拳の一つ「鼻毛真拳」を使い毛狩り隊の基地を次々と潰していた。

これは、ボボボーボ・ボーボボとその仲間たちの愉快でハジケた物語である!!

完全なギャグ漫画です。

ってか「毛」がテーマのギャグがこれでもかっていうぐらいに炸裂してる。

当時は、ジャンプの中でも、真っ先に打ち切り候補だと思われていた作品。

けど、意外にも、この面白さが理解できる人が多かったらしく5年間も連載して、全部で28巻もある。

みんなギャグ漫画好きだな~ww

鼻毛真拳とか、発想がぶっ飛んでるw

 

第94位  ピューと吹く!ジャガー / うすた京介

「ピヨ彦」こと酒留清彦は、就職も大学も蹴りギタリストを志望して、さまざまな芸能養成学校やプロダクションのオーディションを受けるものの、ひょんな事から謎の笛吹き男・ジャガージュン市に出会ってしまい、その先々でことごとく無理やりなシチュエーションで笛を吹かせようとするジャガーに妨害され、オーディションを落ちる日々が続いた。

最終的にピヨ彦はスター養成校・ガリクソンプロダクション(通称ガリプロ)に半ば無理やり入校することになったが、それとまったく同時にジャガーもガリプロに入り、ジャガーとピヨ彦は寮の同部屋に住むこととなった。さらにジャガーはガリプロにふえ科を創り講師に就任、ギターによる音楽活動を夢見ていたピヨ彦であったが、なぜかふえ科に入ることになってしまった。

ふえ科の生徒は最初、ピヨ彦だけであったが、やがて、ヒップホップを標榜する忍者・ハマーや、普段は地味ながら切れると奇行に走る少女・白川高菜などがふえ科に入っていった。

ジャガー、ピヨ彦を中心としたふえ科の面々は、周りの人々を巻き込み、愉快で不条理な青春の日々を送って行くのであった。

ジャンプ史上、最も読んだギャグマンガ。

当時は、ジャンプの中で「ギャグ」黄金時代とも呼ばれていた良き時代だった。

個性が爆発してるキャラクター達。

クセが強すぎる!!

本作の魅力は、毎回のストーリーがキレキレに尖っている点。

ギャグマンガで日常系を描くと、どうしても微妙な回だったなって思うことは多い。

けど、珍しく、この作品は毎回、飽きない。作者が全力なのが伝わってくる熱い作品でした。

まぁ、熱いって言っても、「笛」に関するギャグマンガなんだけどね。

第93位  テニスの王子様 / 許斐剛

created by Rinker
¥421
(2019/08/23 19:24:25時点 Amazon調べ-詳細)

アメリカ各州のJr大会で4連続優勝の経歴を持つ天才テニス少年、越前リョーマ。
アメリカから帰国したリョーマは、テニスの名門「青春学園中等部」に入学する。全国制覇を目指す青学テニス部に入部し、1年生にしてレギュラーとなったリョーマが、様々な対戦校やライバル、時に仲間との試合を経て成長していく物語。

テニス漫画って言ったらこれだよな。

まぁ、テニスっていうか、超能力ばりのありえない技とか登場するから、テニスするには全然参考にならなかったけどw

けど、当時は「テニプリ」ブームが巻き起こるし、テニスやったことのない人でもハマる名作です。

私はテニスはほとんどやったことなかったけど、代わりに、ゲームボーイアドバンスでテニスの王子様のゲームを楽しんでました。

不二先輩のファンでした。かっこいいよな

第92位  世紀末リーダー伝たけし! / 島袋光年

生まれた時から既にヒゲが生えまくりだったたけしは、周囲から「リーダー的存在」と呼ばれていた父親のヒロシを尊敬していたが、ヒロシは酔っ払いの喧嘩を仲裁しようとして命を落としてしまう。数年後、ポッポ小学校1年2組に転入したたけしは「リーダー的存在」として、クラスの問題を解決したりしなかったりしていく。

主人公がおじさん顔だけど、これで小学生なんだぜ。

主人公も含めて、登場人物全員がクセが強すぎる!

基本的にはギャグ漫画だったんだけど、中盤あたりから完全なバトル漫画になってた。

けど、めっちゃ面白い。

ライバルを倒していくと、仲間になって、更なる強敵があらわれるっていうドラゴンボールスタイルの展開。

普段はギャグキャラなのに、仲間がピンチの時に出る名セリフとのギャップが胸熱だった。

リーダーってこうだよな。理想のリーダー像だぜ。

第91位  仏ゾーン / 武井宏之

西岸寺に住む少女・サチはある日、寺の千手観音像の中から出てきた少年・センジュに、彼女が弥勒菩薩の生まれ変わりであることを告げられる。センジュは仏王・大日如来からミロクの生まれ変わりであるサチを守り、悟りへ導くために仏の国から仏ゾーンとして地上へやってきた千手観音であった。

困惑するサチであったが、仏敵・魔羅の仏ゾイドの襲撃やセンジュの説得を受けて、サチはセンジュと共に悟りの地・インドへ旅立つことを決意する。

3巻までしか連載されなかったけど、凄く楽しかった作品です。

仏や神様をモチーフにしたバトル漫画。

主人公が千手観音だから、基本的に殴るスタイルだけど、まぁ、よくピンチに陥る。

ほとんどの技がダジャレ風。

ストーリーは打ち切りだったので、伏線を回収できないままで終わってしまったけど、絵が綺麗に描かれていたので、もったいない。



スポンサーリンク

第90位  花さか天使テンテンくん / 小栗かずまた

この世界にはサイダネと呼ばれる才能の種がある。天の国(天国)にいる神様は人々が生まれる前にそのサイダネを一人につき一つ与えている。その人の生き方次第で肉眼では見えないサイダネが育ち、開花した者はその才能のプロになっている者が多い。

しかしヒデユキは生まれる前に天使のテンテンくんが天の国でおにぎりの梅干しを投げ捨てた事でうっかりサイダネの代わりに梅干しを与えられてしまった。テンテンくんは責任をとって地上に降ろされる、ヒデユキは本当の才能を見つけるためにテンテンくんと奇妙な共同生活がはじまる。

ジャンプギャグマンガ黄金時代の一角。

何て言っても、絵が良いよね。

憎らしくも可愛いキャラクター達が活き活きと描かれていた。

内容的にも1話完結型で進んでいくだけど、毎回、割と凝ってるエピソードが多い。基本的にドタバタ劇なんだけど。

あと、主人公のテンテンくんがまぁテキトーなんで、笑える

私も「才能」を咲かせてほしい。未だに何の才能があるんだか分からないけど。

第89位  WILD HALF / 浅美裕子

平凡な高校生、岩瀬健人(タケト)。ある日、彼はどんな事件でも100%解決してしまうという探偵『ワイルドハーフ』の噂を聞くが…その正体を見た人はいない。その世界でその名を知らぬ者はいないが、存在自体確認されたことはなかった。ある日、刑事をしている健人の兄、寿文が銃を奪われるという事件が発生する。兄を助けてもらうためにワイルドハーフを捜していると、自宅に犬が現れた。その犬、サルサはなぜか人の言葉をしゃべり自分がワイルドハーフだと言い、その事件を見事解決してしまう。一時は姿を消すサルサだが最終的に健人の家に住み着くことになった。様々な人間や動物たちのつながりを描く“情”の物語。

動物好きなら絶対にハマる作品です。

主人公の犬が実は人語をしゃべるし、人型に変身したりと、とんでもない設定なんだけど。

ストーリーは探偵ものでミステリー好きにはたまらない。

絵もキレイすぎるので、驚く。

女性作家の描く、男性キャラや動物ってリアルだよな。

泣けるエピソードも多く、バトルシーンもあるので、男女問わず楽しめる作品です。

第88位  りりむキッス / 河下水希

自他共に認める硬派で、ケンカに明け暮れる男子高校生・斉木貴也。ある日、小さな瓶のペンダントトップがついているペンダントが空から落ちてきた。それを拾い、家に持ち帰って瓶の栓を抜くと、突然目の前に力なく横たわる美少女が現れた。その美少女は目を覚ますなりいきなり貴也にキスをしてきた。彼女の正体は男の生気を吸い取る夢魔・りりむだった。それから貴也は彼女に振り回される受難(?)の日々を送ることになる。

河下先生の作品の中でも最高にエロい作品です。

ただ、露骨なエロさではなく、届きそうで届かない!!見えそうで見えない!!

そんな読者をモヤモヤさせる描写が上手い。

2巻なのでサクっと読める。

第87位  シャーマンキング / 武井宏之

森羅学園中等部に通う少年・小山田まん太は、ある日の帰宅途中、墓場で幽霊と戯れる少年と出会う。少年の名は麻倉葉。彼は霊と様々な交流ができる者、シャーマンと呼ばれる者達の一人だった。彼は500年に一度行われるシャーマン同士の戦い「シャーマンファイト」に参加するために上京してきていた。シャーマンファイト、それは全世界のシャーマンを統べる「シャーマンキング」を決める戦いである。葉と友人になったまん太は、彼を通じて様々なシャーマンたちと出会い、その戦いを目撃していく。

霊感バトル漫画の王道と言える作品です。

途中で打ち切りになってしまったのが凄く残念だった。(コミックではちゃんと完結してる)

主人公の脱力キャラが良いよね。

名言も多くて、人によってはこの作品が当時のジャンプ連載の中で1番好きだったっていう人もいるはず。

とにかく緩く読みながら、いつの間にかどんどん物語に引き込まれる不思議な引力がある作品。

ハマリすぎにご注意を

第86位  武装錬金 / 和月伸宏

created by Rinker
¥842
(2019/08/23 19:24:26時点 Amazon調べ-詳細)

ごく普通の高校生だった「武藤カズキ」。

ある夜、化け物に襲われそうになった少女を助けようとして心臓を貫かれて死亡します。

しかし彼は錬金術の粋を集めて作られた「核鉄」を心臓がわりに移植されることによって蘇生。

それを移植した少女「津村斗貴子」と共に、人に仇成すホムンクルスとの戦いに身を投じることに。

周囲の級友や妹たちを守り、自分のような犠牲者をもう二度と出さないために―ー!

あの「るろ剣」の作品ということでかなり話題を集めた作品。

ジャンプ連載では、急に打ち切りになってしまったけど、その後は、赤マルジャンプで2回復活して、衝撃的な最終回を迎えて完結した。

当時、最終回までの展開が神がかってると話題になった。

王道のバトル漫画ですけど、ライバルというか超個性的な敵キャラが病みつきになる。

あと、主人公の先輩の決めセリフである「はらわたをぶちまけろ!!」ってセリフが印象的でした。

バトルシーンは本当に一見の価値ありです。



スポンサーリンク

第85位  ホイッスル / 樋口大輔

主人公・風祭将はサッカーが大好きな中学生。夢はJリーガーとなり、世界でプレーすること。サッカーの名門である武蔵森学園中等部に通っていたが、背が低いという理由で3軍に回され、練習に参加することも許されなかった。サッカーをしたい一心で桜上水中学校に転校するも、武蔵森のレギュラーが来たと誤解されて恥をかき、一度は姿を消す。しかし、桜上水の水野やシゲ、不破といった仲間たちと切磋琢磨する中で、サッカー選手としても人間としても成長していく。

サッカー漫画と言えば、私はこれが名作中の名作だと思う。

当時は、ジャンプの中で地味な立ち位置だった作品。

なんせ、ワンピースやナルト、ハンターハンターが大流行してたからね。

本作の魅力は、「努力の過程がリアル」ってこと。

精神論よりも、ちょっと普段の練習に取り入れてみようかな?っていう現実的な練習方法とかが描かれている。

あと、主人公が凡人であるっていうのも共感できる。

登場するキャラクターも、等身大のキャラクターが多いので、自分たちに近く、共感できる内容だった。

アニメ化もされたほど何気に人気作品です。

第85位  遊☆戯☆王 / 高橋和希

ゲーム好きな高校生、「武藤遊戯」は、いじめに遭って友達がいなかった。彼は祖父の双六から貰った、誰も解いたことのない古代エジプトの秘宝「千年パズル」を8年間も組み立て続けていた。パズルを解くことに成功したその瞬間、ゲームの天才としての技量を身につけた大胆不敵なもう一つの人格・闇遊戯が覚醒する。以降、遊戯自らも気が付かないままに闇遊戯は表出し、世の中にはびこるならず者に「闇のゲーム」を挑み、敗北すれば恐ろしい「罰ゲーム」を下して成敗してゆく闇の番人となる。

未だに絶大な人気を誇る作品。

遊戯王と言えば、カードゲームなんだけど、実は作品初期の頃は、カードゲーム以外のゲームもよくやってた。

闇のゲームっていう設定がかっこよかった。

なんか悪い奴を成敗する、もっとヤバイ奴=主人公

っていうねw

2016年に復活映画もされて、私も見に行ったのだけど、ファンとしては懐かしくも新しい世界だった。

子どもから大人まで楽しめる名作です。

第84位  封神演義  / 藤崎竜

今から3000年前の古代中国、殷の王朝時代。第30代皇帝紂王は文武共に優れた名君であった。しかし邪心を持つ仙女の妲己を皇后に迎えて以来、彼女の怪しい術に惑わされ、かつての賢君は見る影も無い抜け殻になった。悪政を続ける紂王と妲己によって国は乱れに乱れた。そこで仙人界崑崙山の教主元始天尊は悪の仙道を神界に封じ込め、革命による新たな王朝を作る計画「封神計画」を弟子の太公望に実行させる。

太公望は妲己という強大な敵に立ち向かうため、持ち前の頭脳と人を惹き付ける人格で仲間達を集め、宝貝という仙界の道具を使い、共に封神計画を進めていく。そして紆余曲折ありながらも順調に進む封神計画の中、新たな事実が次々と判明していく。

あまり世間では評価されてないかもだけど、間違いなく名作といえる。

歴史に関するストーリーが中心に進んでいくから、難しく感じるけど、強敵をバシバシやっつけていくっていう王道ストーリー。

ただね、敵が強すぎるんだわ。毎回。

正面からぶつかっても絶対に勝てないっていうね。

そこで、主人公が持ち前の頭脳と人徳で色々な仲間を集めて、最終的に勝つっていうね。

主人公が策士っていうキャラが斬新だった。

2018年に待望のアニメ化もされて、いまだに根強い人気を誇る。

コミックの表紙に隠された秘密も、当時は読者には驚かれたw

コミックの表紙から既に伏線っていう驚きだよな

第83位  地獄先生ぬ〜べ〜 / 真倉翔 ・岡野剛

「鬼の手」を持つ霊能小学校教師の「ぬ〜べ〜」こと鵺野鳴介が児童を守る為に、妖怪や悪霊を退治する学園コメディーアクション。

ラブコメ×バトル×ホラー×お色気っていうかなり異色な作品。

学校の怪談をテーマに進んでいく1話完結のストーリー。

割とかなり怖いエピソードもあって、夜眠れなくなる人もいたとか・・・w

主人公がエロいけど、めっちゃかっこいいんです。

あと、主人公の生徒が小学生とは思えないナイスボディ+可愛いキャラばかりでハーレム状態だったw

バトルシーンは結構、シリアスな展開になったりするのでかなり面白い。

第82位  DRAGON QUEST ーダイの大冒険ー / 三上陸、稲田浩司

かつて世界と人間は、強力な魔族である魔王ハドラー率いる魔王軍によって征服されようとしていた。しかし、勇者とその仲間たちによってハドラーは倒され、モンスターも魔王の支配から解き放たれ、世界に平和が訪れた。

それから十数年後。モンスターが平和に暮らす怪物の島「デルムリン島」で、勇者に憧れる、唯一モンスターでない少年ダイが、心優しい鬼面道士のブラスに育てられながら、ゴールデンメタルスライムのゴメちゃんを始めとする友達のモンスターたちと共に暮らしていた。

時に島に現れた悪い人間を撃退し、時にさらわれたゴメちゃんを助けに島を飛び出したりしながらも平和に暮らしていたが、ある日ゴメちゃんを除いた島のモンスターたちが凶暴化してしまい、ブラスから魔王の復活を聞かされる。狼狽するダイだったが、そこに勇者の家庭教師を名乗る謎の人物アバンとその弟子の魔法使いポップが現れ、島を結界で覆いモンスターたちを魔王の支配から救うと共に、ダイを弟子にして、秘められた力を開花させていく。

あの有名RPGが漫画になったってことで話題になった作品。

最近のRPGゲームをモチーフにした作品の原点とも言える作品。

当時はゲームはドット絵だったので、細かい描写を想像するしかなかったんだけど、それが絵でリアルに描写されてます。

かなり感動だった。

主人公が徐々に強くなっていく様子もRPGっぽくて面白い。

第81位  ピアノの森 / 一色ひかる

主人公の一之瀬海(カイ)は、「森の端」に捨てられたピアノをおもちゃ代わりにして育ってきた。ある日、カイが通う小学校に転校生として、世界的なピアニストが父の雨宮修平がやってくる。雨宮は、カイが森でピアノを弾いているところを見て驚き、そのことを小学校の音楽教師であった阿字野壮介に伝える。かつて天才ピアニストであった阿字野はカイの才能に気付き、弟子として迎える。雨宮や阿字野と出会ったカイはピアニストとしての才能を開花させていき、やがてショパン・コンクールで世界に挑戦する。

ピアノをやったことある人なら、めっちゃ分かる!!って思うはず。

私もピアノを26年ぐらい続けてますが、主人公たちに共感しまくりです。

ピアニストという生き方がリアルに描かれています。

小学生時代から青年期までの成長の様子も面白い。

ピアノって良いよな。



スポンサーリンク

おすすめの面白い漫画ランキング80位~51位

ここからは更に終盤になっていきます。

既に名作と呼ばれる作品ばかりですが、あなたが大好きな作品はありましたか?

 

第80位  亜人 / 桜井画門

17年前のアフリカの戦場で死ぬことがない新生物「亜人」が確かめられた。世界は大きな騒ぎに包まれたが、死なないことを除けば人間と変わらないことが明らかになると人の心に止められることはなくなった。

初夏、友達と下校中だった少年永井圭は、交通事故に遭い轢死するが、すぐに生き返った。永井圭は亜人であった。敢え無く政府に追われる身となった圭は、親の影響で遠ざかっていた幼馴染の海斗を頼り逃げる。ひるがえり戸崎を始めとする政府機関の集団と、「帽子」と呼ばれる謎の男である佐藤が、亜人の田中と共に圭に近付こうと試みる。やがて圭は、海斗と別れて佐藤に近付く。

圭は「静かな生活を送ろう」という佐藤に心を許しかけるが、佐藤の手によって戸崎の所属する厚生労働省に差し出されてしまう。そして厚労省の暗部で行われていたのは、亜人へのむごい虐待実験だった。圭はそこで、幾たび殺されても死ねないことによる地獄を見る。10日後、佐藤たちが亜人研究所に乗り込み、圭を救う。しかしその過程で圭の非情な、そして佐藤の残忍な本性が露わになり、圭は佐藤との戦いの末に別れて研究所から逃れた。

2014年にマンガ大賞にノミネートされた人気作品です。

佐藤健や綾野剛が実写映画に出演し、動員ランキング初登場1位を飾りました。

累計発行部数400万部を超えたこの作品の魅力は、やはり佐藤という狂ったおじさんです。

佐藤の戦闘時での判断能力の早さや躊躇のない殺戮が凄まじいスピード感を生み、読み出したら止まらない中毒性があります。

不死身って凄いよな。

第79位  魔法先生ネギま! / 赤松健

舞台は普通と変わらない現実の世界。しかし、その世界には迷信と信じられていた魔法が密かに存在していた。

イギリスのウェールズにある、魔法使い達の村。その村のメルディアナ魔法学校を首席で卒業した、10歳の天才少年がいた。

少年の名はネギ・スプリングフィールド(通称「ネギ」)。彼の目標は「立派な魔法使い(マギステル・マギ)」になって、行方不明になっている父親のナギ・スプリングフィールドを探す事である。

魔法学校を卒業した後、ネギは「立派な魔法使い(マギステル・マギ)」になる為の修行として与えられた課題が日本の学校で教師をやる事だと知る。

2003年2月、1人日本に向かったネギが辿り着いた先は巨大な学園都市「麻帆良学園」。その内の麻帆良学園本校女子中等学校でネギは自分の正体を隠したまま教育実習生として、2年A組の代理教師を務める事となる。

魔法×ラブコメ×バトルっていうね。

赤松先生の描く女性キャラはどれも個性が強くて、可愛い。

ラブコメ要素が強いんだけど、本筋のストーリーがシリアスで規模がでかい話になってくる。

主人公が数多くのヒロインの中から最後に誰を選択するのか?最後まで読めたい展開でしたw

バトルシーンも、スピード感があって良かった。

第78位  GANTZ / 奥浩哉

created by Rinker
¥896
(2019/08/23 12:36:02時点 Amazon調べ-詳細)

ある日、玄野計は地下鉄のホームで小学生時代の親友だった加藤勝を見かける。正義感の強い加藤は線路上に落ちた酔っ払いを助けようとするが1人では抱え上げられず玄野に手伝いを求める。2人はホームに戻り損ね、線路に進入してきた電車に轢かれて死んでしまう。次の瞬間、彼らはマンションの一室にいた。そこには同じように死んだはずの人々が集められていた。部屋の中央にある謎の大きな黒い球。彼らは、その「ガンツ」と呼ばれる球に、理由もわからないまま星人を「やっつける」ように指示され、別の場所へと強制的に転送されていく。

グロテスクなシーンが魅力的すぎるクセありまくりの作品。

何と言っても、リアルすぎる作画です。

現実世界の風景もそうだし、登場人物の設定がリアル。

本筋の謎解き要素に関して、全く関わらずにがんがん進んでいくストーリーが凄かった。

読者的には、いつになったら「黒い謎の物体 ガンツの正体が明かされるの?」と大きな謎を抱えたままです。

作品の理不尽な設定もそうだけど、読者に対する「何も明かさない」という理不尽なスタイルも魅力的だった。

1話読み飛ばすと、その間に伏線の謎解き要素があったのでは?とヒヤヒヤしながら読み飛ばせないでいましたw

第76位  新世紀エヴァンゲリオン / 貞本義行

物語の舞台は西暦2000年9月13日に起きた大災害セカンドインパクトによって世界人口の半数が失われた世界。その15年後の西暦2015年、主人公である14歳の少年碇シンジは、別居していた父、国連直属の非公開組織・特務機関NERV(ネルフ)の総司令である碇ゲンドウから突然第3新東京市に呼び出され、巨大な汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオン(EVA)初号機のパイロットとなって第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」と戦うことを命じられる

大ブームになった通称エヴァ。

ロボット作品って言えばそうなんだけど、ストーリーと世界観が独特すぎて理解するのに何度も読み込む必要がある。

アニメ版と映画版でラストの結末が違うっていう設定が斬新だった。

作品の世界観や謎を解説したサイトもあるぐらい。全部を理解しきるのは時間かかるけど、全部が繋がった瞬間に、名作だと思った。

私はアスカ派でした



スポンサーリンク

第75位  未来日記 / えすのサカエ

周囲に関わろうとせず「傍観者」であることを望む中学2年生の少年・天野雪輝は、見聞きした全てを携帯電話の日記に付けていた。友人と呼べるのは、自分の空想した人物、時空王「デウス・エクス・マキナ」と彼の小間使い「ムルムル」だけである。

ところがある日、自分がまだ体験していないはずの未来が日記に書かれるようになる。それは空想のはずのデウスの仕業だったのだ。未来を知ることで調子に乗り、有頂天になる雪輝。しかしその後、同じように「未来日記」を持つ人間が自分を含め12人いることと、その12人による次期時空王の座をかけた殺し合いのサバイバルゲーム(内容的にはバトルロワイアル戦に等しい)が開かれていることを知る。

バトルロワイヤルものの漫画の中では斬新な「未来」の読みあい。

頭脳戦が中心なのですが、結構、怖いシーンが多くて、「え?ホラー映画だっけ?」って思うシーンが多い。

冒頭から盛大な伏線として、「由乃」というキャラが登場しますが、主人公との関係などの秘密が最終回で明かされたときは、誰もが騙されたって思った。

ってか、こんな壮大な伏線だったのかってビックリしたわw

心理戦が好きな人は絶対にハマるぜ。

第74位  LIAR GAME / 甲斐谷忍

周囲から「バカ正直のナオ」と呼ばれるほど、他人を信じやすい女子大生・神崎直。そんな彼女のもとに小包が届けられる。 「LIAR GAMEに参加される場合のみ、この箱をお開けください」という注意書きをよく読みもしないうちに、ナオは小包を開封してしまう。その中には1億円分の札束がしまわれており、「いかなる手段でもかまいません。対戦相手からマネーを奪ってください」と書かれていた。

こうしてナオは、謎の組織「ライアーゲーム事務局(LGT)」が主催するゲーム・トーナメント「ライアーゲーム」の第一回戦「1億円争奪ゲーム」に強制的に参加させられることになった。なんとかゲームを降りようとするが、どこに相談してもまともに取り合ってもらえない。やがて、対戦相手が発表されたが、その相手はナオの中学時代の恩師、藤沢だった。早速藤沢のもとへ向かったナオだったが、藤沢の言葉に惑わされ、まんまと1億円全額騙し取られてしまう。なんとか1億円を取り戻そうと躍起になった直は、出所したばかりの天才詐欺師・秋山深一に助けを求める。秋山の手助けにより、ナオは藤沢から1億円を取り戻すことに成功するものの、勝利の確定後、ナオは藤沢に1億を返した。これで終わりと安心するナオに数日後、第二回戦への案内状が届く。

究極の騙しあいゲームが始まる!!

当時は、この「騙しあい」的なテーマが流行したけど、その中でも大ヒットした作品。

ドラマ化もされたけど、私はやっぱり原作が好き。

完全なる頭脳戦なんだけど、どう考えてもここからの逆転は無理でしょ?って思ってる場面からの一発逆転が凄いw

じっくりと読み込みたい人は是非読んでみて。

この作品は、何気ない一言も見逃せないシーンが多いから、ハマれる人はハマる。

第73位  最終兵器彼女 / 高橋しん

北海道のある街で暮らすシュウジとちせ。ちせは以前から好意を抱いていたシュウジに告白、そのぎこちない交際は交換日記から始まり、二人は静かに愛を深めていく。

しかし、ある日、謎の「敵」に街が空襲される。戦火から逃げるシュウジが見たのは、腕を巨大な武器に変え、背から鋼鉄の羽根を生やし「最終兵器」と化して敵と戦うちせの姿であった。

戦争が激化していくにつれ、ちせは力が暴走していき、肉体も精神も人間とはほど遠いものとなっていく。

一方、シュウジの周りでは親友や女友人、先輩たちが次々に戦禍で故人となっていく。

壊れていく世界。壊れていく愛。シュウジはちせを連れて街を出る。

ラストシーンは、原作版・アニメ版・映画版ともに全く違う内容である。

過酷な状況におかれている思春期真っただなかの少年少女たちを、繊細に描きだしているところが魅力

作中のストレートな性的描写には賛否両論ありますが、人間と兵器が交わってしまったヒロインの「人間らしさ」を表現していているもののひとつなので、はずせない大事なポイントでもあります。

結構、せつない話なので、泣ける。

第72位  orange / 高野苺

created by Rinker
双葉社
¥670
(2019/08/23 12:09:07時点 Amazon調べ-詳細)

長野県松本市に住む女子高校生・高宮菜穂は2年生になった4月の始業式の日、差出人が自分の名前になっている手紙を受け取る。

その手紙には、26歳になった10年後の自分が後悔をしていて、その後悔を16歳の自分には味わってほしくないこと、菜穂に今後起きること、それに対して菜穂にしてほしい行動が書かれていた。

菜穂は、初めは誰かのいたずらと思っていたが、手紙に書かれていた通り、成瀬翔が東京から転校してくる。手紙には、5月に成瀬翔を好きになること、翔が17歳の冬に事故で亡くなること、その事故は防ぐことが出来たと書かれていた。

10年後の菜穂が手紙を書いた目的が翔を事故から救うことと分かり、16歳の菜穂は「翔がいない未来」を変えるため手紙に書かれているように行動しようと努力する。手紙に書かれていた通り菜穂は翔を好きになるが、手紙を詳細に読むと、翔は事故死ではなく自殺の可能性があることを示唆していた。

そんなある日、菜穂は須和弘人から「手紙、届いた?」と質問をされ、弘人に届いた10年後の26歳の弘人が書いた手紙を見せられる。

さらに、村坂あずさ・ 茅野貴子・ 萩田朔にも未来の自分自身から翔を救うための手紙が届いていることを知り、5人は協力して「翔がいない未来」を変えていく。

泣けるぞ!!

油断して、爽やかな青春ものでも読もうかなって軽い気持ちで読み始めると思い切り泣かされるからな!!

未来を変えるっていう設定は、ありがちなテーマだけど、その変え方っていうのがリアルなんだよね。

高校生って色々と人に言えないことを抱えるじゃん?

あのときの何とも言えないもどかしさや恋模様を繊細に描いてます。

何度も言うけど、泣けるから心して読むように!!

第71位   のだめカンタービレ / 二ノ宮知子

ピアノ科に在籍しながらも指揮者を目指すエリート音大学生・千秋真一は、胴体着陸の恐怖体験による重度の飛行機恐怖症に加えて海で溺れたことのトラウマのため船にも乗れないことから、クラシック音楽の本場であるヨーロッパに行くことが出来ず、将来に行き詰まりを感じて思い悩む日々を送っていた。担任の教授の教育方針に反発し、口論の末に決別。別れた彼女にもつれなくされて自暴自棄になっていた。

ある日、千秋は酔っ払って自宅の前で眠ってしまう。目が覚めると周囲にはゴミの山と悪臭、そして美しいピアノソナタを奏でる女性がいた。彼女の名前は野田恵(通称・のだめ)で、なんと千秋と同じマンションの隣の部屋に住み、同じ音大のピアノ科に在籍していたのだった。入浴は1日おき、シャンプーは3日おきというのだめだったものの、千秋はのだめの中に秘められた天賦の才を敏感に感じ取る。そしてのだめもまた、千秋の外見と音楽の才能に憧れて彼に纏わり付くようになる。この出会い以来、千秋はのだめの才能を引き出すべく、何だかんだと彼女に関わるようになる。

さぁ、楽しい楽しい音楽の時間だ!!

音楽をテーマにした漫画の中でダントツに面白い名作です。

ギャグ要素も多いけど、主人公たちの恋の結末も最後まで見逃せない。

私もピアノを人前で演奏する直前に、心の中で「楽しい楽しい音楽の時間の始まり♪」って思ってステージに上がってます。

音楽の世界をコミカルに分かりやすく描いてるので、知識がない人でも楽しめる。



スポンサーリンク

第70位  To LOVEる-とらぶる- / 矢吹健太朗

主人公の結城梨斗(以下「リト」と表記)は、恋愛に奥手な男子高校生。クラスメイトの女子高校生・西連寺春菜に恋しており、実は春菜とは両想いだが、互いにその事実を知ることはなかった。
そんなリトのもとに、ララ・サタリン・デビルークと名乗る宇宙人の女の子がやってきた。ララはデビルーク星の王女で、婚約者候補との見合いが続く日々に嫌気が差し、デビルーク星から家出をしてきたという。ララを追っ手から守ったリトは、その後の勘違いからララの婚約者候補となってしまう。
ララとの出会いを境に、リトは連鎖的にトラブルに巻き込まれるようになる。やがて、リト、ララ、春菜の三角関係や金色の闇(以下「ヤミ」と表記)、ルン・エルシ・ジュエリア、古手川唯といった少女たちとの交流を軸に、リトの日常はよりエッチでドタバタな日々へと発展していく。

矢吹先生がまさかのラブコメ転向に凄く驚いた。

キャラクターたちがどれも可愛いんだけど、お色気シーンが毎回、必ずあって、ジャンプ連載時には「小休止」がてら読んでました。

いわゆるハーレム漫画なんだけど、コミカルに可愛く描かれているので、結構笑えるシーンが多い。

続編のダークネスになってからはほとんど読んでないけど、現在も連載されてる人気作品。

第69位  Black Cat / 矢吹健太朗

「秘密結社クロノス」に暗殺者としての優れた才能を認められ、クロノスの精鋭部隊ナンバーズ特例の13人目として採用された、トレイン=ハートネットは、抹殺者(イレイザー)として暗躍し、裏の世界では、通称「ブラック・キャット」と呼ばれていた。

ある日、彼は掃除屋のミナツキ=サヤと出会い、彼女の影響から組織の暗殺者を辞めて、掃除屋として生活しようとする。しかし、それを快しとしないクロノスでの相棒・クリード=ディスケンスにより、サヤを殺されたトレインは掃除屋として、クリード率いる狂気の革命集団「星の使徒」との壮絶な戦いに身を投じていく。

矢吹先生と言えば、こっちの方が好きですね。

がっつりと「殺し屋」としての過去がある主人公。

凄腕の銃の腕前なのに、気ままな放浪生活をしてるっていう設定も良いよね。

絵がかなりキレイだし、バトルシーンが臨場感のある描写なのが魅力。

ちょっとハードボイルドちっくなストーリーが面白い。

第68位  BLEACH-ブリーチ- / 久保帯人

created by Rinker
¥421
(2019/08/23 09:55:17時点 Amazon調べ-詳細)

霊感が強い高校生・黒崎一護は、悪霊退治に来た死神・朽木ルキアと出会う。最初は死神の存在を信じなかった一護だが、人の魂を喰らう悪霊・虚(ホロウ)に襲われたことでルキアを信じざるを得なくなる。家族が襲われたことに激昂し虚に立ち向かう一護だったが、普通の高校生が虚に敵うはずもなく、一護を庇ったルキアは重傷を負ってしまう。絶望的な状況下で、ルキアは最後の手段として一護に死神の力の一部を分け与えることを提案し、一護は死神となって虚を退治した。

しかし、一護がルキアの予想以上に死神の力を吸い取ってしまった為、ルキアは死神としての力をほとんど失ってしまう。そこでルキアは、自身の力が回復するまで死神代行を務めるよう一護に迫る。一度は断る一護だが、家族を救ってもらった恩に報いるため、死神代行を引き受け、様々な騒動に巻き込まれていく。

連載当初は、幽遊白書と同じような設定だなって思ってました。

実際は、全然違ったんだけどね。

完全に王道のバトル漫画なんだけど、主人公よりも敵キャラがみんなかっこいい。

剣で戦うスタイルも最近では少ないので、戦闘シーンは緊張感があるので見どころです。

第67位  MAJOR / 満田拓也

主人公・本田吾郎の夢は、おとさん・本田茂治のようなプロ野球選手になること。茂治は横浜マリンスターズ(アニメでは横浜ブルーオーシャンズ)の一軍半のピッチャーだったが、怪我に泣かされ思うような活躍が出来ず引退を考えていた。茂治を信じる吾郎のためチームメイト茂野の助言もあり打者に転向し、代打の切り札とまで言われるようになる。そんな中、メジャーリーグの超大物ピッチャージョー・ギブソンが東京シャイアンズのピッチャーとして来日。茂治はギブソンの160km/hを見事バックスクリーンへと運ぶ。だが次の打席、デッドボール(158km/hの球)が茂治の頭を直撃した。軽傷と思われ試合は続行されたが、翌朝、茂治は自宅で倒れ死亡する。ギブソンは葬式の前に吾郎に会い、茂治を自分と対等の存在と認める。吾郎を保険金目的のため引き取ろうとする伯父夫婦に引き取られようとする中、茂治と婚約していた桃子先生が吾郎を引き取り育てることを決意する。

主人公が幼少期から大人になるまでを描いた野球漫画です。

全部で78巻もあるから、長い!!

野球漫画として名セリフも多い。

それに、現実のプロ野球選手の多くがこの作品を読んでたと言うぐらいの面白さである。

漫画を通して夢をかなえさせてくれる作品って中々ないよな。

主人公と自分を重ねて読んじゃう人があまりに多かったから、完結したときには、多くの読者が「MAJORロス」に陥ったらしい。

第66位  天使な小生意気 / 西森博之

9歳の少年・天使恵は、幼馴染みの花華院美木と遊んでいる最中、子供たちからいじめられていた魔法使いの格好をした老人を助けたことから、お礼として魔本「天の恵み」をもらう。そして、その本から現れた小悪魔から「ひとつだけどんな願いでも叶えてやる」と言われた恵は「男の中の男にしてくれ」と頼んでしまう。しかし、恵は「男の中の男」ではなく、「女の中の女」にされてしまった。

それから約6年経ち、高校生になった恵と美木は剣ヶ峰高校に入学。そこで、蘇我源造や藤木一郎、安田太助、小林一文字ら個性豊かな仲間達と出会う。彼らとの学園生活をテンポの良いコメディタッチで描写しつつ、彼らの前に立ちはだかる様々な障害や事件にまっすぐに立ち向かう様子、そして恵や恵に魅了された男達「めぐ団」の男らしい活躍と個々の人間的な成長を描いてゆく。

原作者がヤンキー漫画の「今日から俺は!!」と同じ作者なんですよ。

驚きですよね。

主人公の天使恵(あまつか めぐみ)という美少女を中心に、バトルあり恋愛ありギャグありの高校生活が描かれています。

連載当時は、世間ではあまり高く評価されてなかったんですけど、連載が終わってから話題となった名作です。

この作品の魅力は、なんといっても特別なカッコよさのあるキャラクターたち!

そして彼らが織りなすトラブルやどこか癒し系の日常描写にあります。

ただの美少女でもないしただヤンキーのでもない、そんな彼女と彼らの生きざまに、ときに感動し、ときに爆笑し、ときにはキュンキュンさせられます。



スポンサーリンク

第65位  BLOODY MONDAY / 恵広史/龍門諒

主人公の高木藤丸は、普通の高校に通う2年生。普段は無気力でだらしがない少年だが、裏では天才的なハッキング能力を持つ、正体不明のカリスマハッカー『ファルコン』として、父・竜之介が所属する公安調査庁の一組織『THIRD-i』の仕事を手伝っていた。一方、極寒の地・ロシアで、売人から極めて危険なウイルスを手に入れた謎の女テロリスト・折原マヤは日本へと向かい、藤丸の通う弥代学院へ生物教師として赴任して来た…。

ドラマ化もされた本格的なミステリー漫画です。

ミステリーっていうか、テロリズム?をテーマにした作品です。

主人公が天才ハッカーという設定がかっこいい。

それと、本作の魅力は敵として登場するキャラクターの美人お姉さんが凄い魅力的です。

ドラマでは、吉瀬美智子さんが演じられてましたが、このキャラの印象が強いので、他のドラマに出演してる際にも、本作のキャラ名で呼んでしまいます。

バトルものではないけど、頭脳戦と巧妙な人間関係がスリル感たっぷりです。

海外ドラマの24が好きならハマる作品です。

第64位  RAVE / 真島ヒロ

光の聖石レイヴと闇の魔石ダークブリングの戦争により、当時世界の10分の1を破壊したと言われるオーバードライブが起こってから50年後の世界。ガラージュ島に暮らす少年ハル・グローリーは、老人シバと出会う。レイヴの使い手である初代レイヴマスターのシバからレイヴを受け継ぎ、二代目レイヴマスターとなったハルは世界を救う旅に出ることになる。旅の先々での人々との出会い、別れを経て辿り着くのは世界の真実。ハル達の選ぶ答えとは。

真島先生の代表作。王道のファンタジーバトル漫画です。

バトルシーンも確かに見ものなんだけど、ちょいちょい泣けるんですよね。

毎回、良いところで終わり、謎が謎を呼ぶ展開なので、続きが読みたくてたまらなくなる作品です。

主人公の成長っぷりもかっこいい。

長い旅の果てに辿り着く秘密が明らかになる終盤は、目が離せない展開です。

第63位  クロスゲーム / あだち充

主人公はスポーツ用品店・キタムラスポーツの一人息子である樹多村 光(以下「コウ」と記述)。近所のバッティングセンターを営む月島家(父親と長女・一葉、次女・若葉、三女・青葉、四女・紅葉)とは家族ぐるみの付き合いであり、同い年の若葉とは特に親しかったが、その反面1歳年下の青葉とは犬猿の仲だった。

初めは野球に興味がなかったコウだが、青葉の投球フォームを見て憧れ、人知れずトレーニングを始める。そして小5の夏、若葉が突然の事故で亡くなる。

中学生になったコウは、野球部にこそ所属していなかったがトレーニングは続けていた。そして、小学生の頃から付き合いがあった中西、赤石と共に星秀学園高等部野球部に入部したが、星秀では校長が病に倒れ、校長代理となった教頭が野球部の甲子園出場を掲げ、新たに外部から名監督との呼び声高い大門監督を招聘し、超高校級との呼び声高い東や高い野球センスを持つ三木など、有望な野球留学生を集めるようになっていた。

クロスゲームはタッチと並び称されることが多いですが、いわばタッチやH2など、あだち充作品のいいところどりをしたのがこのクロスゲームです。

タッチよりも野球のバランスが弱く、スポ根3割恋愛7割な印象。

またギャグもキレッキレで、筆者は今でも「逆なんてことはないんだよ、地球は丸いんだから」をプライベートでもよく使うそうです。

アニメ化もされているこの作品ですが、あだち先生が体力が続かず休載したほどの絵の迫力を、個人的にはぜひ漫画で楽しんでいただきたいと思います。

第62位  ヒカルの碁 / 小畑健

created by Rinker
¥421
(2019/08/23 21:06:24時点 Amazon調べ-詳細)

運動好きで頭を使うことが嫌いなごく普通の小学校6年生である進藤ヒカルは、祖父の家で古い碁盤を見つける。碁盤の血痕に気づいたヒカルは、その碁盤に宿っていた平安時代の天才棋士・藤原佐為(ふじわらのさい)の霊に取り憑かれる。非業の死を遂げたという佐為はかつて棋聖・本因坊秀策にも取り憑いていたという。囲碁のルールも歴史も知らないヒカルであったが、「神の一手を極める」という佐為にせがまれて碁を打ち始める。以降、佐為はヒカル以外には姿も見えず会話もできず、物を動かすことすら出来ない存在であることを前提に物語は進む。

日本中に囲碁ブームを巻き起こした伝説の漫画です。

将棋は知ってたけど、囲碁って少しイメージがしづらいですよね。

作中で囲碁のルールについて解説がありますが、正直、ルールが分からなくて雰囲気で囲碁が楽しめます。

何よりも絵が綺麗で分かりやすいんです。

作画の小畑先生はデスノートを描いた人ですからね。

本作の魅力は何と言っても、主人公の成長物語が面白いんです。

最初は小学生だった主人公が、中学生、高校生、大人へと成長していきます。

もちろんライバルも共に成長していきます。

私は、佐為が登場してるシーズンが好きだったんですが、大人になってから読み返すと、佐為が登場しなくなってからのストーリーの良さを痛感しました。

子ども向けというよりも、大人向けの漫画かなと思います。

セリフがめっちゃ多いから小説読んでる気分になるw

第61位  るろうに剣心 / 和月伸宏

幕末に「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客、緋村剣心。明治維新後は「不殺」(ころさず)を誓い、流浪人として全国を旅していた。神谷薫との出会いや、同じ激動の時代を生き抜いた宿敵達との戦いを通じて、贖罪の答えと新たな時代での生き方を模索していく。

映画にもなった名作。

時代漫画としては、これだけ多くの人に指示された漫画ってなかったんじゃないかな?

時代は明治なんだけど、ストーリーは王道の「悪者を成敗する」という分かりやすい展開。

序盤は1話完結なんだけど、徐々に長編シーズンになる。

特に「京都編」と呼ばれるシーズンは、めちゃくちゃ面白い。

敵キャラも魅力的な個性派揃い。

主人公とヒロインの恋の行方も気になる要素。

私は、斎藤一が好きでした。かっこいいよな。突きで壁を壊しちゃうぐらいなんだから当時は驚いたw

あと、弥彦の成長ぶりも心躍る。大人版の弥彦がイケメンになってて、感慨深かったw

現在は、続編の「北海道編」が連載されてます。



スポンサーリンク

第60位  僕のヒーローアカデミア / 堀越耕平

中国の軽慶市での「発光する赤児」の報道以来世界各地で超常現象が報告され、世界総人口の約8割が超常能力“個性”を持つに至った超人社会である。“個性”を悪用する敵(ヴィラン)を“個性”を発揮して取り締まるヒーローは人々に讃えられていた。主人公の緑谷出久も幼い頃から平和の象徴と謳われるヒーローオールマイトに憧れていた。出久は超常能力が発現しない“無個性”だったが、ヒーローになるという夢を諦めきれず、偉大なヒーローを多く輩出してきた偏差値79の国立雄英高校の難関ヒーロー科への進学を目指すが、幼馴染みで優秀な“個性”を持つ爆豪勝己をはじめとした周囲からは「合格は絶望的」と馬鹿にされていた。

ザ☆ヒーロー漫画です。(そのまんまじゃん)

久しぶりにジャンプで面白い王道の漫画がきましたね。

いわゆる超能力を駆使してバトルする系なんですけど、主人公が劣等生から始まるのが共感できる。

又、ライバル達も含めて、ぶつかりながらも成長していく様子が面白い。

エースと言われる人にも、それぞれ悩みを抱えていて、そのバックボーンや描写をリアルに描いてます。

くじけそうになったりしたときに、元気を貰える王道漫画ですね。

第59位  七つの大罪 / 鈴木央

人間と人間ならざる種族の世界が分かたれていなかった古の時代、ブリタニアの大地を舞台に、七人の大罪人から組織された伝説の騎士団〈七つの大罪〉の戦いを描く。

ブリタニア随一の大国・リオネス王国は、聖騎士達による『聖戦』のための軍備強化、更に増長した彼らの横暴によって荒れに荒れていた。十年前に聖騎士長殺しの濡れ衣を着せられた伝説の騎士〈憤怒の罪〉のメリオダスは、身分を隠して移動酒場を営んでいた折、自らに救国の助命を乞う第三王女エリザベスと出会う。

主人公たちがお尋ね者っていう設定が面白いよね。ありそうでなかった設定。

主人公たちがめちゃくちゃ強いんだけど、敵の強さが中盤から段違いに強くなっていくっていうねw

白熱するバトルシーンも面白いんだけど、主人公たちのラブコメディ要素が丁度良い。

特に主人公とヒロインの秘密が明かされて、それに向き合う覚悟を決めるシーンなんかは涙なしでは読めない。

お色気シーンやギャグ要素もちょいちょいあるので、全体的にバランスが取れた作品です。

第58位  ハイキュー!! / 古舘春一

created by Rinker
¥432
(2019/08/23 12:36:04時点 Amazon調べ-詳細)

ある日偶然春高バレーのテレビ中継を見かけた小柄な少年・日向翔陽は、「小さな巨人」と呼ばれ躍動する地元・宮城県立烏野高校のエースに心奪われバレーボールを始める。

低身長という身体的不利を補って有り余るほどの類稀なる運動神経とバネ、バレーへの情熱を持ち併せていた日向であったが、入学した中学校のバレー部に指導者どころか自分以外の部員がいないなど環境に恵まれず上達の機を逸していた。

中学3年の夏、やっとのことでメンバーを集めて出場した最初で最後の公式戦で、日向率いる雪ヶ丘中は「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター・影山飛雄擁する強豪・北川第一中に惨敗してしまう。

影山に中学校での3年間を否定された日向は、影山へのリベンジを果たすべく憧れの烏野高校排球部に入部。晴れて迎えた部活動初日、体育館に入った日向の目の前には影山の姿があった。

初めは反発し合っていた二人だが、それぞれの持ち味を生かした“トスを見ない”クイック攻撃、通称・「変人速攻」を編み出し、独りでは見ることのできない「頂の景色」を見るため、個性豊かな烏野高校の仲間たちと共に全国大会を目指すこととなった。

バレーボール漫画では名作です。

まずね、主人公たちが最初はめちゃくちゃ弱いっていうねw

スター選手が1人もいないんです。スポーツ漫画にしては珍しいよね

主人公なんて身長が162.8cmしかないのに、バレー部に入部するっていうねw

けど、そこからの努力が半端ない!!

恵まれない体格とか、技術とか、経験とかを、すべて努力でカバーするんです。

すっごい高くジャンプするとか、タイミングを早くするとか・・・。

登場人物1人1人の想いやストーリーが熱くて泣けるエピソードばかりなんです。

バレーボールってこんなにかっこいいスポーツだったっけ?

第57位  君に届け / 椎名軽穂

created by Rinker
¥421
(2019/08/23 19:24:32時点 Amazon調べ-詳細)

舞台は北海道。北幌高校に入学した黒沼爽子は性格は良いが、見た目が暗く、長い黒髪のせいで周囲からは「貞子」と呼ばれて恐れられ、クラスに全く馴染めないでいた。しかし、自身とは対照的な、爽やかで、学年で男女問わず人気者で、噂を全く気にしないクラスメイトの風早翔太と親しくなった事をきっかけに、友情・恋愛・進路などを通して爽子は成長していく。そんな爽子を中心とした登場人物それぞれの高校生活3年間の青春模様を描く

これほどピュアすぎる少女マンガは他にないよな。

累計発行部数2000万部を突破し、アニメ化、実写映画化もされた大ヒット作品。

この作品の凄いのは、男性からの支持者が驚くほど多いんだわ。

みんな、どんだけ純愛に飢えてるのよ

本作に魅力は、登場人物たちのピュアさ、素直な青春です。

高校生たちの純粋な優しさや思いやりによって友情が深まっていく様子を見ていると、「こんなに素直に気持ちを伝え合える友達がいるのって素敵だな」と思わず微笑んでしまいます。

青春で胸キュンしたい人は間違いなくおすすめ。

第56位  ハチミツとクローバー / 羽海野チカ

美大生・竹本祐太は同じアパートに暮らす先輩の森田忍や真山巧らに囲まれ大学生活を送っていた。

美大一の「変人」で「問題児」として知られる森田に振り回される毎日を過ごす竹本と真山。森田は時々大学に来ないときがあり、しばらくすると憔悴しきった姿でわけのわからないお土産と途方もない大金を手に戻ってくる。だが、森田は竹本や真山の食事や寝床を奪うなど傍若無人に振る舞い、金のことには一切触れようとせず、竹本らと貧乏暮らしをしていた。周囲の誰もが認めるクリエーターとしての高い才能を持ちながら、その才能に真摯に向き合おうとはしない森田に周囲はやきもきさせられる。

可愛らしいキャラクターと、洗練された心理描写の組み合わせが抜群の魅力を感じる作品です。

東京の美術大学を舞台に、恋に人生に悩む大学生たちを描いた青春群像劇です。

それぞれの登場人物にスポットが当てられ、挫折や心の葛藤を描きながら、最終的に一つの答え(未来)を導く姿が、とても印象的です。

また、大学生という立場にあるからこその社会との関わりあい、自分の才能との限界、過去との決別などの心理描写がとても秀逸で胸に残ります。



スポンサーリンク

第55位  青のフラッグ / KAITO

created by Rinker
¥555
(2019/08/23 21:06:25時点 Amazon調べ-詳細)

高校3年生…将来の進路に悩む時期に、出会った3人の男女。彼らを待つ、甘く、苦しく、切ない日々。

青春漫画の名手が贈る”純”愛物語、開幕!!

ジャンプらしくない次世代の青春漫画です。

いや、最初は全然期待してなかったんです。

けど、読む始めたら、続きが気になって仕方ないだわ!!

この漫画は1巻の第4話まで、普通の青春漫画のような、甘酸っぱく爽やかなテイストで描かれます。

ですが、第5話で「衝撃」の展開を迎えます。

こんな青春漫画の描き方ってあったか?

本作の魅力の1つは、「人を好きになること」と葛藤する彼らに共感でき、一緒になって答えを探す体験を味わえます。

っていうか、「好き」がどんな気持ちなら正解なの?

もっと言うと、「好き」に正解とか間違いとかあるの?

いや、私も全然わかんないんだけどさ、そういうのって真正面から考えることって少ないじゃん?

あと、この作品の構成がホントにスゴイんだわ。

この伏線の張り方ってジャンプ史上最高レベルだと思う。

映画を見てるような感覚になる作品です。

第54位  ヲタクに恋は難しい / ふじた

created by Rinker
¥840
(2019/08/23 12:09:10時点 Amazon調べ-詳細)

桃瀬成海は会社の同僚と交際していたが、腐女子であることがバレたことがきっかけでフラれ、その同僚と顔を合わせづらくなり転職する。転職先で、成海は幼馴染の二藤宏嵩と再会する。成海にとって宏嵩は自分の趣味を隠すことなく付き合えるオタク友達であり、そのため宏嵩と交際する気はなかったが、ある夜、宏嵩は成海に自分と交際した際のメリットを説き、それを受けて2人は交際を始める。

顔芸、ガチのオタクな会話、オタクあるあるなどのギャグが詰め込まれた漫画です。

ギャグ7割、恋愛要素3割の笑いと甘さの組み合わせでエンドレスに読める。

そんな本作の魅力は何といってもキャラ立ちが秀逸。どのキャラも一度見たら忘れられず、そして好感度抜群の人物たちです。

ヲタクという文化が一般社会に広く浸透するようになってきた近年だからこそ共感をうんだ作品です。

私も漫画やアニメ、ゲームなど好きですが、それを公然で話すと「キモイ」と何度も言われ続けてきましたからねw

第53位  DEATH NOTE / 原作:大場つぐみ 漫画:小畑健

警察庁刑事局長夜神総一郎の一人息子で現役で東応大学への進学間違いなしとされる秀才高校生の夜神月(やがみ ライト)はある日、通っている高校の敷地内で奇妙な黒いノートを拾う。それは死神・リュークが人間に拾わせ、どうなるかを見物するためにわざと落としたデスノートだった。ノートの所有権を得た月はリュークの姿が見えるようになり、ノートに課せられたルールを理解し様々な検証の上でその能力を確かめる。そして、自らの信じる『正義』を執行し、犯罪者の居ない新世界を実現するため世界中の犯罪者たちの名をノートに書き記して殺害していく。

ジャンプ漫画なのに一切「友情」が出てこなかった異例の漫画です。

これほど異なる「正義」がぶつかり合う頭脳戦を描いた物語は過去に読んだことがない。

本作の魅力はなんといっても、スリリングで高度な頭脳戦です。

この頭脳戦こそが物語の醍醐味であり、最大の特徴となります。

緻密な戦略と息詰まるほどの心理戦。

最後のシーンが壮絶すぎるので、読みながら息をするのを忘れてしまうぐらいでしたw

第52位  いぬやしき / 奥浩哉

現代の日本。老人のような外見の冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎は、会社や家庭からも疎外された生活を送っており、ようやく購入した一戸建てすらも家族の歓心を得ることができなかった。追い打ちをかけるように胃ガンだと診断され、余命3か月を宣告される。ガンのことを家族に打ち明けるタイミングが見つからず、打ち明けたとして家族が悲しんでくれるか思い悩む犬屋敷だったが、犬の散歩中に、高校生・獅子神皓と共に非常に小さな宇宙人による事故に巻き込まれ死亡してしまう。事故を隠蔽したい宇宙人によって、犬屋敷と獅子神は生前の記憶や精神を持った機械の身体となって蘇る。

木梨憲武、佐藤健での映画化が決定しており、2017年にはアニメ化もされた人気作品です。

同じくアニメ化、映画化もされた『GANTZ』の作者である奥浩哉が作者です。

ロボットとなった超人同士が現代日本で戦う迫力のバトル展開、それぞれ体は変わってしまったものの自分の気質にあった方法でそれを利用することの戸惑いや悲しみなどに引き込まれます。

今作の魅力は、一般的な漫画では主役級のキャラがまさかの敵ポジションっていうねw

こんな美少年なら、途中から読んだら、主人公だと勘違いする。

「善」と「悪」という対比がこれほど分かりやすく描かれている作品も珍しい。

第51位  坂道のアポロン / 小玉ユキ

1966年初夏、男子高校生・西見薫は船乗りの父親の仕事の都合で、横須賀から長崎県の佐世保市にある佐世保東高校[注 2]に転校した。

転校初日、同じクラスのバンカラな男・川渕千太郎との出会いをきっかけに、ジャズの魅力にはまり、薫の高校生活は思わぬ方向へ変化していく。更に、薫は千太郎の幼馴染である迎律子を好きになるが、律子は千太郎に、千太郎は上級生の深堀百合香に、百合香は桂木淳一に思いを寄せていて、それぞれの恋の行方も複雑になっていく。

ある日、薫は律子が千太郎のことが好きなのを承知の上で、律子に自分の思いを告白する。薫の告白に途惑う律子であったが、千太郎が律子の思いに気がつかないことから、次第に薫に魅かれていく。

一方、千太郎は百合香が淳一が住むアパートに居るのを偶然見かけ、激しく動揺する。

百合香は、家族から大学を中退し佐世保で無為に過ごす淳一との交際を反対されていた。

淳一は現在の自堕落な生活から立ち直ろうと、東京の出版社への就職を決める。それは、まだ高校生で佐世保から離れられない百合香との別れを意味していた。

繊細な主人公が自分とは正反対の豪胆な少年に出会い、彼から教えられたジャズの音楽とともに青春時代を過ごす……。

1960年代を生きた青年たちの青春がみずみずしく描かれた本作。2012年4月にアニメ化され、2018年3月からは知念侑李、中川大志、小松菜奈らで映画化されることでも話題です。

そんな本作の魅力は古くて新しいところにあります。

60年代を生きた人には懐かしいかもしれない作品の様々な要素ですが、それはその時代を知らない世代からすると新鮮です。

レトロという言葉だけでは片付けられない、郷愁を誘う魅力です。

ジャズ最高だぜ。



スポンサーリンク

おすすめの面白い漫画ランキング50位~21位

ここからいよいよベスト50に入っていきます!!

美堂
美堂
既に名作ばかりで、どれも1位になっててもおかしくないラインナップですよね
ペル
ペル
ホントにどれも面白いんだけど、上位50位からは「クセ」の強さが強烈だったり、読むのを止められなくなる作品ばかりニャ!



スポンサーリンク

第50位  BEASTARS / 板垣巴留

全寮制、中高一貫のエリート学校「チェリートン学園」。ある日この学園内で、草食獣アルパカの生徒テムが肉食獣に殺されるという「食殺事件」が起きた。警察の見解では学内の肉食獣が怪しいとのことで、生徒である肉食獣と草食獣の間には不穏な空気が流れる。それはテムが所属していた演劇部内においても例外ではなかった。

演劇部に所属するハイイロオオカミの少年レゴシは、大型の肉食獣であることに加えて寡黙な性格や意味深な言動が災いし、テム殺しの犯人だと疑いの目を向けられてしまう。幸いこの疑惑はすぐに晴れることとなるが、結局真犯人は見つからないままであり、学園内に生まれた肉食獣と草食獣の確執のようなものが消えることはなかった。

『マンガ大賞2018』に輝いた話題の漫画です!

登場人物の動物たちを擬人化した作品です。

表面上では仲良くしている動物たちだが、根底にある「捕食側(肉食動物)」「被捕食者(草食動物)」の本能は根深い問題で、制御できる者と、できない者に分かれてしまいます。

設定がぶっとんでる世界観なんですが、納得させられるストーリーも多く、読むのを止めることができないんですよね。

第49位  四月は君の嘘 / 新川直司

かつて指導者であった母から厳しい指導を受け、正確無比な演奏で数々のピアノコンクールで優勝し、「ヒューマンメトロノーム」とも揶揄された神童有馬公生は、母の死をきっかけに、ピアノの音が聞こえなくなり、コンクールからも遠ざかってしまう。

それから3年後の4月。14歳になった公生は幼なじみの澤部椿を通じ、満開の桜の下で同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合う。ヴァイオリンコンクールでかをりの圧倒的かつ個性的な演奏を聞き、母の死以来、モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色付き始める。

2012年マンガ大賞ノミネート、2013年講談社漫画賞少年部門を受賞した、新川直司先生の人気漫画です。

今作の魅力は、

  1. ピュアなラブストーリーとスポ根的熱さのバランス
  2. 演奏シーンの没入感
  3. ポエティックなセリフやモノローグ
  4. 主人公以外の成長ストーリーが豊富

ラブストーリー的要素が大きいですが、やっぱり何と言っても「ピアノ」という世界が魅力的に描かれています。

ピアノを少しでもやったことのある人なら、共感できるシーンがたくさんあります。

漫画を読んでいて、ピアノの旋律が聞こえてきたのは普通に凄く感動しました。

あと、めっちゃ泣けます。

ラストに近づくにつれて、涙腺崩壊必須です。

アニメ版もありますので、そっちもオススメ。

ピアノの曲が分からない人でも分かるようになってます。

音楽をテーマにした漫画で私史上最高に泣ける漫画でした。

第48位  鋼の錬金術師 / 荒川弘

アメストリス国の片田舎リゼンブールに生まれ育ち、高名な錬金術師ヴァン・ホーエンハイムを父親に持つ兄のエドワード(エド)と弟のアルフォンス(アル)のエルリック兄弟は錬金術師としての才能を開花させていく。だが、父の失踪後は女手一つで兄弟を育ててきた最愛の母親トリシャは病に倒れて帰らぬ人となった。兄弟は旅行でリゼンブールを訪れていたイズミ・カーティスが錬金術で水害から人々を救う姿に惹かれ、彼女に弟子入りを懇願する。厳しい試験と合格後の過酷な訓練で実力を磨き上げる。だが、それには重大な目的が隠されていた。

母親の死を受け入れられない兄弟は、錬金術における最大の禁忌人体錬成で母トリシャを蘇らせようと考えていた。だが、錬成は失敗。エドは左脚を、アルは自らの身体全てを失ってしまう。エドはアルまでも失うことを恐れ、自身の右腕を代価として父のコレクションの甲冑にアルの魂を定着させることに成功する。だが、生きる目的を失ったエドは廃人同然となり、アルは何も感じず、眠れぬ体に苦悩する。二人は父の親友で機械鎧(オートメイル)技師のピナコ・ロックベルに保護され、幼馴染みのウィンリィ・ロックベルと共に暮らすことになった。

累計5000万部を突破した荒川先生の代表作。

当時、ハガレンブームが起きまくって、手のひらを合わせて「錬成!!」とか言いながらマネしてる人が湧いてたw

本作のストーリーはかなり「重い」テーマを中心に繰り広げられます。

「生きるとは何か?」っていうテーマを少年向けのサンデーで連載してたのが凄い。

いわば、「邪道」の展開が多くの読者を魅了し大ヒットにつながった名作です。

ロイさんの指パッチンがめっちゃかっこよい。

第47位  私の少年 / 高野ひと深

created by Rinker
ノーブランド品
¥2,480
(2019/08/23 21:06:26時点 Amazon調べ-詳細)

ある年の春、東京のスポーツメーカーに勤務する30歳のOL・多和田聡子は、自宅近くの公園で早見真修という12歳の小学生と出会い、彼にサッカーを教えることになる。同じころ、聡子は元恋人・椎川文貴から飲みに誘われる。聡子は誘いに応じるが、その飲みの席で椎川から婚約者を紹介される。椎川の仕打ちにショックを受けた聡子は真修の前で涙を流し、真修に慰められる。一方で真修も複雑な家庭の事情を抱えており、聡子と真修は次第にサッカーの練習以外でも交流するようになる。しかし、2人の関係を知った真修の父親は怒り、聡子の勤務先に処分を求める。これを受けて、聡子は仙台市にある支社への異動を余儀なくされる。

異動から2年経ち、聡子は33歳の誕生日を迎える。その夜、聡子は、中学校の修学旅行で仙台を訪れていた真修と偶然再会する。真修は自身の連絡先を聡子に教え、2人は再び連絡を取り合うようになる。その後、聡子は、椎川に請われる形で東京に戻る。

設定がとにかくユニークすぎる!!

ストーリーの繋がりが上手なのでどんどん引き込まれます。

少年が純粋で可愛すぎます。

本作の魅力が男女関係ないのにドキドキできる描写がリアルっていうね。

忘れかけていたピュアな頃の甘いキモチを思い出させてくれる名作です。

第46位  ダイヤのA / 寺嶋裕二

統合により廃校が決まった母校・赤城中学(長野県)の名を残すため野球好きの少年・沢村栄純は同級生たちと共に中学制覇を目指す。だが、沢村の暴投により一回戦敗退が決まる。その試合をたまたま見に来ていた高校野球の西東京地区名門・青道高校のスカウト高島礼は沢村の持つ天性の素質を見抜き、彼をスポーツ推薦枠で招き入れたいと申し出る。青道高校を見学に訪れた沢村は天才捕手御幸一也と出会い、地元の仲間たちからも強く後押しされ上京を決意する。青道に入学した沢村は同じ一年生の降谷暁が投じた球のスピードを目にして度肝を抜かれる。

野球漫画が多いと感じてるかもしれませんが、ホント野球漫画に名作が多いんだから仕方ないよな。

今作は、現在の野球漫画のNo1作品と言える。

40年前はドカベン、30年前はタッチ、20年前はMAJORなど時代時代で名作が生まれました。

ストーリーは王道の熱血野球バカがどんどん勝ち上がっていくっていうストーリーです。

あれですね、スラムダンクの野球版をイメージして貰えれば間違いないよ。

個性豊かなチーム仲間達と最初は認め合わなくても、お互い努力し一緒のご飯を食べるにつれ、お互いのことを理解し、己のすべてをかけた誇り高き球児であることを認め合い、一丸となり大会に挑むその仲間との切磋琢磨する様子が本当にアツく感動できます。



スポンサーリンク

第45位  アイシールド21 / 作:稲垣理一郎 画:村田雄介

私立泥門(でいもん)高等学校に通う気弱な高校生、小早川瀬那は入学早々ひょんなことから泥門高校アメフト部「泥門デビルバッツ」に主務として入ることになった。その帰り道、彼をパシリにしていた不良たちに絡まれ、逃れるために泥門駅まで爆走して駆け込み乗車をした。それを目撃したアメフト部主将 ヒル魔に翌日強制的に選手にされ、唯一の取り柄である俊足で選手登録名「アイシールド21」として春大会を戦うことになる。

高校生のアメフトをテーマにした漫画です。

主人公がいじめられっこだったのが才能を見出されて活躍していく大逆転ストーリです。

名言・名セリフが多いので、アメフトをやったことがない人でも心に響く作品でした。

第44位  ベルセルク / 三浦建太郎

身の丈を超える巨大な剣や大砲を仕込んだ義手など様々な武器を手に、ひとりゴッド・ハンドを探し出す旅を続ける「黒い剣士」ガッツ。行き掛かり上共に旅をすることになった妖精パックと共に、各地で人々を脅かしている使徒を追い、狂戦士のような戦いを繰り広げる。

どす黒いダークファンタジーと言えばこの漫画で間違いない。

本作の魅力は、主人公の性格や行動動機の特殊性。

身の丈の大剣をダイナミックに振り回し、敵を屠る様はまさに「ベルセルク(狂戦士)」しかし、その主人公の性格にも最初は度肝を抜かれます。

物語の冒頭で、すでに主人公はライバルと浅からぬ怨恨を抱えており、その強く漆黒の衝動だけで生きています。

その性格は、「復讐の鬼」そのもの。

今どき見ない濃厚なキャラクターでしょう。

新しい仲間や周囲の変化によって徐々に変化してゆく主人公の心情や、周囲の変化も時間をかけて丹念に描かれ、自分もその場にいる様な感覚になります。

第43位  この世界の片隅に /こうの史代

昭和9年(1934年)1月、広島市江波で少女時代を過ごした浦野すずは、想像力が豊かで絵を描くのが上手く、自分が体験した出来事を、虚実の入り交じった漫画のような作り話にしてしまう才能の持ち主。小学生のすずは海苔を届けるお使いで中島本町に行く途中、「ばけもん」にさらわれる。すずは、ばけもんの背中の籠の中で見知らぬ少年・周作と出会う。すずは機転をきかせ、ばけもんを眠らせて周作と逃げ出す。それは夢とも現実ともつかない出来事だった。

映画が面白かったので原作も読んでみたらとても感動しました。

柔らかくて可愛いタッチで優しく描かれている絵が素敵。安心する。

苦しい戦時中の暮らしを、温かく描いた名作です。

第42位  NANA /矢沢あい

created by Rinker
集英社
¥475
(2019/08/23 14:25:39時点 Amazon調べ-詳細)

東京に住む彼氏と同居するため上京する小松奈々、ミュージシャンとして成功するため上京する大崎ナナ、出身地は異なるが同い年の2人のNANAは新幹線の中で出会った。その後、ひょんなことから奈々とナナは同居することとなる。さらに、ナナの所属するBLACK STONESと恋人の本城蓮が所属するTRAPNEST、2つのバンドのメンバーたちを交え物語は進んでいく。

「NANA」はテレビアニメ、実写映画化された超人気作品。

2009年夏から作者急病のため休載が続いています。
知らない世代も増えつつある(笑)

バンドブームが巻き起こった伝説の漫画です。

ストーリーはラブストーリーの要素もありますが、複雑に絡み合った人間関係が見どころです。

作中に、時系列が飛ぶのですが、衝撃な未来までの過程が気になってしまいます。

絵がとってもきれいなので、読みやすい。

第41位  ザ・シェフ / 剣名舞・加藤唯史

料理界で「幻の料理人」と呼ばれる超一流のシェフ、味沢。漫画『ザ・シェフ』は主人公である彼が料理を通して多くの人を救う物語です。

ブラックジャックの料理版の作品。

自由気ままに料理を作る、流れのシェフ・味沢。

ある者には「幻の料理人」と呼ばれ、ある者には「邪道」と言われるような人物です。

そんな彼は常に一流の仕事をするものの、法外な報酬を要求する事で有名。

しかしそこにはいつも、彼なりの美学があります。

美学を持ちながらも多くを語らない彼の様子はとてもかっこよく、料理を背中で語る男です。

そして彼の物語はほろりとさせられる名シーンが満載!

そのシーンは作品でしか味わえない素晴らしい雰囲気が漂うものになっています。



スポンサーリンク

第40位  闇金ウシジマくん / 真鍋昌平

created by Rinker
¥545
(2019/08/23 19:24:34時点 Amazon調べ-詳細)

丑嶋馨が経営する闇金融『カウカウファイナンス』は、10日5割(トゴ)の超暴利。彼の元に訪れる客は、丑嶋から借金をしたことをきっかけに運命が動き出す。この物語は、そんな『カウカウファイナンス』に訪れる客と、その関係者の様々な人間模様、そして社会の闇を描いたものである。

反面教師として勉強になる漫画ですね。

ってか、登場人物がみんなダメな人間ばかりです。

けど、そのダメな部分がとってもリアルに描かれているのが面白いんだよな。

心情描写や思考、負のサイクルにハマる様子がリアルすぎる。

自分も一歩間違えたら、地獄に落ちるんだろうなって冷や冷やしながら、読み込んでしまいます。

第39位  プラネテス / 幸村誠

created by Rinker
¥433
(2019/08/23 12:09:13時点 Amazon調べ-詳細)

時代は2070年代(2075年以降)。人類は宇宙開発を進め、月面でのヘリウム3の採掘など、資源開発が商業規模で行われている。火星には実験居住施設もあり、木星・土星への有人探査計画も進んでいる。毎日、地上と宇宙とを結ぶ高々度旅客機は軌道上と宇宙とを往復し、宇宙ステーションや月面には多くの人たちが生活し、様々な仕事をしている。しかし、長い宇宙開発の歴史の影で生まれたスペースデブリ(宇宙空間のゴミ。廃棄された人工衛星や、ロケットの残骸など)は軌道上にあふれ、実際にたびたび旅客機と衝突事故を起こすなど、社会問題となっていた。

また、地上の貧困・紛争問題は未解決のままで、宇宙開発の恩恵は、先進各国の独占状態にある。このため貧困による僻みや思想的な理由付けによるテロの問題も、また未解決である。

主人公のハチマキは宇宙で働くサラリーマン。主な仕事は宇宙のゴミ「デブリ」の回収作業。いつか自分個人の宇宙船を所有することを夢みている。ゴミ拾いは大事な仕事だと自分を納得させつつ、当初の夢と現実の狭間でこのまま現実を受け入れるか、それとも夢を追い求めるか思い悩む。

宇宙開発の進む近未来を舞台に、宇宙とは何か、生命とは何かという大きなテーマを描いたSF漫画です。

近未来の作品なんだけど、人間の感情ってどんなに文化が進歩しても大して変わらないんだなと思える作品です。

誰もが持っている「遠くに行きたい」という願望や愛する人と一緒にいたいという気持ちとか痛いほどわかります。

そして、ラストが素晴らしすぎるので本当に一度読んでほしい!

第38位  GIANT KILLING / ツジトモ・網本将也

リーグジャパンフットボール1部所属のプロサッカーチーム・ETUは、かつては日本代表のスター選手・達海猛を擁する人気チームだった。

しかし達海がプレミアリーグに移籍すると人気も実力も一気に低迷し2部へ陥落、達海自身もプレミアデビュー戦で再起不能の重傷を負い、そのまま消息を絶ってしまう。それから10年、1部リーグへは返り咲いたものの毎年残留争いを繰り広げる弱小クラブに甘んじるETUは、起死回生の策として達海を監督に迎えることを決定。

行方を捜してイギリスの地方都市を訪れると、達海は地元のアマチュアクラブの指導者となり、チームをFAカップでベスト32に導く快挙を達成していた。惜しくもプロのトップチームに敗れベスト16を逃したその夜、クラブの会長は達海が、現役時代からの行動原理だった“GIANT KILLING”を監督として故国で成し遂げたがっていると気付き、達海を手離すことを決意。

達海は地元のファンに惜しまれながらイギリスを離れ、10年ぶりに日本へ帰国した。

スポーツ漫画っていうか、ビターな大人向け漫画です。

それは「ジャイアントキリング」(大番狂わせ)という設定にあります。

弱いものが強いものを打ち負かすという展開は今までもスポーツ漫画ではよく使われてきましたし、聞くだけでワクワクする設定ですが、弱さは不遇の時代とセットです。

その期間を丁寧に描く漫画は意外と少ないのではないでしょうか。

主人公が35歳ということもあり、その展開は大人にこそ響くもの。

第37位  こちら葛飾区亀有公園前派出所 / 秋本治

亀有公園前派出所に勤務する警察官の両津勘吉(りょうつ かんきち)を主人公とし、その同僚や周辺の人物が繰り広げるギャグ漫画。

劇画に近い比較的リアルな絵柄(特に連載開始当初)を用いたギャグ漫画としては先駆的な作品である。

基本的に一話完結だが、複数話に跨ぐことも時々ある。

全部で200巻という漫画界の偉業を達成した伝説の作品です。

もうね、さすがです!!秋元先生!

名前は聞いたことあるけど、読んだことはないって人は多いかもしれませんね。

基本的には1話完結なので、読みやすいのですが、現実社会のネタをモチーフに面白おかしく描写されています。

私も1巻から読み続けてるのですが、未だにたまに読み返してます。

背景などの絵が実写なみに綺麗なので、リアル世界に主人公たちがいるような感覚になります。

さくっと読んで手軽に笑えるので、気楽に楽しめます。

第36位  金色のガッシュ / 雷句誠

モチノキ第二中学校の中学2年生・高嶺清麿は、MIT(マサチューセッツ工科大学)の論文さえもたやすく理解するほどの頭脳の持ち主だった。しかし、その頭脳が周囲からの嫉妬を生んでクラスに馴染めず、不登校を繰り返す鬱屈した日々を送っていた。

そんなある日、清麿のもとに謎の少年・ガッシュ・ベルが現れた。彼はイギリスで清麿の父・清太郎に助けられ、恩返しとして日本までやってきた。ガッシュは過去の記憶を失っており、唯一の所持品は謎の言語で記された赤い本だけだった。本に記された呪文を読むと電撃を発する力を持つガッシュを危険視する清磨だが、協力して銀行強盗を撃退したことで打ち解ける。このことを切っ掛けに清磨とクラスメートの関係も改善されるなど、ガッシュの来訪によって清磨の生活は変わり始めた。

やがて清麿とガッシュの前に、ガッシュの赤い本と似た本を携えた敵が次々と現れる。実はガッシュは、千年に一度行われる魔界の王を決める戦いに参加させられた100人の魔物の子の1人だった。戦いが激化する中、ガッシュは、戦いを強要されていた魔物の少女・コルルとの出会いを機に、「やさしい王様」になることを決意。清麿とともに、王の座を目指していく。

真のリーダーシップを教えてくれた傑作漫画です。

感動とギャグのバランスが絶妙なんだけど、ギャグのインパクトが強すぎて「ギャグ漫画でしょ?」って言われることが多い。

生死をかけたバトル最中に、唐突にギャグが飛び出します。

作者さんは、どんな思考回路してるんだろ?って思うシーンが多いよな。

けど、かなり泣けるシーンも多くて、「仲間」「友情」ってこういうものだよな。って改めて思い出させてくれる名作です。

特にラストに近づくにつれての流れが神がかってます。



スポンサーリンク

第35位  ARMS / 皆川亮二

主人公の高槻涼は、普通の高校生として幼馴染みの赤木カツミと共に平和な日常を送っていた。

しかし、転校生・新宮隼人の出現により、その日常は崩れ去る。隼人の左腕には「ARMS」という兵器が移植されており、それは涼の右腕にも移植されていたのだった。ARMSを巡り、謎の秘密結社「エグリゴリ」が暗躍を始める。

同じく両足にARMSが移植された巴武士と、エグリゴリを裏切った天才少年のアルも加え、ARMSの手がかりを探るべく、エグリゴリによって滅ぼされた隼人の故郷・鐙沢村へと向かう。

そしてそこには彼らの出生にまつわる驚愕の真実が隠されていた

史上最高の中二病漫画です。けど、めっちゃ面白い。

特殊能力に目覚めることから始まるストーリーあので、ありがちな展開なんだけど、男子が好きな設定がちりばめられているので当時は心躍った。

私も特殊能力に目覚めたいと思ってましたw

第34位  めぞん一刻 / 高橋留美子

created by Rinker
¥648
(2019/08/23 21:06:27時点 Amazon調べ-詳細)

非常に古い木造アパート「一刻館」に新しい管理人、音無響子がやってきた。5号室に住む浪人生の五代裕作は可憐な彼女に恋をする。うら若い未亡人の管理人と年下の下宿人、ふたりの淡い恋愛模様を中心に、個性的な人々が集う一刻館の賑やかな日常を描く。

ラブコメの金字塔を打ち立てた名作です。

男女の恋愛の理想形だよな。こんな純愛を私も経験したい。

本作の魅力として、連載当時の現実の時間軸と同じスピードで連載されてました。

これって、連載漫画としては異例ですよね。

『めぞん一刻』は1月連載に正月を祝い、3月に合格発表があり、夏には海に行き…という具合に漫画の中のイベントと現実世界の季節がシンクロする連載漫画でした。

それだけでなら対して珍しくないのですが、この漫画の中の主人公たちは歳をとります。

漫画における長期連載は珍しい話ではありません。

その場合大抵は、物語の都合上、主人公がずっと高校生だったり、あるいはあっという間に大人になったりするというものが多いです。

例えば、ドラえもんやちびまる子ちゃんはずっと時間が止まった世界に住んでいるわけです。

しかし『めぞん一刻』は違います。

主人公五代君の浪人生活、合格発表、大学生、就職浪人…という人生の節目が現実世界とほぼ等しい時間の流れに沿って描かれていきます。

或る一人の青年の成長(恋愛)物語が”本気の”7年越しで描かれている

だからこそ、リアルに描かれているので、多くの読者の共感を生んだのですね。

時代が少し前なので、イメージしづらい部分もあるかもしれませんが、今読んでも不思議と新しく感じられて違和感なく楽しめます。

第33位  地獄楽 / 賀来ゆうじ

created by Rinker
¥475
(2019/08/23 09:55:24時点 Amazon調べ-詳細)

時は徳川将軍11代目となる頃——。

かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。

そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を

突きつけられる。

その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!

美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

まず圧倒的に絵がうまい。魅せ方がすごく今もっとも美しいバトル漫画だと思う。

読者の予想を裏切る展開が続き毎週目が離せない、絵とストーリーともに最高峰の作品。

単純なバトル漫画ではなく画眉丸と佐切が信頼していく様、囚人たちそれぞれの生い立ちや生き様など見どころが多い。

第32位  みどりのマキバオー / つの丸

主人公であるミドリマキバオー(うんこたれ蔵)が、北海道勇払郡鵡川町の「みどり牧場」にて生まれるところから物語は始まる。母のミドリコが借金のカタに堀江牧場(通称・ひげ牧場)に売られたため、たれ蔵は母親に会いたい一心で、みどり牧場から脱出する。道中、とある森の中で後の親分肌となるネズミのチュウ兵衛と出会い、さまざまな困難を経て、母親と再会を果たす。その後、カスケードらライバルとの出会い、競走などによって、たれ蔵は競走馬「ミドリマキバオー」として成長していく。

競走馬をテーマにした漫画って凄く珍しいよね。

馬が主人公って設定がすごい。

ギャグ漫画の要素が強いけど、主人公の置かれている状況が理不尽な逆境にさらされて、そこから這い上がっていくというストーリーがあついぜ。

アニメ版のテーマソングが印象的だった。

競馬はやったことないんだけど、この作品のおかげで、競馬に対するイメージが大きく変わった。

第31位  魁!!クロマティ高校 / 野中英次